豚肉とサワーキャベツのオーブン焼き

ブルガリアではクリスマスイヴには動物性の食べ物は食べず、クリスマスの日に肉を食べるということを先日紹介しました。昔は肉はしょっちゅう食べれるものではなかったので、クリスマスという特別な日に豚を一匹潰してその肉を食べ、残りはソーセージやベーコンなどの保存食にしたそうです。

キャベツが山積みになって売られる10月、そのキャベツを使って保存食である『キセロ ゼレ』(サワーキャベツ)が各家庭で作られます。アパートの地下室は作ったサワーキャベツを保存するところで、この頃からアパートの地下の辺りから漬物のような匂いが漂い始めます。

昨夏ブルガリアを訪れた際、レストランのメニューに、私のお気に入り中のお気に入りのブルガリア料理、「豚肉とサワーキャベツのオーブン焼き」を見つけ注文しようとしたのですが、お店の人に、「冬しか置いてないわよ。」と冷たく言われてしまいました。サワーキャベツを使った料理は冬に食べる料理なのです。

『キセロ ゼレ』(サワーキャベツ)はキャベツの漬物のようなもの。味は白菜の漬物によく似ています。キャベツを2週間ほど塩水に浸けて作ります。味のついたご飯をこのサワーキャベツで巻いてサルミを作ったり、バニツァ(ブルガリアの薄い生地を使って作るパイ)の具にしたりします。

今回の料理はサワーキャベツを豚肉と合わせてオーブンで焼いたもので、サワーキャベツがあればとっても簡単にできる料理です。味はまったく酸っぱくなくて、豚肉の脂と一緒になってとてもおいしい料理に変身します。

この料理を作るにはまずサワーキャベツを作らなくてはなりませんが、作り方は全然難しくありません。ただ時間がかかります。ドイツに住んでいるブルガリアの人たちはよくザワークラウトを使って作るそうですから、サワーキャベツを作らなくてもザワークラウトで代用できそうです。また、豚肉でなく鶏肉でもおいしく作れます。ぜひお試しください!

「豚肉とサワーキャベツのオーブン焼き」のレシピ(3人分)

(печено пиле с кисело зеле)

《参考》
1人分のカロリー: 520kcal

材料:

  • 豚ばら肉 (あるいは鶏もも肉) 300g
  • キセロ ゼレ(サワーキャベツ) キャベツ中1/2玉分 (700g)
  • 黒粒胡椒 15粒ほど
  • パプリカパウダー 小匙1/2
  • ベイリーフ(月桂樹の葉) 1~2枚
  • 油 大匙2

作り方:

  1. 豚肉は一口大に切ります。
  2. キセロ ゼレ(サワーキャベツ)は軽く水で洗って水気を切り、ざく切りにします。
  3. 大きめのフライパンか鍋に油を引いて中火にかけ、サワーキャベツ、豚肉、黒粒胡椒、パプリカパウダー、ベイリーフを入れて軽く炒めます。
  4. 300mlほどの水を加え、時々混ぜながら10分ほど煮込みます。
  5. 薄く油を塗った耐熱容器に4.を入れ、200度に余熱したオーブンで時々混ぜながら30分ほど焼いて出来上がりです。

**************************

「キセロ ゼレ」(サワーキャベツ)のレシピ

材料:

  • キャベツ 必要な数

作り方:

  1. キャベツは洗わずに汚れた葉、汚れた芯の部分を取り除き、漬物樽に入れます。
  2. キャベツが全部浸かるぐらいの塩水(4~5%)を加え、押さえ用の蓋(なければお皿)と漬物石をのせてキャベツが浮いてこないようにします。
  3. 樽に軽く蓋をして、2~3日に一度中の水をほかの入れ物に出し、また樽にもどします。
  4. 2~3週間ほどで出来上がります。味見をして漬物のように酸っぱくなっていたら出来上がりです。

*気温10度以下のところに置いてください。

*雑菌が入らないように、作るときにはできるだけ素手で触らないようにします。

*漬物同様、匂いがします。置く場所に気をつけてください。

*キャベツを丸ごとでなく半分に切って作ったり、ざく切りにして大きめの鍋などで作ることもできます。でもざく切りにするとサルミは作れなくなります。

email icon このレシピをメール送信する

6件のコメント

  1. ゆむるた:

    これは確かにドイツのザワークラウトでできそうですね。
    豚肉とザワークラウトの組み合わせって本当に良く合いますよね。
    ドイツ料理の中でも定番の組み合わせです。
    キャベツは繊維もたっぷりで、お正月の食べ過ぎたお腹をすっきりしてくれそう。
    さっぱり味になりそうなのもいいですよね。

  2. yukacan:

    豚肉のあるところが、トルコとの違いですね。
    豚肉レシピを見るとなんだかがっくりする私。
    食べられないから…です。
    このキャベツの酸味が特徴なんでしょうね。
    ちょっと想像ができない味。トルコもキャベツ
    たっぷりと鶏肉料理があり、大好きです。

  3. itsuko:

    ゆむるたさん、

    昔ドイツに行ったことがありますが、残念ながらザワークラウトを使った料理を
    食べるチャンスがありませんでした。
    ドイツでもザワークラウトを食べることが多い季節とかあるのかな?
    キャベツはそんなに好きな野菜ではないけれど、この料理はとても好きです。

  4. itsuko:

    yukacan、

    豚肉料理が多くてごめんなさい。ブルガリア人は結構豚肉を食べます。
    トルコにはサワーキャベツはないですか?
    豚でなくてもこの料理の鶏ヴァージョンもあります。
    簡単でおいしいので絶対に作ってほしい料理です。

  5. タヌ子:

    このお料理は以前ザグレブのレストランで食べたものに似ています。
    どんな風に作っているのかな?と思っていたのですが、パプリカも入ってるし、多分同じようなレシピなのだと思います。
    今はいつでも簡単にサワーキャベツが買える環境にいるので、サワーキャベツ自体は自分で作ることはなさそうですが、数年後にフランスに戻ったら自分で作らないと食べられなくなりそうです。

  6. itsuko:

    タヌ子さん、

    作り方を知るととても簡単なのでサワーキャベツが簡単に手に入ったら
    レストランで食べる理由がなくなるぐらいです。
    サワーキャベツを自分で作るのも慣れればたいして面倒ではないのですが
    狭い家では置く場所に困ります…

コメントする