ケーキのシロップ漬け「レヴァネ」

csc_0x07

初めてブルガリアへ行ったときのこと。パン屋さんへ行くと何種類かのケーキが売られていました。しばらく甘いものを食べていなかった私はすごくケーキが食べたくなって、その中でスポンジのような、カステラのようなケーキが一番おいしそうに見えたので、ブルガリアで初めて食べるケーキはこれにしよう!と、食べるのを楽しみに買って帰りました。

家へ帰ってから買ってきたケーキをよく見ると、シロップでスポンジはびしょびしょ。買ったときにはシロップ漬けのケーキとは気づきませんでした。あっさりしたケーキを想像していたので、がっかりしながら食べてみると、甘いし思っていたようなケーキじゃないし、半分以上を残してしまいました。

その後ずっと避けていたシロップ漬けのケーキですが、昔のブルガリア料理のレシピ本にこのケーキのレシピがのっていて、もしかしたら今食べたらおいしいかも…と期待して作ってみました。

泡立てた卵にセモリナ粉(грис)を加え、シロップで甘みを加えるだけのレシピですが、材料のセモリナの分量のところで、普通ならカップいくらとか、何グラムとか、大匙いくつとかと書いてありそうなのですが、卵の殻半分を何カップという計量になっていました。

私はそのセモリナの計量方法を素直に信じることができなかったのですが、とりあえず割った後の卵の殻に水を入れてそれをスプーンに移して、だいたい大匙1ぐらいかなと、卵の殻半分=大匙1と解釈して作ってみました。

できあがった「レヴァネ」は、店で売られているものほどシロップでびしゃびしゃになったものでなく、卵の味がしっかりしたふんわりスポンジに、程よくシロップがしみ込んだ、しっとりカステラ風ケーキになりました。

現在ブルガリアの家庭で作られる「レヴァネ」は、セモリナ粉だけでなく普通の小麦粉も加えたり、あるいは普通の小麦粉だけで作られているものが多いようです。またスポンジ生地を膨らませるのに、ベーキングソーダを使うものが多いようです。

トルコやギリシャにも同じようなケーキがあるようです。シロップ漬けお菓子なのでアラブから伝わったお菓子なのかもしれません。

とてもシンプルでおいしいケーキです。ぜひお試しください!

「レヴァネ」のレシピ(直径18センチ丸形1台分)
(реване)

材料:

  • 卵 5個
  • セモリナ粉 大匙5
  • 砂糖 200〜250g
  • 水 250〜300ml
  • レモン汁 大匙1

作り方:

  1. 卵は白身と黄身に分けておきます。
  2. 型(シロップをかけるので少し高さのあるもの)にバターを塗って軽く粉をふっておきます。
  3. ボウルに卵の白身を入れて角が立つぐらいまで泡立て、セモリナ粉を少しずつ加えながら混ぜます。更に卵の黄身、レモン汁を順に加えて混ぜます。
  4. 型に3.を流し入れ、170度に予熱したオーブンで20〜30分ほど焼きます。串を刺して串に生地がくっつかなければOKです。
    スポンジ生地は型に入れたまま、お好みの大きさ、形に切り込みを入れておきます。
  5. シロップを作ります。鍋に砂糖と水を入れて沸騰するまで中火で、その後弱火にして20分ほど煮詰めます。少しどろっとしたら火を止め、冷めたスポンジ生地の上からまんべんなくかけます。
    冷めてシロップがスポンジにしみ込んだら出来上がりです。

*暑い時には冷たく冷やして食べるととてもおいしいです。

*今回使用した型は18センチ丸形ですが、もう少し小さい型や四角い型でもいいです。(レヴァネは普通四角く切ります。)でもスポンジが厚いとシロップが中までしっかりしみ込みにくいです。

*私は200gの砂糖に250mlの水でシロップを作りました。本場のものより甘さ、シロップの量は控えめです。お好みで砂糖、水の量を調整してください。

*昔のレシピでの名前は何故か「レヴァネ」でなく、“レヴィネ”となっていました。

email icon このレシピをメール送信する

アーモンドケーキ

csc_0286

久々の更新です。この2ヶ月の間にブログの更新を楽しみに覗きに来てくれていた方々、ごめんなさい。更新しなかったのに特別な理由があったわけではなく、単に更新をさぼっていただけです…

最近1930年代のブルガリア料理のレシピが手に入りました!久しぶりに何か新しいブルガリア料理を作ってみたくなりました。まずはその中からおいしそうだった「アーモンドケーキ」のレシピを紹介します。

このケーキのクリームがとてもおいしいです!簡単に説明すると、カスタードクリームとバタークリームとアーモンドが混ざったクリームで、バターが入っているのに重くありません。

一度チョコレートをたっぷりかけてお試しください。

「アーモンドケーキ」のレシピ(直径15センチ丸形一台分)
(бадемова торта)

材料:

(スポンジ生地)

  • 卵 2個
  • 粉砂糖 60g
  • 薄力粉 50g
  • バター 50g
  • レモンの皮 1/2個分(なくてもOK)

