ちょっと寄り道 クアラルンプール(マレーシア)

kl_045.jpg

ブルガリアからの帰り道、トランジットでマレーシアのクアラルンプールに寄りました。フライトの関係で1日時間があったので、クアラルンプールの町を歩いてみることにしました。

マレーシアは私の大好きな国の一つで、今までにも数回訪れたことがあります。しばらくヨーロッパにいたので、マレーシアはとても新鮮に映りました。

kl_001.jpg kl_002.jpg kl_025.jpg

マレーシアはマレー系、中国系、インド系の人たちが一緒に暮らす多民族国家です。建物も民族色が豊かで面白いです。

kl_005.jpg

町の中は人も車もいっぱいで、のんびりとしたヨーロッパと違って活気があります。

kl_028.jpg kl_006.jpg

古い建物と新しい建物が共存している面白い光景にも出会いました。

kl_007.jpg

これはマレーシアの工芸品やおみやげなどが買えるセントラルマーケット。たくさんのテナントが入っています。

kl_009.jpg kl_012.jpg kl_020.jpg kl_026.jpg

繁華街では屋台が立ち並び、衣服、アクセサリー、食べ物などが売られていました。

kl_027.jpg kl_031.jpg kl_036.jpg

布地を売る店がたくさんありました。

kl_035.jpg

そのうちの一つでバティックと呼ばれるマレーシアのろうけつ染めの布地を購入しました。クッションカバーにしたり、テーブルクロスにしたらよさそうです。

TS3C0287

セントラルマーケットでもバティックを見たのですが、ここではセントラルマーケットの1/3の値段で売っていました。セントラルマーケットは観光名所なので普通の店で買うより高いようです。

クアラルンプールにはたくさんのアラブ料理のレストランがありました。お昼はモロッコ料理レストランで食べることにしました。

kl_063.jpg

ずっと食べてみたかったタジンという料理をいただきました。タジンとは円錐形の蓋の付いたタジンと言う土鍋で煮込んだ料理です。

kl_066.jpg

ラムとポテトのタジン。フライドポテトがそのまま入っていました。

kl_068.jpg

こちらはラムと野菜のタジン。

最初はマレーシアに来て何でアラブ料理?と思いましたが、初めて食べたタジン料理は、複雑な味ではないけれども、想像していた以上においしくて、また食べてみたいと思わせる味でした。

kl_070.jpg

タジンに付いてきたパン。

kl_075.jpg

食後のミントティー。生のミントの葉が入っていました。さっぱりしておいしかったです。

kl_078.jpg kl_080.jpg

マレーシアは、いろいろな民族の文化が交じり合い、行く度に新しい発見のある国です。また行ってみたいです。

kl_085.jpg

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!

12件のコメント

  1. タヌ子:

    マレーシアは一度も行ったことがありませんが、ヨーロッパのテレビではマレーシア観光局のスポットがよく流れます。
    海も綺麗で一度訪れてみたい国です。
    多人種の国としてはシンガポールに行ったことがありますが、インドと中国が背中合わせになったりしてて面白いですよね。
    ろうけつ染めの布、綺麗ですね。
    テーブルクロスにして染みがついちゃったら勿体無いかな・・・
    タジン美味しくて良かったですね。
    フライドポテトがそのまま乗っているのは初めて見ました。
    タジン鍋、欲しくなりませんでしたか?
    食後のミントティーが最高に美味しいですよね!

  2. itsuko:

    タヌ子さん、

    マレーシアの海はとてもきれいなので、ビーチでのんびり
    するのもいいと思うのですが、私はじっとしていられず、
    ビーチへ行ってもほとんどの時間を屋台やマーケットで
    過ごしてしまいます。

    タジンは本当にまた食べたいので、タジン鍋を手に入れて
    今度は自分でタジンを作ってみたいです。

  3. カシミリアンクイーン:

    東南アジア大好きです!OL時代は東南アジアしか行ってませんでした。
    マレーシアは島にしか行ったことがないのですが、クアラルンプールもぜひぜひ行ってみたい街です。
    市場や屋台の活気がヨーロッパとはまた違った感じがします。ウィンドーショッピング(窓がなくても)だけでもかなり満足できちゃいます。
    私も屋台が大好きで必ず寄るのですが、マレーシアからの帰国後、保健所にお世話になっちゃいました(^_^;)オオゴトではありませんでしたが。屋台も選ばなきゃ…ですね。

