ハーグマーケット(オランダ)

dsc_0077.jpg

旦那さんのお母さんがケーキを作るのにアプリコットがいるというので、もうスーパーでは売っていないアプリコットを求めて、ハーグ最大のマーケット、ハーグマーケットへ行きました。

dsc_0078.jpg

驚いたのは、そこに来ている人たちの多さ。しかもほとんどがトルコ系、アフリカ系、アジア系などの外国人ばかり。もっと驚いたのは、売り子の掛け声がすべてトルコ語であることでした。ここはオランダのマーケットというよりトルコのパザルといった感じでしょうか。

dsc_0073.jpg

私たちが入った入り口はトラムカーを降りてすぐの入り口だったため、特に人がいっぱいでなかなか奥へ進めませんでした。こんなに人がいっぱいな中を電動カートに乗ったおじいさんが人込みの中につっこんでいったり、ベビーカーをカート代わりに使う人たちでごったごたでした。

dsc_0076.jpg dsc_0075.jpg dsc_0074.jpg

オランダだからチーズを売っているのは当たり前だけれど、このマーケットにはすごく不釣合いでした。

dsc_0080.jpg

何とかアプリコットを手に入れ、マーケットからハーグ中心部へ歩いて帰ることにしました。その間の通り道にもトルコ語の看板がたくさんありました。この辺りはたくさんのトルコ人が居住している地域のようでした。

そしてさらにハーグの中心部へ近づくと、小さなチャイナタウンが現れます。年々少しずつ発展しているようです。去年の夏にはなかった大きなアジア食材専門スーパーが新しく建ったビルの地下フロアーにできていました。広さは普通のスーパーと同じぐらいです。

dsc_0036.jpg

オランダは多民族国家だな~と感じた一日でした。

dsc_0005.jpg

そしてこちらが買って来たアプリコットを使って出来上がったケーキです。

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!

2件のコメント

  1. yukacan:

    トルコ人はどこにでもいますねー。トルコ語で呼び込みをしてお客さんはわかるのかなぁ。itsukoさんの旦那様はトルコ語ご存知ですか?アプリコットケーキ、美味しそう!わざわざ買いにいった甲斐がありましたね。イズミルにもチャイナタウンを作ろうと言う動きがあるみたいです。どうなの?と思いますがアジア食材が手に入るようになるかもしれない期待はありますね。

  2. itsuko:

    yukacanさん、

    もしかしたらトルコ人のお客さんが一番多いのかもしれませんね。あのマーケットで言葉がわからない人はあまり相手にされない気がしました。私たちの相手をしてくれたのはオランダ人のおじさんでした。

    夫はトルコ語は話せませんが、話しているのを聞いたらトルコ語かどうかぐらいはわかるそうです。

    イズミルにチャイナタウンを作るぐらいたくさん中国人がいるのですか?何かその様子が想像できない。ブルガリアに住む中国人もどんどん増えているようです。EUに加盟する前から徐々に増えていったような…。イズミルの中国人もそれを狙っているのかな?

コメントする