(クリーム)

  • 卵の黄身 2個分
  • 粉砂糖 40g
  • 牛乳 80ml
  • 薄力粉かコーンスターチ 小匙1/2
  • 無塩バター 80g
  • アーモンプードル(アーモンドパウダー) 40g
  • バニラ 少々 (お好みで)
  • ラム酒 少々 (お好みで)

(仕上げ)

  • チョコレート 30〜50g

作り方:

(スポンジ生地)

  1. 卵は冷蔵庫から出して常温に戻しておきます。
  2. 粉砂糖、薄力粉はふるっておきます。
  3. バターは溶かしておきます。
  4. レモンの皮はすりおろしておきます。
  5. ボウルに卵と粉砂糖を入れ、しっかり泡立てます。
  6. 5.に薄力粉を少しずつ加えながら混ぜ、更に溶かしバターとレモンの皮を加えて混ぜます。
  7. 敷き紙を敷いたケーキ型に6.の生地を流し入れ、2回ほど型をちょっと持ち上げて下に落とし、生地の中の空気を抜きます。
  8. 170度に予熱したオーブンで30分ほど焼きます。串を差してみて串に生地がくっつかなければオーブンから出してケーキクーラーなどに取り出し、逆さに置いて冷ましておきます。

(クリーム)

  1. バターは冷蔵庫から出して常温に戻しておきます。
  2. 粉砂糖と薄力粉(あるいはコーンスターチ)はふるっておきます。
  3. 鍋に卵の黄身と粉砂糖と薄力粉(あるいはコーンスターチ)を入れて泡立て器でよく混ぜ、更に牛乳を加え、混ぜながら弱火にかけます。
  4. クリーム状になったら鍋を火から下ろします。
  5. 1.のバターをボウルに入れ、クリーム状になるまで木べらでよく混ぜ、アーモンドプードル(アーモンドパウダー)、バニラ(お好みで)、ラム酒(お好みで)を加えてよく混ぜ合わせます。
  6. 更に4.のクリームを加えてしっかり混ぜ合わせます。

(仕上げ)

  1. スポンジ生地を3枚にスライスし、スポンジの間と表面にクリームを塗ります。
  2. ピーラーなどで削ったチョコレートをケーキの上に振りかけたら出来上がりです。

*スポンジケーキは市販のものや他のレシピで作ってもおいしくできると思います。

*私はオリジナルのレシピ通り粉砂糖を使用しましたが、グラニュー糖や上白糖を使ってもいいと思います。

*冷蔵庫で冷やしてからの方がクリームがしっかりして食べやすくおいしいなります。

*チョコレートはたっぷりかけた方がおいしいです。

email icon このレシピをメール送信する

ユフカの食べ方その2〜「ユフカと牛乳のオーブン焼き」

csc_0038.jpg

ユフの食べ方その2はデザートレシピです。パスタのデザートっておいしいのかおいしくないのか、ちょっと味に自信がなかったので、かなり少なめの分量で味見用に作ってみました。

レシピを見て気づかれると思うのですが、焼きプリンにユフカが入っているという超単純なレシピです。

一口目を食べたときはデザートとしてちょっと物足りないなあと思ったのですが、とてもやさしい味で食べやすく、食べ終わった後にまた食べたいと思わせてくれる家庭的な味でした。一日で食べ終わってしまったので次の日にまた作ってしまいました。

実はブルガリアにはユフカの代わりにマカロニを使った同じようなデザートがあります。もしかしたら最近作らなくなったユフカの代わりにマカロニが使われているのかもしれません。

「ユフカと牛乳のオーブン焼き」のレシピ(直径16センチ丸形1台分)

(млечна баница с юфка)

材料:

  • 乾燥ユフカ 50g
  • 卵 1個
  • 砂糖 大匙4(40g)
  • 牛乳 250ml
  • バター 大匙1

作り方:

  1. 薄くバターを塗った耐熱容器にユフカを平らに並べ、その上にちぎったバターをのせ、180度に予熱したオーブンで5分ほど焼きます。
  2. ユフカを焼いている間に、ボウルに卵と砂糖を入れて泡立て器でよく混ぜ合わせておきます。
  3. 鍋に牛乳を入れて火にかけ、沸騰直前で火を止めて2.の卵と砂糖の入ったボウルに入れてよく混ぜ合わせます。
  4. ユフカの入った耐熱容器をオーブンから出して3.を注ぎ入れ、またオーブンに戻して180度で30分焼きます。表面に少し焦げ目が付いたらできあがりです。
    冷めた後、冷蔵庫で冷やしてからいただきます。

*もしマカロニを使って作るなら、マカロニを茹でてからオーブンで焼いてください。

*2回目に作ったときにはユフカの量はそのまま、卵、砂糖、牛乳をレシピの倍の量にして作りました。牛乳と卵好きの私にはこちらの方がお気に入り!

email icon このレシピをメール送信する

サラミにそっくり?!「スイートサラミ」

csc_0016.jpg

以前から「スイートサラミ」というお菓子があることは知っていたのですが、『サラミ』という名前から、ちょっと塩味の効いた、匂いそうなお菓子だと勝手に想像してしまい、あまり作る気になりませんでした。でもビスケットを使った簡単お菓子と聞いて作ってみることにしました。

砕いたビスケットにココアやクルミを混ぜてサラミの形にし、冷蔵庫で冷やして固めたもので、火を使わずに簡単に作れる上とてもおいしかったので、今後我が家のティータイムにちょくちょく登場しそうです。

皆さんもぜひ作ってみてくださいね!

