曾おばあちゃんの味~「米とジャガイモのオーブン焼き」

dsc_0105.jpg

この「米とジャガイモのオーブン焼き」は、料理が上手だったうちの旦那さんの曾おばあちゃんが作ってくれた料理の一つで、うちの旦那さんが突然思い出して食べたくなったので作ってみました。

彼の記憶では、曾おばあちゃん曰く、結婚式に早く到着した招待客をもてなすために作った料理の一つで、お肉などのごちそうは実際の結婚式で出さなければいけないので、安上がりで簡単、そしておいしくておなかいっぱいになる料理としてお客さんに出されたそうです。

米とジャガイモ?それを遠くから来てくれたお客さんに出すの?曾おばあちゃんには申し訳ないけれど、実際に食べるまでは、ただおなかがいっぱいになるだけの料理だと思っていました。

ところが、この料理を作って食べてみると、たいした材料は使っていないのに、おいしい!私はこの料理を付けあわせとして食べましたが、結婚式のお客さんにはメイン料理として出されたそうです。

今は亡き曾おばあちゃんには、私が初めてブルガリアへ行ったときに一度だけ会ったことがありますが、曾おばあちゃんの料理をごちそうになる機会はありませんでした。曾おばあちゃんはうちの旦那さんたちに、「あなたたちが知らない食べ物はいっぱいあるのよ!」と言っていたそうです。そんな曾おばあちゃんに私もいろいろ教えてもらいたかったなあ…

「米とジャガイモのオーブン焼き」のレシピ(4人分)

(сватбарско ядене)

《参考》
1人分のカロリー: 350kcal

材料:

  • ジャガイモ 500g
  • 米 200ml (200g)
  • タマネギ 中1個 (200g)
  • トマト 中1個 (200g)
  • 油 大匙2
  • 塩 小匙1
  • パセリ 少々 (飾り用)

作り方:

  1. ジャガイモは5ミリほどの薄切りにし、茹でておきます。
    *潰れるほど柔らかくなるまで茹でないようにしてください。
  2. 米は洗ってざるに上げておきます。
  3. タマネギはみじん切りにします。トマトは細かく刻んでおきます。
  4. 油をフライパンに入れて中火で熱し、タマネギ、米、トマトを順に入れて炒めます。
  5. 水300mlと塩を加えて混ぜて蓋をし、米が柔らかくなるまで、15分ほど弱火にかけます。
    *時々混ぜながら、途中で焦げそうになったら水を足してください。
  6. 火を止めて、茹でたジャガイモを加えて混ぜます。
  7. 6.を油(分量外)を薄く塗った耐熱容器に移し、180度に予熱したオーブンで20分ほど焼いて出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する

鶏肉と米のオーブン焼き

dsc_0035.jpg

しばらく更新していませんでしたが、更新を楽しみに見に来てくださっていた方、ごめんなさい。

実はおととい引越しをして、この1週間ほど引越しの準備に追われ、パソコンに向かう時間もほとんどないという生活を送っていました。家の中はまだ全然片付いていないのですが、ちょっと落ち着いたので、そんな中で作った簡単ブルガリア料理を紹介したいと思います。

本当は鶏一羽を使って作る料理ですが、家庭で簡単にできるように、今回は鶏もも肉を使って作りました。

鶏肉を茹でてブイヨンをつくり、そのブイヨンでお米を炊いた料理です。お米がブイヨンをしっかり吸い取り、とってもおいしいです。鶏肉は一度茹でてからオーブンで焼くのですが、皮がぱりっと焼けて中はしっとり柔らかくなります。ぜひ一度作ってみてくださいね。

「鶏肉と米のオーブン焼き」のレシピ(2人分)

(пиле с ориз)

dsc_0034.jpg

材料:

  • 鶏もも肉 2枚 (500g)(骨付きもも肉でもいいと思います。)
  • 米 1/2カップ (約100g)
  • バター 大匙2ぐらい
  • セイボリー 少々
  • 黒胡椒 少々

作り方:

