ピーマンのマッシュルームライス詰め

この時期ブルガリアでチュシュキ(ピーマン)といえば乾燥させた赤いピーマンを使うことが多いのですが、日本では手に入らないので普通のピーマンを使って「ピーマンのマッシュルームライス詰め」を作りました。

クリスマス、お正月とごちそうが続いた後、こんな野菜だけの料理がいいかもしれません。

「ピーマンのマッシュルームライス詰め」のレシピ(10~12個分)

(постни пълнени чушки)

材料:

  • ピーマン 10~12個
  • 米 100g
  • タマネギ 小1/2個 (80g)
  • マッシュルーム 1パック (150g)
  • 油 大匙2
  • 塩 小匙2/3~1
  • セイボリー 少々
  • パプリカパウダー 小匙1/2
  • 黒胡椒 少々

作り方:

  1. 米は洗ってざるで水を切っておきます。
  2. ピーマンは洗ってへたの周りを親指で押して切込みを入れてへたを引っ張ってへたと種を取り除くか、へたの部分を包丁で切り落として種を取り除いておきます。
  3. タマネギはみじん切りに、マッシュルームは粗みじんにしておきます。
  4. フライパンに油を入れて中火にかけ、タマネギと水50mlぐらいを入れて炒め、更にマッシュルーム、米を加えて炒めます。
  5. 200mlの水、塩、セイボリー、パプリカパウダー、胡椒を加えて混ぜ、沸騰したら弱火にして時々混ぜながら水分がなくなるまで煮ます。
  6. ピーマンに5.のご飯を少し少なめに詰めて鍋に並べ、上から油少々(分量外)をふりかけ、ピーマンが1/3ほど浸かる量のお湯を注ぎ入れます。
    *ピーマンにご飯を詰めすぎると出来上がったときにご飯があふれ出ます。
  7. 鍋にちょうど入るぐらいのお皿をピーマンの上に載せて弱火で水気がなくなるまで(20~30分)蒸し煮にして出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する