「スイートサラミ」のレシピ(25センチぐらいの長さのもの2本分)

(сладък салам)

《参考》
全量のカロリー: 3000kcal

材料:

  • ビスケット(マリービスケットなど) 250g
  • バター 100g
  • 砂糖 1カップ (100g)
  • 卵 2個
  • ココアパウダー 大匙3
  • クルミ 200g
  • レーズン 大匙3 (お好みで)
  • ラム酒 大匙1 (お好みで)

作り方:

  1. バターは室温にもどしておきます。
    (電子レンジで30秒ほどチンすると柔らかくなります。)
  2. ビスケットとクルミは、ビニール袋に入れて手か麺棒で叩いて砕きます。
  3. 大きめのボウルにバターと砂糖を入れて木べらでよくかき混ぜ、クリーム状にします。
  4. 3.に卵を一つずつ加えてよく混ぜ、ココアパウダー、ビスケット、クルミ、レーズン、ラム酒を加えてよく混ぜます。
  5. クッキングペーパーかラップの上に4.の生地を載せ、直径4~5センチほどの棒状にし、クッキングペーパー(またはラップ)でしっかり巻いて端を閉じます。
  6. 冷蔵庫で冷やして固まったら出来上がりです。

*ココアパウダーの量を増やしたり、クルミ以外のナッツを加えたり、レモンやオレンジの皮を加えたり、お好みでアレンジしてください。

email icon このレシピをメール送信する

簡単ティクヴェニック(かぼちゃパイ)

dsc_0025.jpg

以前うちの旦那さんのお母さんに作り方を教えてもらった、市販のパイシートを使って作るかぼちゃパイ 「ティクヴェニック」。ずっと自分で作ってみようと思っていたのですが、作るのはちょっと面倒くさいなあと思っていました。

面倒くさいと思った理由は、かぼちゃを摩り下ろさなければならないから。お母さんと一緒に作ったときに私がかぼちゃを摩り下ろしたのですが、大根と違ってかぼちゃは硬くて摩り下ろすのが大変でした。

でもちょうど冷蔵庫に使い残りのかぼちゃが1/4個分あり、おまけに冷凍庫にはずっと眠ったままの冷凍パイシートがありました。かぼちゃを摩り下ろさずにフードプロセッサーで細かくしたら簡単にできるかと思って、「ティクヴェニック」を作ってみることにしました。

もう一つ、旦那さんのお母さんのレシピで気になっていたのは、バターがたっぷり入ったパイ生地に更に溶かしバターを塗るところ。薄いパイ生地から作るときには、生地にはバターが入っていないからバターを塗るのはわかるけれど、市販のパイシートにはもうバターが入っているし、少しでもカロリーを減らしたかったので、溶かしバターを塗るのを省略してみました。

こうして作ったかぼちゃパイは、とても簡単においしく出来上がりました。ぜひ一度お試しくださいね。

「簡単ティクヴェニック(かぼちゃパイ)」のレシピ(直径25センチ1台分)

(лесен тиквеник)

《参考》
全量のカロリー: 2800kcal(かぼちゃ300g、砂糖150g、クルミ100gの場合)

材料:

  • 材料:冷凍パイシート 20cm×20cm 2枚 (300g)
  • かぼちゃ (皮を剥いて種を取り除いたもの)200~300g
  • 砂糖 100~150gぐらい
  • クルミ 80~100g
  • 薄力粉

作り方:

  1. 冷凍パイシートは解凍して1枚を4等分にしておきます。
  2. かぼちゃは皮を剥いて一口大に切り、フードプロセッサーで細かくします。
  3. 細かくなったかぼちゃが入ったフードプロセッサーにクルミを加え、クルミが細かくなるまでフードプロセッサーにかけます。
  4. 3.に砂糖を加えて混ぜます。
  5. 台の上に薄力粉を多めに振り、その上でパイシートを麺棒で3~4倍くらいの大きさになるまで伸ばします。
    (少々穴が開いたり破れても大丈夫です。)
  6. 4.のかぼちゃのフィリングのうち1/8を、伸ばしたパイシートの端の方に広げて、かぼちゃを載せた側からパイ生地を巻いて棒状にします。
  7. 直径25cm円形の耐熱容器か天板に、棒状に巻いたパイ生地を渦巻き状になるように並べていきます。残りのパイシート7枚も同じようにします。
  8. すべてのパイシートを巻いて並べ終わったら、200度に予熱したオーブンで30分ほど焼きます。きれいなきつね色に焼ければ出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する