  1. 米は洗ってざるに上げておきます。
  2. 鍋に鶏肉と水500mlほどと塩少々を入れて、時々灰汁を取りながら30分ほど茹でます。
    茹で汁300mlは後で使うので捨てずに取っておきます。
  3. フライパンにバター大匙1ほどを入れて中火にかけ、米を軽く炒めます。
  4. 鶏肉の茹で汁300ml、塩小匙1/3、黒胡椒、セイボリーを加えて混ぜ、米がほとんどの水分を吸ってしまうまで弱火で煮ます。
  5. バターを塗った耐熱容器に4.を移し入れ、その上に茹でた鶏肉を載せます。
  6. 鶏肉に軽く塩胡椒をし、セイボリーを振り掛け、鶏肉と米の上に小さくちぎったバターを散らして、200度に予熱したオーブンで20分焼いて出来上がりです。

*私はこのブイヨンで炊いたご飯が好きなのでお米の量を2倍にして作りました。茹で汁ももちろんレシピの倍の量を使います。

*オーブンで焼いている間にサラダなどを作れば時間の節約になります。

email icon このレシピをメール送信する

サワーキャベツのサルミ(ベジタリアン)

本当はクリスマスイヴに作りたかった料理、「サワーキャベツのサルミ(ベジタリアン)」。米と野菜をハーブなどで味付けし、それをキセロ ゼレ(=サワーキャベツ、塩水に浸けて発酵させたキャベツ)に包んで煮込んだ料理です。

肉が入ったものもあるのですが、今回は肉なしのさっぱりした味のサルミです。ブルガリアでいつも「ブドウの葉のサルミ」とこの「サワーキャベツのサルミ(ベジタリアン)」を食べると、さっぱりしたお米料理だからでしょうか、ちょっと和食を食べた気分になります。

サワーキャベツを作ったらぜひ「サワーキャベツのサルミ(ベジタリアン)」も作ってみてくださいね。

「サワーキャベツのサルミ(ベジタリアン)」のレシピ(5センチぐらいの大きさのもの 20個分)

(сарми с кисело зеле)

《参考》
1個分のカロリー: 40kcal

材料:

  • キセロ ゼレ(サワーキャベツ) 700g
  • 米 100g
  • タマネギ 小1個 (150g)
  • ピーマン 2個
  • 人参 中1/2本 (120g)
  • トマト 小1個 (140g) あるいは 缶入りトマト 140g
  • パセリ 3本ぐらい
  • セイボリー 小匙1
  • 黒胡椒 少々
  • 塩 小匙1/2
  • 油 大匙3

作り方:

  1. サワーキャベツは水で簡単に洗って水気を切り、1枚ずつはがして、芯の太い部分はそぎ取っておきます。
  2. 米は洗ってざるで水気を切っておきます。
  3. タマネギはみじん切りに、ピーマン、人参は粗みじんにし、トマト、パセリは細かく刻んでおきます。
  4. フライパンに油を引いて中火で熱し、タマネギ、ピーマン、人参を順に加えて炒めます。
  5. 米、トマト、パセリ、セイボリー、黒胡椒、塩を加えて1分ほど炒めて火から下ろします。
  6. 鍋を用意し、底にサワーキャベツ(破れたものなど)を敷き詰めます。
  7. サワーキャベツは大きな葉であれば半分~1/4に切って5.の米を包み、6.の鍋に並べていきます。
    *包み終わった大きさが5センチぐらいの一口サイズにした方が食べやすいです。
  8. 隙間なくきっちり並べたら、ひたひたになるぐらいの水を加え、鍋より一回り小さいサイズの皿を上に載せて、更に鍋の蓋をし中火にかけます。沸騰したら弱火にして20分~30分ほど煮込みます。
  9. 鍋の蓋をはずして数分加熱し、水分がなくなったら出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する

ピーマンのマッシュルームライス詰め

この時期ブルガリアでチュシュキ(ピーマン)といえば乾燥させた赤いピーマンを使うことが多いのですが、日本では手に入らないので普通のピーマンを使って「ピーマンのマッシュルームライス詰め」を作りました。

クリスマス、お正月とごちそうが続いた後、こんな野菜だけの料理がいいかもしれません。

「ピーマンのマッシュルームライス詰め」のレシピ(10~12個分)

(постни пълнени чушки)

材料:

  • ピーマン 10~12個
  • 米 100g
  • タマネギ 小1/2個 (80g)
  • マッシュルーム 1パック (150g)
  • 油 大匙2
  • 塩 小匙2/3~1
  • セイボリー 少々
  • パプリカパウダー 小匙1/2
  • 黒胡椒 少々

