ブルガリア式?洗濯物干し

TS3E0520

たいしたことではないのですが、今日はうちにあるもので私が気に入っているものを紹介したいと思います。それは小さなバルコニーに付いている洗濯物干しです。

バルコニーの手すりから棒が2本延びていて、その両方の棒に輪が付いていて、その輪に紐が結ばれています。近いところはそのまま手を伸ばして洗濯物を干して、手の届かないところは輪の部分が移動できるので輪を専用の長い棒で引っ掛けて引っ張って好きなところまで持ってきて干します。

この物干しのあるバルコニーは大通りではなく裏庭側に付いていて、比較的静かで空気がきれいなので洗濯物干しが朝のいい気分転換になります。近所のうちの物干しもみんなこちら側に付いているようです。うちの上の階、下の階のバルコニーも同じように物干しが付いています。

この物干しに慣れない頃は、よく洗濯バサミを落としたり、たまに洗濯物を階下のうちの物干しに落としたりしましたが、今は気をつけているのでそんなことはめったにありません。落としたときは階下の人がうちのドアのノブに洗濯物を引っ掛けておいてくれたり、こちらも落ちてきた洗濯物を届けてあげたりします。

日本では、せまいベランダにきちきちに衣類やシーツを干しているので、それが結構ストレスになったりしているのですが、ここではシーツも簡単に干せるし、洗濯機を一回回して洗う分は十分に干せるので気に入っています。

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!

6件のコメント

  1. タヌ子:

    我家にはないのですが、こちらの人は滑車付き洗濯物干しロープを使用しています。
    近いところから干して、滑車を回し遠くに持っていく感じ。
    なかなか便利なように見受けられます。
    ザグレブでも大通りに面したところには洗濯物は干せないらしく、裏庭側のベランダを利用しているようです。
    天気が良いと2時間ぐらいでパリッと乾くのが気持ちいいですよね!
    カラッと晴れた日に洗濯物を干していると、なんだか幸せな気分になります。
    パリでは屋外に洗濯物が干せないのが難点。

  2. yukacan:

    なんだか見たような光景。私もベランダにこうやって洗濯物を干します。でも可動式じゃないから遠くのロープには身を乗り出さないと干せません。これいいアイディアですね。感心感心。夫に作ってもらおうかしら。itsukoさんのお家からの風景ですか?

  3. itsuko:

    タヌ子さん、

    ブルガリアにも滑車付きのものもあるそうです。そっちのほうが便利かもしれませんね。
    特に今の季節は洗濯物を干すのも気持ちいいですよね。
    パリで屋外に干せないのは景観のためですか?

  4. itsuko:

    yukacanさん、

    私も棒を使えばいいのに面倒くさいので身を乗り出して干していることが多いです。
    いつか落ちるんじゃないかちょっとこわごわなんですけど…。

    そう、うちからの風景です。イズミルもこんな感じですか?

  5. ゆむるた:

    はじめまして。

    我が旦那様の故郷トルコにいった時の風景を思い出しました。
    トルコでもこうやって干してある洗濯物がなんとなくいいなぁ~と思いました。
    ドイツでは室内干しが多いのでお日様の匂いのする洗濯物がちょっと懐かしいです。
    また、ブログに遊びに寄らしてもらいます。

  6. itsuko:

    ゆむるたさん、

    こんにちは!

    ドイツではベランダとかに干せないのですか?
    私も太陽のにおいがする洗濯物とか布団が好きです。

    トルコの懐かしい風景をブルガリアから見つけてもらえたら
    うれしいです。

コメントする