ピーマンとナスとトマトのサラダ

ブルガリア料理ではピーマンとナスをよく使うので、ブルガリアで売っているような肉厚のピーマンや大きなナスを見るとつい買ってしまいます。でも特に使うことがなくて困ったときには、とりあえずピーマンもナスもオーブントースターで焼いて皮を剥いてしまいます。焼いたピーマンはサラダにしたり、シレネ(ブルガリアの白いチーズ)を詰めて衣を付けてフライパンで焼いた「チュシュキ ビュレック」にしたり、焼いたナスもいろんなサラダに使えます。

今回のレシピはピーマンもナスも一気に使ってしまうことができるサラダです。焼いたピーマンとナスそしてトマト、そこににんにくとクルミが加わって、ボリュームはあるけれどとても食べやすいサラダが出来上がります。

冷蔵庫に使い道のないピーマン、ナスがあったら、ぜひ作ってみてくださいね。

「ピーマンとナスとトマトのサラダ」(4人分)

(салата от чушки, патладжан и домати)

《参考》
1人分のカロリー: 170kcal

材料:

  • ピーマン 6個 (250g)
  • ナス 中3本 (300g)
  • トマト 中1個 (150g)
  • クルミ 10粒ぐらい (25g)
  • にんにく 1片
  • オリーブオイル 大匙3
  • 酢 大匙2
  • パセリ 少々(なくてもOK)

作り方:

  1. ピーマンはオーブンかトースターで全面がちょっと焦げるぐらいまで焼きます。焼けたら新聞紙で包んでおき、冷めたら皮を剥き、へたと種を取り除いておきます。
  2. ナスは焼きナスを作るときと同じように網で焼くか、ピーマンと同じようにオーブンかトースターで皮がちょっと焦げて串を刺したらすっと通るぐらいまで焼きます。焼けたら新聞紙で包んでおきます。冷めたら皮を剥いて、キッチンペーパーなどで水分を取り除いておきます。
    (ピーマンとナスを一緒にオーブンかトースターで焼いてもいいです。その場合ピーマンの方が先に焼けると思うので先に取り出します。)
  3. ピーマンは1個を1/4ぐらいの大きさに、ナス、トマトは3センチぐらいの大きさに切ってボウルに入れます。
  4. 刻んだクルミ、摩り下ろしたにんにく、刻んだパセリを入れて軽く混ぜ合わせます。
  5. オリーブオイル、酢、塩を順に加えてよく混ぜ合わせたら出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する

8件のコメント

  1. yukacan:

    写真見ながら味を想像してきたらよだれが出てきました。クルミとなすってどんな味になるのかなあと考えていたの。材料クルミ以外は全部あるなあ。昨日パザルでネギを1キロ買ってきたのに半分は夕飯に、半分は日本人の友達と白菜、大根も入れて鍋をしたので全部なくなっちゃいました…、クリームスープ…。

  2. itsuko:

    yukacan、

    トルコ料理にクルミは使わなかったっけ?ブルガリアではクルミを入れるサラダが結構あります。

    一緒に鍋を食べてくれる日本人の友達がいていいですね。白菜ってトルコでは普通に売っているのですか?大根も?おいしい?
    ブルガリアでも中国人が増えてから売り出されるようになりました。

  3. yukacan:

    クルミ使います、でも今家にないということです。買ってこようかな。白菜や大根は最近大きなマーケットで見るようになりましたが、その辺の店では売っていないです。でもすごく美味しかったんですよー。イスタンブルなどでは白菜は韓国の方が買い占めて手に入れることが難しいそうです。

  4. ゆむるた:

    ナスやパプリカの皮むきの時に新聞紙に包んでおくのは知りませんでした。
    こうすると皮が剥きやすくなるのでしょうか?
    私はいつもアチチッてキッチンペーパーで挟んで剥いていました(^_^;)。

  5. itsuko:

    yukacan、

    ブルガリアでも白菜や大根は大きなスーパーとかで売っているけど、近所の市場では売っていません。
    ずうっとまえに見たテレビ番組でトルコの市場が出てきて、そこに大根が並んでいたから、その時は
    トルコの人は普通に大根を食べていると思っていました。

  6. itsuko:

    ゆむるたさん、

    ピーマンはうちの旦那さんに教えられたとおりに新聞紙で蒸らしてから皮を剥いていたけれど、
    ナスは熱いまま皮を剥いたり、水につけながら剥いたりしていました。
    ある日うちの旦那さんに、何で新聞紙に包まないの?といわれ包んで冷めてから剥いてみると
    本当に簡単に剥けました!

  7. カトリーヌ・マルタン:

    ピーマン、ナス、トマトの組み合わせは、フランスの定番料理、ラタトゥーュでもおなじみなので、そのおいしさは想像できるのですが、そこに胡桃を入れるとなると、とても新鮮な組み合わせに思えます。
     新聞紙に包む方法、はじめて知りました。ありがとうございます。

  8. itsuko:

    カトリーヌ・マルタンさん、

    ラタトゥーユもピーマンとナスを使うのですね。今度野菜の使い道に困ったら
    作ってみようと思います。
    私はクルミを刻まずに大きめに手でちぎって入れてしまうことが多いです。
    カリっとした食感も楽しめます。

コメントする