魚の野菜ソース添え

ブルガリアにしばらくいると、肉料理よりも魚料理が食べたくなり、レストランに行くとよく魚料理を注文しました。そのときに食べた料理の一つによく似ているのが、今回ご紹介する「魚の野菜ソース添え」です。

コーンフラワーをまぶしてソテーした魚を、トマトとピーマンを煮込んで作ったソースの上に載せてオーブンで焼くだけの簡単料理です。今回はブルガリアでよく使う海の魚、鯖を使いましたが、白身の魚で作ってもおいしいと思います。

新鮮な魚はお刺身、塩焼きにすればおいしいですが、たまにはこういった魚料理もいいかもしれません。ご飯にも合います。どうぞお試しください。

「魚の野菜ソース添え」のレシピ(2人分)

(скумрия с доматен сос)

《参考》
1人分のカロリー: 410kcal(鯖を使用した場合)

材料:

  • 魚(白身の魚、鯖など) 切り身 2枚 (250~300g)
  • コーンフラワー (なければ片栗粉か小麦粉) 大匙1ぐらい
  • にんにく 1片
  • トマト 小半個 (80g) か 缶入りトマト 80g
  • ピーマン3個 (100g)
  • 白ワイン あるいは 清酒か料理酒 大匙1
  • 油 大匙2
  • 塩 少々
  • 黒胡椒 少々

作り方:

  1. 魚は皮が付いている場合は取り除き、軽く塩を振っておきます。
  2. にんにくはみじん切りに、トマト、ピーマンは細かく刻んでおきます。
  3. フライパンに油を入れて中火で熱し、コーンフラワーをまぶした魚の切り身を両面に焦げ目が付くまで焼き、別の入れ物に取っておきます。
  4. 同じフライパンでにんにくを炒め、更にピーマン、トマトを入れて炒めます。野菜に火が通ったら塩胡椒で味付けし、耐熱容器に移して底に薄く敷きます。その上に魚を載せ、上から白ワイン(酒)をかけ、200度に予熱したオーブンで10~15分ほど焼いて出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する

10件のコメント

  1. カトリーヌ・マルタン:

    おいしそうですね!フランスでも、魚のムニエルの付け合わせに、野菜をさいの目に切った
    ラタトゥーユがよく添えられていました。ちょっとそれに似た味かな?
    白いワインをかけて、オーブンで仕上げるところが、レストランのお料理っぽいですね(笑)。ごちそうさまでした♪

  2. タヌ子:

    itsukoさんの素晴らしいところは、いつも『コレじゃなきゃダメよ』っていうのではなく、色々応用が利くようにレシピを書いてくださるところ。
    何かが欠けていても代用できるので助かります。
    クロアチアでも鯖はよく食べますが、鯖はいつもフライパンで焼いていました。
    こうしてオーブンで焼いても美味しそうですね。
    焼き時間が短いところも魅力です。

  3. カシミリアンクイーン:

    魚料理、食べたいと思ってたところです!
    ついつい肉料理になっちゃうんですよね・・・
    ブルガリアでは鮭は高いけど、白身魚なら意外と安く手に入るので
    作ってみたいと思います~
    野菜も入っていて栄養的にもバランス良い感じですね。
    おいしそうっ!!

  4. itsuko:

    カトリーヌ・マルタンさん、

    ソースの味はちょっとラタトゥーユに似ているかもしれませんね。
    こういうソースを添えるとソテーしただけの魚も立派なおかずに
    見えるかな?

  5. itsuko:

    タヌ子さん、

    私自身レシピにない材料をほかのもので代用したりすることが多いです。
    それだけのために買い物に行くのって面倒だから…
    タヌ子さんのレシピもいろいろ工夫されていてよく参考にさせてもらっていますよ~
    クロアチアはブルガリアより魚介類が手に入りやすそうでいいですね。

  6. itsuko:

    カシミリアンクイーンさん、

    やっぱりブルガリアにいると魚食べたくなりますよね~
    いつもどんな魚を買われますか?
    私も冷凍の白身魚を買ったことがありますが、何の魚か確認せずに多分鱈だろうと
    思って食べていました。
    大失敗は蝦と思って買ってフライにしたら、ザリガニだったことです。

  7. ゆむるた:

    魚に野菜のソースって私も大好きです。
    そしてやっぱりご飯と一緒に食べるのが美味しいです。
    ドイツでも鯖は簡単に手に入るので、作りやすいレシピです。
    どんな魚でも野菜ソースなら合いそうですね。

  8. itsuko:

    ゆむるたさん、

    私も魚はご飯と食べるほうが好きです。
    ドイツでも鯖が食べられているのですね。
    ドイツの人は鯖はどう料理して食べるのでしょう。
    ブルガリアではソテーやフライで食べることが多いです。

  9. yukacan:

    トルコでも同じく魚はあまり食べるものではないので、たまに無性に食べたくなります。幸い一番近くのマーケットに鮮魚コーナーができ、わりと新鮮なものを売ってくれるので嬉しいです。ブルガリアではどんなお魚をよく食べるのですか?私もお魚を揚げたり焼いたりするときは、とうもろこし粉です。でもやっぱり塩焼きのお魚が食べたくなります。

  10. itsuko:

    yukacan、

    ブルガリアでよく食べる魚はたぶん鯉かな?
    でもブルガリアの人はほとんど魚は食べていない気がします。
    鱸やサーモンも売っているけれど、普段食べる魚ではないようです。
    レストランではトラウト(虹鱒)のグリルがよくメニューにあります。
    夏にはツァツァという小さい魚(何か忘れた)を揚げたものがビールのおつまみに
    売られています。小さいいわしのから揚げみたいですごくおいしいです。
    これはトルコにもあるのでは?

コメントする