ブドウの葉のサルミ

sar_07.jpg

うちの旦那さんのお母さんに絶対に教えてもらおうと思っていた大好物の「サルミ」の作り方を教えてもらうことができました。

「サルミ」はブドウ、キャベツなどの葉っぱでご飯などを包んだ料理です。食べたことはありませんが、ビーツの葉で包んだサルミもあるようです。

今回ご紹介する「サルミ」は、ブドウの葉を使ったもので、お肉が入っていないご飯と野菜だけの「サルミ」です。私はこのお肉の入っていないものが一番好きです。ヨーグルトのソースも一緒に作りました。

以前、瓶詰めのブドウの葉を使って自分でこのサルミを作ってみたことがあるのですが、ブルガリアのレストランなどで食べたものとは微妙に味が違いました。旦那さんのお母さんに教えてもらえば、ブルガリア人だけが知っている裏技か何かがわかるかもしれないと楽しみにしていました。

生の葉っぱなのでまず塩茹でしないといけないのですが、茹でているときにすでにブドウの葉の匂いが漂ってきました。ブドウの葉がこんないい香りのするものとは知りませんでした。

旦那さんのお母さんの作り方を見ても、特に裏技などなく、正直、すごく簡単でした。でも私が以前に作ったものとは違う、ブルガリアの味がしました。

できれば生のブドウの葉を手に入れて作ってみてくださいね。私は日本でサルミ用にブドウを栽培しようと真剣に考えています!

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!

「ブドウの葉のサルミ」のレシピ(約30個分)
(лозови сарми)

《参考》

全量のカロリー: 1500kcal(サルミ)、 100kcal(ヨーグルトソース)

材料:

  • ブドウの葉 40枚ぐらい
  • 米 300g
  • トマト 中1個 (200g)あるいはトマトピューレ大匙4~5
  • タマネギ 中1/2個 (100g)
  • パセリ 1束 (20g)
  • ディル 5~6枝 (10g)
  • バター 大匙3
  • ヨーグルト 150g
  • にんにく 3~5片
  • 胡椒
  • パプリカパウダー 小匙1/2

作り方:

  1. ブドウの葉は洗っておきます。
  2. 米は洗ってざるで水を切っておきます。
  3. トマトは細かく刻んでおきます。
  4. タマネギはみじん切りに、パセリ、ディルは茎を取り除いて細かく刻んでおきます。
  5. 鍋にたっぷりの水を入れて塩少々を加えて火にかけ、沸騰したらブドウの葉を入れて2分ほど茹でてざるに上げて水気を切っておきます。(何回かに分けて茹でてもいいです。)
  6. フライパンに大匙2のバターを入れて中火で熱し、タマネギ、トマト、米の順に加えて炒めます。トマトピューレを使う場合は米の後に入れてください。
  7. 6.に水200mlを加え、塩小匙1と1/2、胡椒少々、パプリカパウダーを加えて混ぜます。
  8. そこに刻んだパセリ大匙5、ディル大匙1を加えて混ぜ、弱火にして、時々混ぜます。米が水をほとんど吸ってしまうぐらいになったら、フライパンを火から下ろします。
  9. 鍋を用意し、底に茹でたブドウの葉(破れたり小さいもの)を敷き詰めます。
  10. その上にブドウの葉でご飯を包んだものを並べていきます。
    包み方は、ブドウの葉の真中に小匙山盛り1ほどのご飯を載せ、まず葉の上、下を重なるように折り、その後90度右に回して下からご飯を包むようにくるくる巻きます。
    巻き終わったら鍋にロールキャベツを並べるときのように底に隙間なく並べます。これをご飯がなくなるまで繰り返します。(1段で並べられなければ2段になってもかまいません。)
  11. 10.の鍋に、ひたひたより少し多めの水とバター大匙1を加え、鍋に平らなお皿で落し蓋をします。そして鍋の蓋もして、中火で熱し、沸騰したら弱火で15分煮ます。その後鍋の蓋を外して数分加熱し、水分がなくなれば出来上がりです。
  12. ヨーグルトソースはヨーグルト、残りのパセリ、ディル、おろしたにんにくを加え、塩少々で味を整えて出来上がりです。

*ちょっと言い過ぎと思われるかもしれませんが、レストランで食べたサルミよりも家で作ったサルミの方がずっとおいしかったです。また、家で作ると好みの塩加減にできるのがいいですね。