ブルガリアンミュージック 「Moi Sviat」by Sleng

めずらしく、うちの旦那さんがブルガリアの歌を聞いていました。「誰?」と聞いてみると、「最近バイクの事故で死んだ歌手の歌。」という返答。

亡くなったのは「Sleng (スレング)」というブルガリアのミュージックバンドのヴォーカルで、Dimiという人。享年38歳。聞いていた歌は、「Moi Sviat (モイ スヴャット)」、“私の世界”という歌です。

ブルガリア語で歌っているので何を歌っているのかわからないけど、ラブソングのようです。聞いていると、所々、Moi Sviat(モイ スヴャット)と聞き取れます。

この曲は2000年の曲ですが、まるで80sの曲みたいで、80s好きの私は結構気に入ってしまいました。

興味のある方は聞いてみてくださいね。

~ ブログランキングに参加中。クリックしてもらえたら励みになります。 ⇒

2件のコメント

  1. タヌ子:

    私にとって、ブルガリアと言えば『ブルガリアンヴォイス』だったのですが、ポピュラーソングはこんな感じなんですね。
    クロアチア語では『moj svijet』。やっぱり似てます。
    仰る通り80sしてますね(特にギターが)。
    歌唱力のある歌手なのに、若くして亡くなってしまったのは残念。
    でも、ブルガリアの音楽界では伝説的存在になるのでしょうね。
    私もクロアチアのポピュラーソングを紹介しなければ…

  2. itsuko:

    フランスのポップミュージックもよさそう。
    以前セリーヌ ディオンがフランス語で歌っているのを聞いて、
    英語で歌っているのと比べてフランス語で歌ったほうがきれいな曲に聞こえました。

コメントする