マッシュルームのドロップサルマ

ds_12.jpg

いきなりドロップサルマと言われても何のことかわからない方が多いと思います。ドロップサルマは、通常羊のレバーなどの内臓が入ったご飯を羊の腹膜で包んでオーブンで焼いたもので、うちの旦那さんも大好きな料理です。

私は内臓が苦手で、ドロップサルマをたまに味見程度食べることはありますが、好きではありません。でもこの料理は見た目がとてもおいしそうで、いつか食べれるようになりたいなと思いながら味見を続けています。私には、最初は食べず嫌いで、それから少し食べれるようになって、そして最後には大好きになった食べ物がたくさんあります。このドロップサルマも、こうして少しずつ食べていくうちに、いつか大好きになっているかもしれません。

TS3E0885 (ブルガリア料理レストランのドロップサルマ。)

マッシュルームを使うブルガリア料理を探していたときに、たまたま見つけたのがこのマッシュルームを使ったドロップサルマです。どんな味になるのか想像もつかず作ってみた料理ですが、うちの旦那さん、そして旦那さんの友達にも好評でした。

作り方は、羊の内臓の代わりにマッシュルームを使う以外はドロップサルマとほとんど同じで、味はあっさりしたマッシュルームのピラフといった感じです。

付け合せにぴったりの一品です。ヨーグルトと一緒にどうぞ。

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!

「マッシュルームのドロップサルマ」のレシピ(3~4人分)
(дроб сарма от гъби)

《参考》

全量のカロリー: 1200kcal

材料:

  • マッシュルーム 500g
  • 青ねぎ 3本
  • 米 100g
  • 卵 2個
  • プレーンヨーグルト 200g
  • 小麦粉 大匙1
  • パプリカパウダー 大匙1
  • 塩 小匙1
  • パセリ
  • 胡椒 少々

作り方:

  1. マッシュルームは8ミリほどの大きさに刻んでおきます。
  2. 青ねぎ、パセリは細かく刻んでおきます。
  3. 鍋にマッシュルームを入れ、ひたひたになるぐらいの水と塩少々(分量外)を入れて、マッシュルームが柔らかくなるまで茹でて、茹であがったらざるに上げておきます。
    茹で汁のうち200mlは後で使うので捨てずに取っておきます。
  4. フライパンに油大匙5を入れて中火で熱し、青ねぎを炒めます。
  5. パプリカパウダー、水気を切ったマッシュルーム、米を順に加え炒めます。
  6. パセリ、塩、胡椒を加え、マッシュルームの茹で汁200mlを加えます。
  7. 沸騰したら弱火にして、時々混ぜながら、米がほとんどの茹で汁を吸ってしまったところで火を止めます。
  8. 耐熱容器に薄く油を塗り、7.を入れます。
  9. その上に、ヨーグルト、卵、小麦粉を混ぜ合わせたものをかけて、200度に予熱したオーブンで30分焼きます。表面に少し焦げ目が付けば出来上がりです。

*油の代わりにバターを使って、バター風味にしてもおいしそうです。

ds_09.jpg email icon このレシピをメール送信する

10件のコメント

  1. ゆむるた:

    只今我が家にブルガリア人のお友達I君がきているのですが、
    I君にこのお料理知っている?って聞いたら
    彼の大好物だそうです。

    itsukoさんのレシピを参考にして
    I君にいつかドロップサルマを作ってあげる約束をしました。
    レバーで作る場合はマッシュルームの代わりに
    レバーを使えばいいのですか?
    それともレバーは別に加えるのですか?

  2. カトリーヌ・マルタン:

    ドロップとは、ひょっとしてフランスで、「トリップ」と呼んでいるものでしょうか? つまりモツ類、
    大阪で言う「ホルモン」です(笑)。私は大阪人なので、ホルモンが好きですが、フランス人も結構、
    食べていることに最初、意外な印象をうけました。余談ですが、先日、来日したスイス人の友人たちに、
    大阪のホルモン焼きを食べさせたところ、大好きになりました。

  3. itsuko:

    ゆむるたさん、

    アメリカに住む旦那さんの友人も大好きで、ブルガリアに帰るといつもお母さんに作ってもらう
    のがこのドロップサルマだそうで、ブルガリア人で好きな人が多いのかもしれませんね。

