イラクサのスープ

dsc_0021.jpg

うちの旦那さんのお母さんがただ今我が家に滞在しています。そのお義母さんがわざわざオランダからイラクサ(ブルガリア語ではコプリヴァ коприва)を持って来てくれました。今回はそのイラクサを使ったスープを紹介します。

初めて食べたイラクサですが、ブルガリアでは道端に生えていて触れるとチクッと痛みが走る雑草のような植物です。食べてみると、特に苦味もなく、癖もなく、さっぱりしておいしかったです。

なぜこのような草を食べるのか?イラクサの効能を調べてみると、アレルギー性鼻炎の緩和や花粉症にもよいとのことでした。

日本でイラクサをどうやって手に入れることができるのかわかりませんが、このスープはほうれん草などで作ってもおいしいと思います。よろしければお試しください。

「イラクサのスープ」のレシピ(2~3人分)

(копривена чорба)

dsc_0001.jpg (茹でる前のイラクサ)

材料:

  • イラクサ 1/2束
  • にんにく 2片
  • タマネギ 1/4個 (50g)
  • 油 大匙2
  • 米 大匙2
  • トマトピューレ 大匙1 あるいは トマトか缶入りトマト 50gぐらい
  • パプリカパウダー 小匙1
  • プレーンヨーグルト 大匙2
  • 卵の白身 1個分

作り方:

  1. 鍋に水とイラクサを入れて中火にかけ、沸騰したら弱火~中火で5分茹でます。茹でた後茹で汁と葉に分け、葉はフードプロセッサーなどでピューレ状にしておきます。
    *茹で汁のうち、400mlほどは捨てずに取っておきます。
  2. にんにくはおろしておきます。
  3. タマネギはみじん切りにします。
  4. ヨーグルトと卵の白身は一緒にして混ぜておきます。
  5. イラクサのピューレ状になったもの、茹で汁400ml、にんにく、タマネギ、油、米、トマトピューレ、パプリカパウダーを鍋に入れて中火にかけ、沸騰したら弱火にして15分ほど煮ます。
  6. ヨーグルトと卵の白身を混ぜたものをスープの入った鍋に加え、更に5分ほど煮て、塩で味を調えたら出来上がりです。

email icon このレシピをメール送信する

10件のコメント

  1. カトリーヌ:

    イラクサって、子供のころ読んだ童話に出てきて、いったいどんな植物なんだろうと、好奇心を刺激されたのを思い出しました。食用とは意外です! この季節、アレルギーに効くとはありがたいですね。モロヘイヤみたいな感じですか?

  2. yukacan:

    あ、トルコではウスルガンと言います。「噛み付く」と言う意味があるのです。
    言葉の通り噛み付くでしょう?ゴム手袋なしには洗うことできませんよね。
    わざわざオランダから持ってきてくださったなんてありがたいですね。
    スープ美味しそう。私は一度かって料理をしましたが、洗ったりするのが
    大変なので、もう買わない!と思っていました。でもこれ美味しそう~。

  3. タヌ子:

    フランス語ではORTIEと呼ばれ、やはりスープにしています。
    でも、お米やパプリカ、ヨーグルトは入っておらず、至ってシンプルなスープです。
    クロアチアの市場でも売られていますよ。
    フランスの田舎の家の庭にはイラクサが沢山生えてるんですが、私はあのチクチクが怖くてなかなか触る気になれません。
    私は鼻炎持ちなので、飲まなきゃいけないんですけどね・・・
    花粉症にも効くんですね。
    あ、もしかしたら花粉症に効くといわれているクロアチアの緑の蜂蜜ってイラクサが入ってるのかも!
    今度買って調べて見ます。

  4. itsuko:

    カトリーヌさん、

    アンデルセンの童話に登場するのがイラクサだったのですね。
    カトリーヌさん、よく覚えていますね~
    話自体もほとんど忘れていました。
    う~ん、モロヘイヤは一度しか食べたことがないのでねばねばしていたこと以外あまり覚えていません…ごめんなさい…

  5. itsuko:

    yukacan、

    トルコでもイラクサは絶対食べると思っていました!
    ブルガリアではちゃんと洗う人はゴム手袋をつけて洗うようですが、今回のお義母さんのように、
    水に浸して濯いで終わりにしてしまうととっても簡単でした。(でもちゃんと汚れが落ちているかはわかりません。茹でるから大丈夫でしょうね。)

  6. itsuko:

    タヌ子さん、

    イラクサはフランスでもクロアチアでも食べられているのですね。
    せっかくお家にイラクサがたくさん生えているのなら、食べないのはもったいないですよ~
    イラクサのお茶とかもあるみたいですね。お茶にしたら保存もできるしいいかも。
    緑の蜂蜜は何か体に良さそうですね。調査結果お待ちしています。

  7. けいこ:

    茹でる前のイラクサって紫蘇に似てますね。
    ほうれん草で代用して作ってみたいです!

  8. itsuko:

    けいこさん、

    言われてみれば確かに紫蘇に似てますね。
    私も今度はほうれん草で作ってみようと思っています。

  9. むうちえ:

    itsukoさん、こんにちは。ご無沙汰しております。
    今年はまだどこからもコプリバもシュタフェルももらっていません…(時々ソフィアでは店先で売ってるのを見ますが、アレは田舎でもらうものだ、と勝手に思ってます。)
    去年、コプリバをもらったとき、それをくれた友人が、「若い葉だったらそのままサラダで食べれるわよ」と言って渡してきました。あんなチクチクする草、生で食べるなんて有り得ん…

  10. itsuko:

    むうちえさん、

    こちらこそご無沙汰してます。
    コプリヴァ、私はソフィアの公共墓地でぼうぼうと生えているのを見ました。
    そのときにチクっときて初めてその植物の存在を知りました。
    今年ももらえるといいですね。

コメントする