  4. yukacan:

    マレーシア、行ってみたい場所です。トルコに来たら海外は遠くなってしまいましたよ。きれいな街ですねえ。イスラムの国というのも他民族の国というのも私をひきつける理由だろうなあ。私もこんなところへ行ったらマーケットと屋台の間を走り回りそうです。素敵な寄り道でしたね。

  5. ゆむるた:

    学生の頃に訪れたのんびりマレーシアは
    あっという間に近代的な建物が立ち並び、
    今では大都会に見えます。
    私はアジアのこの雑多な賑わいに心が躍ります(^^)。
    イスタンブールではヨーロッパ的近代建築とアジアの雑多感が交じり合っていて
    大興奮したことを覚えています。
    世界はまだまだ広い!行って見たいところが一杯です(^^)。

    モロッコ料理は私も大好き。
    モロッコのお茶は暑い日に風の吹く丘の上で飲むと
    ミンとの爽やかさと甘さが疲れを取ってくれて
    最高の一品となりました。

  6. カトリーヌ・マルタン:

    タジン料理、マレーシアにもあるんですね。フランスではちょっとしたブームのようで、台所用品の売り場にくと、一般家庭用にいろいろな材質のタジンが売られています。油を使わずに料理できるのがヘルシー志向の人たちにうけているみたいです。私も一度たべてみたい・・・。

  7. itsuko:

    カシミリアンクイーンさん、

    私も東南アジア大好きです。と言っても、マレーシア、台湾、香港ぐらいしか
    行ったことがありませんが。
    マレーシアの屋台で食べて保健所にお世話になることもあるんですね。
    今回フレッシュジュースを飲んでから、やばいかも…とちょっと心配しましたが、
    大丈夫でした。

  8. itsuko:

    yukacan、

    日本に住んでいる人からすれば、yukacanはずっと海外旅行しているようなもの。
    みんな羨ましいと思っていますよ。

    今回屋台で食べる機会がなくてとても残念でした。マレーシアのおいしいものを
    食べつくすのには、やっぱり1日では時間が全然足りませんでした。

  9. itsuko:

    ゆむるたさん、

    私が初めてマレーシアへ行ったのは10年ほど前でした。
    飛行場からクアラルンプールまでバスで行ったのですが、
    高速道路の途中でバスが故障し、みんな特に驚いた様子もなく
    普通に他のバスに乗り換えていました。
    今は直通のきれいな電車があってとても便利になりました。
    便利になっても、洗練された町になっても、ごちゃごちゃした屋台や露天の店とかは
    なくなって欲しくないです。

  10. itsuko:

    カトリーヌ・マルタンさん、

    フランスではタジンはレストランで食べるのではなく
    家庭で食べるものになっているのですね。
    日本にも来年ぐらいタジンブームが来るかも…。
    少なくともうちではブームの気配がしています。でもまず
    鍋買わなくちゃ。

  11. ぶーすか:

    私もタジン鍋に興味がありました。
    蒸し煮にする感じですか?美味しいそうですね。
    日本でも手にはいるらしいですが、
    これ以上、キッチンツールを増やせない。
    整理整頓がうまくないので、道具の山になってしまうのです。

    ロールオンタイプのローズウォーターはレファン社のもので、
    アトマイザーくらいのボトルに入っていて、
    普通はノズルになっている部分に、ボールが入って、
    ロールオンになってます。
    スプレーのように散らないので、気に入ってます。

  12. itsuko:

    ぶーすかさん、

    私もタジンで料理をしたことがないので詳しくわかりませんが、
    水が貴重なモロッコでは円錐形の蓋に野菜などから出た水蒸気がぶつかり、
    それがまた水になって下にもどって効率よく煮る?蒸す?ことができるそうです。
    日本の土鍋で代用できそうな気もしますが、やっぱり本物のタジンもほしいかな。

    このローズウォーターは顔に塗るためのものですか?私はいつもたっぷり手にとって
    顔と首、腕に付けています。スプレーに入れ替えて使おうとスプレーの入れ物も
    買いました。ブルガリアではローズウォーターは安いけれど、日本では高いから
    もっと大事に使わないとだめですね。ちょっと反省。

コメントする