デルフト(オランダ)

dsc_0050.jpg

白地に青の模様のデルフト焼。その焼き物で有名なデルフトでは、4月から9月の毎週土曜日にフリーマーケットが開かれるということで、先週の土曜日にデルフトへ行ってきました。

デルフトは首都ハーグからトラムカー(路面電車)で約30分のところにありますが、ハーグとデルフトの二つの町の間にあるわずかな牧草地では牛や羊が放牧されていました。途中、風車小屋がありましたが、今は住宅として使用されているようでした。

dsc_0055.jpg dsc_0057.jpg

デルフトに着くと、既にたくさんの人がフリーマーケットを目当てにやって来ていました。デルフト焼のお皿かタイルで掘り出し物があれば欲しかったのですが、知識がないうえ、いいなと思うものは30ユーロ以上もしたり、お皿を物色していると、売っているおじさんに「これ、伊万里だよ。」とか、最初は50ユーロと言っていた皿が立ち去ろうとすると10ユーロになったり、結局騙されるのが怖くて何も買えませんでした。

dsc_0067.jpg dsc_0062.jpg

町を流れる運河、そこを泳ぐ鴨たち。こんな写真を取っているのは日本人だけでした。私が写真を取るすぐ横で、日本人が同じ写真を取っていました。

dsc_0046.jpg

運河にはたくさんのボートが係留されていました。オランダ人は休日にボートで海まで出て魚釣りを楽しんだりするそうです。

dsc_0045.jpg dsc_0047.jpg

自転車はオランダ人の大事な足で,オランダの至る所に自転車専用道があります。雨が降っていなければ,ハーグからデルフトぐらいの距離なら自転車で来ても楽しそうですね。

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!

2件のコメント

  1. yukacan:

    わあ、素敵な風景ですね。皆さん長袖を着て涼しいんですね。うらやましい。雨に木々の緑が映えてきれい。こんな自転車の乗り方もオランダ人が乗っているとなんだか絵になりますねー。デルフトのお皿、素敵ですよね。和食でも洋食でもなんにでもあって…実家にも1枚だけありました。

  2. itsuko:

    yukacanさん、

    昨日まで天気が悪くて、今日は朝からやっと太陽が出て青空が見えています!
    すごく久しぶりにいい天気でうれしい!
    オランダ人は背が高くて金髪の人が多いです。でも以前と比べて
    太い人がすごく増えた気がします。食べ物のせいかな。。。
    絵にならない人も増加中です。

コメントする