ラム肉と米のオーブン焼き

dsc_0009.jpg

日本ではラム肉なんてなかなか食べれないので、ブルガリアにいる間にいっぱい食べておこうと思い、ラム肉を買いました。そして、最近あまりお米を食べる機会がないので、そのお米も一緒に食べれる料理を作ることにしました。

作り方はとても簡単で、肉もラム肉でなく、牛、鶏、豚肉でもおいしくできます。この料理はお肉よりもご飯の方がおいしいです。これだけの材料でこれだけの味を出せるのがブルガリア料理のすごいところと思います。

材料もそんなにいろいろそろえる必要はありませんので、ぜびお試しくださいね。

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!

「ラム肉と米のオーブン焼き」のレシピ(3~4人分)
(агнешко с ориз)

《参考》

全量のカロリー: 2400kcal

材料:

  • ラム肉 400g (他の肉を使う場合は脂の多い部位の肉の方がいいと思います。)
  • タマネギ 中半個 (100g)
  • トマト 小2個 (300g)
  • 米 1カップ(200ml)
  • 油 100ml
  • 塩 小匙1ぐらい
  • 胡椒 少々
  • タイム、セイボリーなどのハーブ 少々(なくてもOK)

作り方:

  1. ラム肉は脂を取り除き、一口大に切っておきます。
  2. タマネギはみじん切りにします。
  3. トマトは8ミリほどの角切りにしておきます。
  4. お米は洗ってざるで水を切っておきます。
  5. フライパンに油を入れて、中火~強火で熱し、ラム肉を入れ、焦げ目が付くまでよく炒め、お皿に取り出しておきます。
  6. 5.のフライパンで、そのままタマネギを炒め、タマネギが透き通ってきたら取っておいた肉をもどし、トマトも入れて更に1~2分ほど炒めます。
  7. 米を入れて1~2分ほど炒め、水400ml、塩、胡椒、ハーブを加えます。
  8. 沸騰したら弱火にして、米が水をだいたい吸ってしまった状態になったら火を止めます。
  9. 油(分量外)を塗った耐熱容器に8.を入れて、200度に予熱したオーブンで20~30分焼いて出来上がりです。

*使用する油の量が多いようですが、本当はもっと入れるところを減らしています。ブルガリア料理では、油をたっぷり使ってコクを出す料理が多いようです。カロリーが気になる方はもう少し油の量を減らしても大丈夫だと思います。

6件のコメント

  1. ゆむるた:

    これはまたまた美味しそうですね。
    パエリアみたいでもありますね。

    そういえば義母もトルコ料理を作るとき、
    これでもか、これでもかというぐらい
    オリーブオイルやバターを沢山使っていました。
    横で見ていて「あ、だから皆横に広がっていくのね」って納得(笑)。

  2. itsuko:

    ゆむるたさん、

    多分昔はそんなにお肉が食べれなくて、油でエネルギーをとっていたのかも知れませんが、
    今はお肉だけでなくお菓子もいっぱい食べてしまうのが問題かもしれませんね。
    でも使う油を減らしすぎてもおいしくないこともあります。
    せっかく作るのだからおいしく作りたい、そうしたら食べる量をちょっと減らすしか
    ないですね…。

  3. yukacan:

    うううむ、美味しそう。私もパエリアみたいだなと思いました。
    これはいつ作ろうかと思っているでしょうか?犠牲祭が年末にあって
    その時に羊肉がたくさん頂けると思うので、その時に作ります!
    今日の朝食は「チーズと卵のトースト」を作りました。
    パセリとトマトペーストも少し入れてみましたよ。

  4. itsuko:

    yukacanさん、

    犠牲祭ってイスラム教に関係あるのですか?
    そのときに羊がお供え物として犠牲になるのですか?

    フェタチーズとトマトってすごく合うと思うのできっとおいしい
    トーストができたと思います。私も今度やってみようっと。

  5. タヌ子:

    材料の種類が少ないのに、その美味しさを全て引き出すお料理なのですね。
    ギリシャではお米型のパスタと煮込んだものが多いですが、ブルガリアでもパスタはよく使いますか?
    でも、私はパスタよりもお米の方が好きです。
    ラム肉の大きな塊を冷凍してあるので、これも作ってみますね!

  6. itsuko:

    タヌ子さん、

    ブルガリア料理ではパスタはほとんど使いません。フィデという細いパスタのような
    ものをスープに入れるか、マカロニを使う料理が少しあるぐらいだと思います。
    ブルガリアで米型のものは私は見たことがないです。

    お米が好きならこの料理はきっと気に入ると思いますよ。

コメントする