白ネギのクリームスープ

おいしそうな太めの白ネギを買いました。鍋にして食べたらおいしいだろうなと思いながら買ったのですが、うちの旦那さんは鍋料理があまり好きではありません。すき焼きは味がしっかり付いていて好きだけれど、水炊きが苦手で、味のないスープの中で野菜を煮て何がおいしいの?と思うらしいです。

私一人で鍋をしてもおいしくないし、すき焼きをするのにおいしい牛肉もない、じゃあ白ネギをブルガリアで『プラス』(Праз、日本名:リーキ、リーク、ポロネギ)と呼ばれる白ネギに似た野菜の代わりに使ってみようと思って作ったのがこのスープです。

白ネギの甘味をしっかり味わうことができて、鍋で白ネギを食べれなかった私も十分満足のいくスープになりました。

にんじんが入っているので色は淡いオレンジ色。やさしい味のスープです。ぜひ作ってみてくださいね。

「白ネギのクリームスープ」のレシピ(6人分)

(крем супа от праз)

《参考》
1人分のカロリー: 120kcal

材料:

  • 白ネギ 太めのもので白い部分のみ 3〜4本 (600g〜700g)
  • ジャガイモ 中2個 (300g)
  • にんじん 大1/2本 (100g)
  • 油かバター 大匙1
  • 小麦粉 大匙1
  • バター 大匙1
  • パセリ(飾り用)少々
  • セイボリー 少々(お好みで)

作り方:

  1. 鍋に6カップ(1200ml)の水を入れて火にかけ、2センチぐらいの大きさに切った白ネギ、ジャガイモ、にんじんを入れ、野菜が柔らかくなるまで煮ます。
  2. 野菜が柔らかくなったら一旦火を止めて、鍋に入ったままの野菜をハンドブレンダーで潰して、粒が残らない状態にします。
    (ハンドブレンダーがなければ少し冷ましてからミキサーにかけるか、濾し器で濾してください。)
  3. 2.の鍋を再び火にかけます。
  4. 別の小さい鍋かフライパンに油(バター)大匙1を入れて弱火で熱し、(バターが溶けたら)小麦粉を入れてよく混ぜ、薄茶色になったら火を止めます。3.の鍋にお玉とスプーンを使って炒めた小麦粉を少しずつ溶かし入れます。
  5. 小麦粉がきれいに溶けたら弱火で15〜20分煮ます。
  6. 塩で味付けし、大匙1のバターとセイボリーを入れてよく混ぜます。
    刻んだパセリを散らして出来上がりです。

☆☆☆★レシピをメール送信できる新機能が付きました!★☆☆☆

友達にレシピをメールで送ったり、携帯に買い物リストやレシピメモとしてメールを送ることができます。
ぜひご利用くださいね。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

email icon このレシピをメール送信する

12件のコメント

  1. タヌ子:

    リーク葱とじゃがいものスープはフランス家庭料理の定番。
    スーパーではパック入りのものも売られています。
    私も好きでよく作りますが、人参が入ると色が綺麗で、更に食欲をそそられますね。
    夫はしゃぶしゃぶが嫌いだけど、すき焼きは好き。
    同じ薄切りの牛肉でも『肉を茹でる』ということ自体許せないらしいのです。
    ご主人も同じ感覚なのかもしれませんね。
    お鍋に入ったトロっとした日本の葱、外国では味わえい美味しさですよね!

  2. yukacan:

    寒い時にピッタリのスープですね。こういう作り方でスープはよく作るけれど、プラサ(トルコ語ではこう言います)では作ったことがありませんでした。プラサを買ってプラサ料理を作ったときにいつも少しプラサが残るので今度はぜひ作ってみましょう。
    夕べ、野菜のムサカを作りましたよ。茄子、ズッキーニ、じゃがいも、人参を入れました。油も少ないしとっても美味しくできました。レシピありがとうございます。メール機能、いいなあと思って自分に送ってみましたよ。

  3. ゆむるた:

    ポロネギのクリームスープはドイツでも皆大好きです。
    とっても身体が温まって美味しいですよね。
    クリームスープにタマネギだったら思い浮かぶけど
    ネギを入れちゃうの?って最初見たときはびっくりしたけど
    その美味しさに虜になっちゃいましたよ~(*^-^*)

    冬に向けてポロネギは収穫真っ盛りです。
    じっくり煮込むと甘みが増して美味しいので
    5本束とか売っているんですけど直ぐになくなっちゃいます。

  4. itsuko:

    タヌ子さん、

    食にうるさそうなフランスの方もパック入りのスープを買ったりするのですね。

    肉や野菜を茹でて食べることもうちの旦那さんが鍋料理をあまり好きでない理由の
    一つのようですが、ポン酢とかを茹でた肉や野菜につけてもおいしいと思わないことも
    好きでない理由のようです。
    だから焼肉のたれをつけたり、タイのスイートチリソースとかつけて食べたりしてました。
    それを見てから、もう鍋はやめようと思いました。