    マッシュルームの代わりに羊のレバー、肺、腎臓などの内臓一匹分を使うようです。
    他は大体作り方は一緒ですが、一応書いておきます。
    私は作ったことがないので改良点があるかもしれません。

    「ドロップサルマ」のレシピ
    材料:
    羊の内臓1匹分(レバー、肺、腎臓、腹膜など)
    青ねぎ 6本
    油 100ml
    米 100g
    ヨーグルト 200g
    卵 2個
    トマトピューレ 大匙1
    ミント 1/2本

    胡椒

    作り方:
    1.
    内臓は塩を入れた水で茹でて、茹で上がったらそれを細かく切っておきます。
    茹で汁は漉して300mlぐらいを取っておきます。
    2.
    フライパンに油を入れてネギを炒め、米、内臓、刻んだミント、塩、胡椒を入れて混ぜ、
    茹で汁200ml(少なそうだったら足してください。)を入れて15分から20分加熱します。
    3.
    内臓を1セット買うと腹膜が付いてくるのでそれをよく洗って切り分けて、
    大きめハンバーグぐらいの量のご飯を包みます。
    4.
    油を塗った耐熱容器に下に閉じ口がくるように並べて、残りの茹で汁にトマトピューレ入れて混ぜ、それを全体に降りかけます。
    5.
    180度で水分が無くなるまで焼きます。(多分30分ぐらい)
    その後ヨーグルトと卵を混ぜたものを上からかけて、250度で焦げ目がつくまで焼いたら出来上がりです。

    *腹膜がなければマッシュルームのドロップサルマのようにヨーグルトと卵を混ぜたものをかけて焼くだけでもOKです。

    トルコ食材店だったら羊の内臓がありそうですね。
    ゆむるたさん、トルコの嫁より先にブルガリアの嫁になってしまうかも?

  4. itsuko:

    カトリーヌ・マルタンさん、

    ブルガリア語でドロップとはレバーと肺の肉のことだそうです。

    フランスの方がホルモン好きとは想像もしなかったです。
    私はホルモン焼きを食べたことがないのですが、食べず嫌いなだけのような気がします。
    うちの旦那さんは大好きかもしれません。今まで自分が食べないので彼にも
    食べるチャンスを与えなかったから、ホルモン焼きを食べておいしかったら
    文句を言われそうです。

  5. タヌ子:

    私も内臓物は苦手です(フォアグラは別)。
    どうもあの臭いがダメなんです。
    臭いさえなければ食べられるかもしれません。
    昔に比べたら、殆ど好き嫌いがなくなったと言えるほど、なんでも食べるようになったので、後は内臓とセロリを克服すれば怖いものなし。
    でも、まだまだ時間がかかりそうなので、このマッシュルームバージョンを試してみたいです。

  6. itsuko:

    タヌ子さん、

    私も苦手なのは匂いのせいだと思います。でも食べているうちに少し慣れました。

    私も昔セロリが食べれませんでしたが、今では煮込み料理などになければならない
    食材になっています。煮込んだセロリもだめですか?

  7. yukacan:

    ドロップサルマ、内臓バージョンはとても作りそうにないけれど(私もそれほど好きではありません、内臓系)マッシュルームバージョンはすぐに作れそうですね。今日マッシュルームを使う料理をする予定なのですが、半分余るので明日はこれを作ってみようかな。それにしても米100gに油大匙5ってトルコ人も真っ青だわ!

  8. itsuko:

    yukacan、

    ドロップサルマのようなもの、トルコにもありそうだと思ったのですが
    ありますか?

    これでも油の量をレシピのオリジナルより半分に減らしたんですよ。
    今回オリーブオイルで作れば少しヘルシーになるかとオリーブオイルを使って作りました。
    もう少し油の量を減らしても大丈夫かもしれませんね。

  9. yukacan:

    私は聞いたことも見たこともなかったのですが、探したらやっぱりありました。
    ciger sarma(ジエルサルマ)「DARP(だるぷ)」と言うそうです。このブログの写真を見るとitsukoさんの写真とほぼ同じですね。
    http://marifetteyze.blogspot.com/2006/01/cier-sarma-darp.html

  10. itsuko:

    yukacan、

    やっぱりありましたね。ほんと、見かけもほぼ同じですね。
    私も旦那さんがレストランで注文しなければ多分知らなかった料理です。

コメントする