作り方:

  1. 米は洗ってざるで水を切っておきます。
  2. ピーマンは洗ってへたの周りを親指で押して切込みを入れてへたを引っ張ってへたと種を取り除くか、へたの部分を包丁で切り落として種を取り除いておきます。
  3. タマネギはみじん切りに、マッシュルームは粗みじんにしておきます。
  4. フライパンに油を入れて中火にかけ、タマネギと水50mlぐらいを入れて炒め、更にマッシュルーム、米を加えて炒めます。
  5. 200mlの水、塩、セイボリー、パプリカパウダー、胡椒を加えて混ぜ、沸騰したら弱火にして時々混ぜながら水分がなくなるまで煮ます。
  6. ピーマンに5.のご飯を少し少なめに詰めて鍋に並べ、上から油少々(分量外)をふりかけ、ピーマンが1/3ほど浸かる量のお湯を注ぎ入れます。
    *ピーマンにご飯を詰めすぎると出来上がったときにご飯があふれ出ます。
  7. 鍋にちょうど入るぐらいのお皿をピーマンの上に載せて弱火で水気がなくなるまで(20~30分)蒸し煮にして出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する

スラヴャンスキ ギュヴェッチ

DSC_0013h.jpg

ギュヴェッチは、肉とジャガイモ、トマトなどの野菜をギュヴェッチと呼ばれる土鍋に入れてオーブンで焼いた料理で、ブルガリアの家庭でよく作られます。「スラヴャンスキ ギュヴェッチ」(スラヴのギュヴェッチ)は、肉とピーマン、トマトなどの野菜とお米が入ったギュヴェッチです。

肉は牛、羊、豚のどれを使ってもいいのですが、今回はオーストラリア牛サーロインの塊肉で作りました。ちょうどよい柔らかさと脂身の牛肉は、トマト味がしっかり付いたお米と野菜にぴったり合います。

最近のブルガリアではパンは太るから食べないという人が増えていますが、うちではこのお米の入ったギュヴェッチもパンと一緒にいただきます。お米にしっかり味が付いているのでパンと一緒に食べても違和感はありません。

ぜひ一度作ってみてくださいね。

「スラヴャンスキ ギュヴェッチ」のレシピ(4人分)

(славянски гювеч)

《参考》
1人分のカロリー: 620kcal(輸入牛サーロイン肉を使用)

材料:

  • 牛、あるいは羊、豚肉 (適度に脂身のあるもの) 500g
  • タマネギ 小1個 (150g)
  • トマト 中2個 (300g) か 缶入りトマト 300g
  • ピーマン 10個 (300g)
  • 米 150g (1合)
  • パプリカパウダー 小匙1
  • 塩 小匙1/2~2/3
  • 黒胡椒 少々
  • 油 大匙2
  • パセリ 少々(飾り用)

作り方:

  1. 肉は一口大に切ります。
  2. タマネギ、ピーマンは1.5センチぐらいの大きさに切ります。
  3. トマトは細かく刻んでおきます。
  4. 米は洗ってざるにあげて水気を切っておきます。
  5. フライパンに油を入れて中火にかけ、肉を炒めて表面に焼き色が付いたら取り出しておきます。
  6. 同じフライパンを使って中火でタマネギを炒めます。
  7. 半量のトマトを加え、蓋をして弱火で5分ほど煮込みます。
  8. 肉をフライパンに戻し、水200ml、パプリカパウダー、塩、胡椒を加えて混ぜて中火にし、沸騰したら弱火にして、蓋をして肉が柔らかくなるまで(10分ほど)煮込みます。
  9. ピーマン、残りのトマトを加えて軽く混ぜ、蓋をして更に5分ほど煮込みます。
  10. 米を加えて混ぜ、米がフライパンの中の水分をほとんど吸った状態になったら火を止め、オーブンで使用できる土鍋か耐熱容器にフライパンの中身を移します。
  11. 200度に予熱したオーブンで30分ほど焼きます。オーブンの火を止めて軽く混ぜて、オーブンの中で10分ほど蒸らします。(蓋があれば蓋をしてください。)
    刻んだパセリを散らして出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する