鯖のトマトソース煮

csc_0022.jpg

今回は数少ないブルガリアの魚料理から、鯖を使った料理をご紹介します。

トマトソースは、トマトとペイリーフ(月桂樹の葉)、そして粒黒胡椒を入れただけの簡単なものですが、トマトの酸味とベイリーフの香りが魚くささを抑え、粒黒胡椒は噛んだときにぴりっとして味のアクセントになっています。

ブルガリアでは茹でジャガイモをこの料理の付け合わせとして食べることが多いようです。今回我が家ではパンと一緒に食べましたが、ご飯と食べてもおいしいと思います。

簡単ですのでぜひ作ってみてくださいね。

「鯖のトマトソース煮」のレシピ(2人分)

(скумрия с доматен сос)

《参考》
1人分のカロリー: 500kcal

材料:

  • 鯖 1尾分 (400g)
  • トマト 中1個 (200g) あるいは 缶入りトマト 200g
  • にんにく 1~2片
  • ベイリーフ 1枚
  • 粒黒胡椒 5~10粒
  • 油 大匙1
  • 塩 小匙1/4

作り方:

  1. 鯖は食べやすい大きさに切ります。
  2. にんにくはみじん切りに、トマトは細かく刻んでおきます。
  3. フライパンか鍋に油を引いて中火にかけ、にんにくを炒めます。
  4. トマトを加えて更に炒め、ベイリーフ、粒胡椒、塩を加えて蓋をし、15分ほど弱火で煮ます。
  5. 鯖を加え、煮崩れしやすいので気をつけながら、更に15分弱火で煮たら出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する

8件のコメント

  1. カトリーヌ:

    なんか南フランスにもありそうなお料理です!鯖にトマトソースの組み合わせは、たしかにおいしいですね。ブルガリアでは、ゆでたジャガイモを添えるところがヘルシーでいいですね。フランスならば付け合わせはきっと、クリームの入ったマッシュポテトか、じゃがいもグラタンになると思います。
    この作り方は、鯖は焼かずに最後にソースに加えるところが、簡単そうでいいですね♪

  2. ゆむるた:

    鯖のトマトソース、美味しそうですね。
    鯖ならドイツでもそこそこ安い値段で簡単に手に入るので
    早速作ってみたくなりました。
    シンプルなソースだからこそ、魚の美味しさが引き立ちそうです。

  3. itsuko:

    カトリーヌさん、

    そうです、結構どこにでもありそうな料理です。
    茹でジャガイモと食べるとさっぱりしておいしかったです。
    でもジャガイモのグラタンも魅力的ですね。

  4. itsuko:

    ゆむるたさん、

    今回この料理を作ったのはちょうどスーパーで特価で売られていたからですが、
    鯖は比較的日本でも安いですよね。
    ドイツだとスーパーでも買えるのでしょうか?
    それとも魚屋さんみたいなところで買うのかな?

  5. タヌ子:

    鯖は単にソテーして食べるぐらいです。
    以前あるブログでやはり鯖のトマト煮が紹介されていて、鰯のトマト煮があるんだから鯖でも美味しいはず!って思ったのですが、さばくのが面倒でまだチャレンジしてませんでした。
    鯖は一度焼かずにソースに入れるんですね。
    青魚は身体に良いから、こうして色々アレンジして頻繁に食べたいです。

  6. itsuko:

    タヌ子さん、

    私は出刃包丁を買ってから魚をさばくのが嫌ではなくなりました。
    それまではあまり切れない普通の包丁でがんばっていたのですが、
    包丁がよく切れると全然違います。
    でもやっぱり後のごみ処理は好きではありませんね。

  7. yukacan:

    フライパンひとつでできちゃうのですね。今味が冷蔵庫で凍っているのですが、鯵でもいいよね?今度試してみます。

  8. itsuko:

    yukacan、

    鯵でも大丈夫だと思います。
    トルコで鯵が買えるなんていいねぇ!

コメントする