ピーマンのチーズ詰め 「チュシュキ ビュレック」

dsc_0014.jpg

「チュシュキ ビュレック」は、焼いて皮を剥いたチュシュキ(ピーマン)に、シレネ(ブルガリアの白いチーズ)を詰め、衣を付けてフライパンで焼いたものです。

シレネと薄いパイ生地を何層にも重ねてオーブンで焼いたブルガリアのチーズパイ 「バニッツァの一種をビュレックと呼ぶのですが、それと同じように中にシレネが入っているのでこの料理もビュレックと呼ばれるようです。

ブルガリア料理では、焼いて皮を剥いたピーマンがよく使われます。焼いて皮を剥くことによって、口当たりがよくなり苦味がなくなります。そのせいかどうかわかりませんが、チーズを入れずピーマンだけで作ってもおいしいです。

⇐ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!

「チュシュキ ビュレック」のレシピ (8個分)
(чушки бюрек)

《参考》

一個分のカロリー: 130kcal(フェタチーズ使用)、 110kcal(カッテージチーズ使用)

材料:

  • ピーマン できれば大きめで肉厚のもの 8個 (320g)
  • シレネ、フェタ、あるいは カッテージチーズ 100g
  • 卵 1~2個
  • 小麦粉 大匙3ぐらい

作り方:

  1. ピーマンはオーブンかトースターで20分~30分ほど全面がちょっと焦げるぐらいまで焼きます。焼けたら新聞紙で包んでおき、冷めたら、なるべくピーマンのへたの部分以外を破らないように皮を剥き、へたと種を取り除いておきます。
  2. 卵は溶いておきます。
  3. ボウルに溶き卵1/2個分~1個分とチーズを入れて混ぜ合わせます。チーズと溶き卵がちょうど混ざるぐらいに、チーズの種類によって卵の量を調整します。(卵が多すぎると柔らかすぎてピーマンの中に上手く入れることができません。)カッテージチーズを使って作る場合は塩小匙1/4も加えて混ぜます。
  4. ピーマンに3.のチーズをスプーンでいっぱいになるまで詰めます。
  5. チーズを詰めたピーマンに小麦粉をまぶし、その後溶き卵(卵1個分ぐらい)にくぐらせてから、大匙4の油を引いて熱したフライパンで弱火~中火で焼きます。表裏を焼いて、両面がきつね色に焼けたら出来上がりです。

*チーズを入れずに作る場合は、ピーマンに少し塩をかけてから衣を付けて焼いてください。

*このレシピで作ると卵が1個では足りず2個では多いかも知れません。卵が1個しかないときは、衣用に使う溶き卵に少し水を混ぜて作ってもOKです。また、てんぷらのように、小麦粉、卵を混ぜてそれを衣にして付けて作ることもできます。

4件のコメント

  1. タヌ子:

    ピーマンとフェタって合いますね。
    私は瓶詰めのカロリナという赤くて長いピーマンにフェタを詰めてオーブンで焼きます。
    小麦粉と卵をつけてフライパンで焼くのも美味しそう。
    こちらのピーマンは大体肉厚なので、美味しくできそうです。
    ただ、不器用なので、破らずに皮を剥くというのが課題です(笑)

  2. itsuko:

    タヌ子さん、

    ブルガリアでも保存用に焼いて皮を剥いた後瓶詰めにします。
    冬にフレッシュなものがないとき使います。
    もちろん最近のブルガリアでは冬でも生のピーマンを売っていますけどね。

    オーブンで焼くのも楽そうでいいですね。

    タヌ子さんの料理を見たら不器用なんて誰も思いませんよ。

  3. yukacan:

    今日はトルコ語と似てないな、と思いながら読んでいたのですが、やっぱり!ビュレックはボレッキと一緒だな…と想像しました。ブルガリアは500年もオスマン帝国だったんですねー。
    最近あちこちのお宅のベランダに長細ピーマンを糸にたくさん通して干してあります。冬の保存食作りですね。私はやったことがないなあ。緑のピーマンはオーブンで焼いたことがないけれど、赤ピーマンはよく焼きます。

  4. itsuko:

    yukacanさん、

    ブルガリアでもピーマンを干したりするようです。
    でも私は実際に干しているのを見たことがありません。
    どんな風に干すのか見てみたいし、どう料理に使うのか知りたいです。
    トルコではどのように使っているのでしょう?

コメントする