グリーンピースはおいしい!「鶏肉とグリーンピースの煮込み」

グリーンピースは好きですか?私は小学校の給食で食べて以来大嫌いでした。給食で食べなければいけないときは、いつも噛まずに喉をちょっと詰まらせながら、牛乳と一緒に飲み込んでいました。大人になってからはできるだけ食べないようにして、どうしても食べなければいけないときは、やはり給食の時と同様に飲み込んでいました。

できれば食べたくないグリーンピースも、ブルガリア料理では結構入っていたりします。ある日旦那さんのお母さんが作ってくれた料理にもグリーンピースが入っていて、とりあえず食べてからおいしいかどうか判断しようとちゃんと噛んで食べてみると、あんなに嫌いだったのに、おいしく食べることができたのには驚きました。それ以来グリーンピースが食べられるようになって、特に春になると出回る生のグリーンピースをとてもおいしいと思えるようになりました。

うちの旦那さんは子供の頃野菜があまり好きでなかったのに、なぜかグリーンピースを野菜とは思わず、昔から好きだったそうです。そして今回グリーンピースたっぷりの料理を、私がなかなか作らないので自分で作ってしまいました。

出来上がった料理にはグリーンピースがたくさん入っていました。こんなにたくさんのグリーンピースが入った料理は食べたことがありません。ちょっと心配しながら食べてみると、全く想像していなかったおいしさで、子供の頃からこんな料理を食べていたら、グリーンピースを嫌いになることはなかったかもしれないと思いました。

今の季節、冷凍か缶入りのグリーンピースしか手に入りませんが、生のグリーンピースを使わなくても十分においしくできました。グリーンピースが好きな方も苦手な方も、ぜひ「鶏肉とグリーンピースの煮込み」に挑戦してみてくださいね。苦手な方も私のようにグリーンピースが好きになるかもしれません。

「鶏肉とグリーンピースの煮込み」のレシピ(2~3人分)

(пиле с грах)

《参考》
全量のカロリー: 1100kcal

材料:

  • 鶏もも肉 皮なし 1枚半 (300g)
  • グリーンピース 冷凍か缶詰か生 300g
  • タマネギ 中1/2個 (100g)
  • トマト あるいは 缶入りトマト 100g
  • 小麦粉 大匙 1
  • パプリカパウダー 小匙1/2

作り方

  1. 鶏肉は一口大に切ります。
  2. タマネギはみじん切りに、トマトは細かく刻んでおきます。
  3. 鍋に油大匙2を入れて中火で熱し、鶏肉と大匙1の水を入れて炒め、更にタマネギ、トマト、パプリカパウダーを加えて炒めます。
  4. 水400mlを加え、沸騰したらグリーンピースを入れて、蓋をして弱火にし、肉が柔らかくなるまで煮込みます。
  5. 別の小さなフライパンか鍋に大匙1の油を入れて弱火で熱し、小麦粉を加え、小麦粉が薄茶色になるまで炒めます。
  6. 炒めた小麦粉をお玉とスプーンを使って少しずつ4.の鍋のスープに溶かしていきます。
  7. 小麦粉が溶けたら塩を入れて味を調え、10~12分ほど煮たら出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する

8件のコメント

  1. ゆむるた:

    グリーンピースが嫌いな子供って日本には多いですよね。
    私は別に嫌いではなかったけど、好きでもありませんでした。
    口の中に残る皮が苦手だったのか、
    給食のグリーンピースには豆特有の甘みが無かったからなのか…。

    ヨーロッパに来てグリンピースが甘くて美味しい食材であることに
    私もとってもびっくりしました。
    グリーンピースの印象が全然変りますよね(^^)。

    日本ではスナップエンドウというお豆がグリーンピースのように甘くて食べやすかったです。

  2. カトリーヌ・マルタン:

    フランスでも旬のグリンピースを使ったお料理、たくさんあります!
    私も子供時代、給食に出てくる、たぶん冷凍か缶詰のグリーンピースあまり好きではありませんでしたが、祖母が旬の生の豆で炊いてくれていた御飯は大好きでした!

  3. yukacan:

    私もトルコへ来て、グリンピースが好きになりました。
    春先になると、グリンピースが無性に食べたくなります。
    調理方法は、itsukoさんのレシピとほぼ同じ。この最後の
    小麦粉はとろみをつけるためなのですか?私は小麦粉は
    使っていませんでした。牛肉や羊肉でやることが多いかも
    しれません。でも私は鶏肉派です。

  4. itsuko:

    ゆむるたさん、

    給食に出てきたグリーンピースは皮が分厚くて飲み込むのも大変でしたよ。
    グリーンピースはえんどうの未熟な実だそうですが、
    日本の缶詰や冷凍になっているグリーンピースは
    もっと成長してから収穫されるから皮があんなに硬いのかと思いましたが
    実際はどうなんでしょう?

  5. itsuko:

    カトリーヌ・マルタンさん、

    生のグリーンピースはおいしいですよね~
    でも日本では旬でもほんの少しのグリーンピースがパックになって
    売っているだけですね。
    実家では豆ご飯にしたり、卵とじにしたり、祖母はちらし寿司にも入れて
    いたかな。これらは生のグリーンピースを使うからおいしいのでしょうね。

  6. itsuko:

    yukacan、

    小麦粉を使うのは少しとろみをつけるためです。
    他の肉で作ってもいいのですが、今回は鶏肉が
    あったので鶏肉で作りました。
    トルコでもよくグリーンピースを使いますか?
    yukacanはどんなトルコ料理でグリーンピースを食べて
    好きになったんでしょう?
    私はギュヴェッチで肉といろんな野菜を煮込んだ料理を
    食べてからです。

  7. タヌ子:

    グリーンピース嫌いな人って結構いますよね。
    私は昔豆類全般苦手でしたが、グリーンピースは豆のうちに入らなかったようで、特に好きでも嫌いでもなかったのですが、以前日本で食べたグリンピースサラダがあまりにも美味しくて、それからグリンピースファンになりました。
    ギリシャでは、グリーンピースをトマトソースで煮込んだものが美味しかったです。
    本当にグリンピースだけ(多分玉ねぎが入っていた)なんですよ。
    itsukoさんをグリンピース嫌いから脱出させてくれたお義母様に拍手!

  8. itsuko:

    タヌ子さん、

    私は結構食べず嫌いなものが多くて、子供の頃に一度嫌いと思ったら
    そのまま食べずに嫌いになってしまうことが多かったのですが、
    食べ方を変えてみたりすると好きになることが多いです。
    この年になってやっと何でも食べれるようになったみたいです。
    特に海外でいろんな食べ物があるのに、何でも食べてみないと
    おいしいかどうかわかりませんよね。

コメントする