マッシュルームのてんぷら風 「パニラニ グビ」

dsc_0014.jpg

「パニラニ グビ」の『パニラニ』とは、衣を付けてソテーしたもの、『グビ』はきのこという意味です。マッシュルームに衣を付けてバターでソテーした料理で、前菜に向いています。

ブルガリア語の中でも 『グビ』 という言葉は短いので、教えてもらったときにすぐに覚えることができました。でも、その時ついでに教えてもらった 『グビチュキ』 という言葉のほうが、かわいい響きで頭から離れません。

『ティクヴァ』 が かぼちゃ、それの小さくてかわいらしいものという意味の 『チュキ』 が語尾に付いた『ティクヴィチュキ』 は ズッキーニ。そうやって私の語彙は増えていくのですが、『グビ』に 『チュキ』 が付いた、小さくてかわいらしいもの、何だろうなと思っていたら、なんと、水虫でした。(食べ物の紹介なのに失礼いたしました。)

困ったことに、いつも『きのこ』と言いたいときにすぐに出てくる言葉は 『グビチュキ』なのです。

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!

「パニラニ グビ」のレシピ (2~3人分)
(панирани гъби)

《参考》
全量のカロリー: 165kcal

材料:

  • マッシュルーム 1パック (150g)
  • 小麦粉 大匙1と1/2~大匙2
  • バジル、タイムなどのハーブ 少々
  • 塩 少々
  • 胡椒 少々
  • 卵 半個
  • バター 大匙1
  • 油 大匙1
  • ディルかパセリ フレッシュなもの 適量

作り方:

  1. マッシュルームは柄の部分を取り除き、丸い形になるように横に2枚に切り(小さければそのまま)、塩、胡椒をします。
  2. ボウルに小麦粉、ハーブを入れ、そこにマッシュルームを入れて粉をまぶします。
  3. 2.のマッシュルームに解き卵を全体に付けて、バターと油を引いたフライパンで表と裏を中火で焼きます。
  4. 上にディルかパセリの刻んだものをかけて出来上がりです。

*ブルガリアでこの料理に使うマッシュルームは直径10センチ以上の大きなものです。

6件のコメント

  1. Sala~アメリカごはん~:

    キノコ大好き!マッシュルーム大好き!ブルガリア料理という響きが最高!
    とても美味しそうなので今度お家で挑戦してみますね^^
    Sala~アメリカごはん~

  2. yukacan:

    美味しそうですねー。10センチ以上の大きなマッシュルームなんですね!こちらでも「グビ」はよく食べますが、レパートリー不足で最近あまり食べていませんでした。明日は週一回のパザルなので「グビ」探そうかな。ちなみにトルコ語できのこのことを「マンタル」、水虫も同じく「マンタル」なのです。

  3. itsuko:

    Sala~アメリカごはん~さん、

    ご訪問ありがとうございます。
    私もマッシュルーム大好きです。

    私は食べたことはないのですが、確かアメリカにはポートベローという大きなマッシュルームがあったと思います。それがこのレシピに使うマッシュルームかなと思ったのですが…違うかな?

    ブルガリア料理と聞くとどんなイメージをもたれるのか、私にはまったく想像つかないです。
    また覗いてくださいね。

  4. itsuko:

    yukacanさん、

    ブルガリアに『マナタルカ』というマッシュルームがあります。
    もしかしてトルコ語から来てるかな?

    週一回のパザルってどんなものですか?私も行ってみたいです。
    面白いものがいっぱいありそう。

  5. タヌ子:

    マッシュルームはそのままニンニクとオリーブオイルで炒めるか、詰め物をして焼くという2パターンの繰り返しだったのですが、これもレパートリーに入れさせていただきます。
    水虫・・・
    確かに『足に生えるキノコ』と考えれば納得ですね。
    でも、可愛らしいものとは程遠い気もしますが(笑)

  6. itsuko:

    タヌ子さん、

    詰め物をして焼くなんておいしそうだしおしゃれですね。今度挑戦してみます。

    マッシュルームは入っていないとおいしくない料理も多いから
    マッシュルームがなくて困ることも結構あるけれど、逆に安くて買ってしまってから
    使い道に困ることも多いです。

コメントする