  5. itsuko:

    yukacan、

    少しトルコ語の知識があるので(???)最近うちの旦那さんがブルガリア語で『tahan(タハン)』
    が何か私に説明できなかったとき、もしかしてゴマのペースト?って聞いたらまさに
    そのとおりでした。たしかトルコ語で『ターヒン』ですよね?
    今後もしトルコへ行ったらレストランのメニューとか見るのが楽しみです。あ、でも文字が読めないか…

    野菜のムサカおいしくできたんですね。よかった〜!
    メール送信機能も今後お役にたてればうれしいです。

  6. itsuko:

    ゆむるたさん、

    ドイツでもポロネギをよく食べるのですね。
    私もポロネギが好きで、外食とかしてメニューにポロネギってあると
    迷わず注文してしまいます。日本の白ネギより甘くて食べやすい
    気がします。
    でも日本で生のポロネギは簡単に手に入りそうにないので白ネギを使って
    しまっています。結構使えます。

  7. カトリーヌ・マルタン:

    おいしそうですね!私もポロねぎの料理を日本で作るときは、白ねぎや下仁田ねぎで代用します。
    にんじんが入ると、とてもきれいな色ですね。
    うちの夫は、しゃぶしゃぶが大好きで、すき焼きは苦手です。
    理由は、すき焼きのたれに、生卵が出てきたのをみて、すっかり気分を悪くなってしまったからです。
    フランスでもセネガルでも、卵はしっかり火を入れるのが基本のようで・・・。
    でもすき焼きとよく味付けが似た牛丼は、大好物です!

  8. itsuko:

    カトリーヌ・マルタンさん、

    日本では生卵を食べてもおなかをこわすことはなかなかないと
    思うのですが、海外ではわかりませんよね。実際にブルガリアで
    よく火を通さずに食べたらおなかをこわしたと聞いたことがあります。
    卵の消費期限もすごく長くて、初めから生で食べることは想定されて
    いないのだと思います。
    卵を生で食べる国は少ないのでしょうか。

  9. カシミリアンクイーン:

    ネギをスープに!
    目からうろこ!!
    ネギは大好きなのですが、スープという概念が全くありませんでした。
    しかも、まさに白ネギを買ってきた直後!!
    早速作りました(*^_^*)オイシイ!!
    うれしすぎてビックリマークだらけですが(笑)
    小麦粉とバターを炒めて薄茶色にするのは理由があるのですか?
    不精なのでそのまま入れたい衝動にかられました(再笑)
    あと、ハンドブレンダーで飛び散らない方法ってないでしょうか??
    料理オンチと無知をお許しください。。。

  10. itsuko:

    カシミリアンクイーンさん、

    私も何故小麦粉を薄茶色になるまで炒めるのか気になったので
    実験してみました!

    バターでなく、油と小麦粉を炒め、一つは小麦粉が色づく前に水を加えて溶かして
    ちょっと塩で味付け、もう一つはちゃんと薄茶色になるまで炒めたものを
    同じように水を加えて溶かして塩で味付け。
    炒めているときにすでに香りがぜんぜん違いました。

    薄茶色の方は香ばしくいい香りがするのに、色づいていないものは油のにおいがするだけ。
    味も薄茶色にしたものは香ばしい味がします。
    スープにするとこれだけで味に違いが出るのかもしれません。

    ハンドブレンダーを使って飛び散らさない方法は、

    最初に鍋に野菜と水を入れる時に全量の水を入れずに
    野菜が全部つかるぎりぎりぐらいの量の水を入れて煮ます。
    野菜が柔らかくなるまで煮てからブレンダーでつぶします。
    つぶした後に残りの水を入れます。
    水分が少ないのであまり飛び散らないと思います。

    それでも飛び散るのが心配なら、レシピ通りに野菜を煮て、野菜がが柔らかくなったら
    お玉などでほとんどの水分を別の入れ物に移して、野菜と少しのゆで汁だけにしてから
    ブレンダーでつぶす。つぶしてから別の入れ物に移したゆで汁を鍋に戻す。

    私の説明不足でごめんなさい。私もハンドブレンダー使い始めの頃はいろいろ飛び散らしました!

  11. カシミリアンクイーン:

    実験までしていただいて、ありがとうございます!
    味も香りも全く違ってくるんですね。
    やはり手間をかけなきゃオイシイものはできあがりませんね。
    何とかこの両手をその気にさせて(笑)働かせようと思います。

    ブレンダーの件も丁寧な説明ありがとうございます!!
    次回使う時はどちらかの方法で水分を減らして使ってみようと思います。
    本当に色々とありがとうございます!

  12. itsuko:

    カシミリアンクイーンさん、

    作っていただけただけでうれしいです。
    また作ったよという報告がいただけるように
    レシピの更新をがんばります。

コメントする