アメリカンチョコレートチップクッキー

今回はブルガリアのレシピではなく、タイトル通りアメリカのレシピです。

アメリカでは11月の第4木曜日はThanksgiving Day(サンクスギヴィング・デイ=感謝祭)で、今年は11月27日でした。うちの旦那さんの知り合いのアメリカ人のおじさんが、Thanksgivingのために七面鳥を料理すると聞き、どんな料理を作るのか興味があったので、出来上がった料理の写真をお願いしました。

turkeyh.jpg

七面鳥は、クルトン、タマネギ、セロリ、セージなどをミックスしたものを詰め物にして丸ごとオーブンで焼いたもの。焼くときにブラウンシュガーとバターで色づけしています。

plateh.jpg

その七面鳥の付け合わせは、お皿の左側から、ヤム芋、クランベリーのゼリー、Waldorf  Salad(ウォールドーフサラダ=りんご、セロリ、胡桃などをマヨネーズで和えたサラダ)、そして七面鳥の中の詰め物。

料理の写真と一緒に七面鳥のスタッフィング(詰め物)のレシピがのったウェブサイトのリンクを送ってくれました。そのサイトで私の目に留まったのが、アメリカのクラッシックなチョコレートチップクッキーのレシピです。

高校時代に1年間アメリカでホームステイをしたことがあるのですが、そのときにお世話になっていた家庭では、子供たちがよくクッキーを作っていました。チョコレートチップクッキーはその懐かしいクッキーのうちのひとつです。突然食べたくなって作ってしまいました。

アメリカのチョコレートチップクッキーは、チョコレートがたくさん入っている上、砂糖もいっぱい入っていて、食べるとチョコレートの甘い味が口いっぱいに広がります。甘いといいながらも、なぜか何枚も食べれてしまう恐ろしいクッキーです。うちの旦那さんはかなりこのクッキーが気に入ったようです。

家にある材料で作ったので、チョコレートチップではなく、製菓用スウィートチョコレートを包丁で細かく刻んで使用しました。砂糖はブラウンシュガーを使います。アメリカのクラッシックなクッキーにはブラウンシュガーがよく使われます。出来上がったクッキーは、噛むと中はさくっとはせずにちょっとくにゃっとしたソフトな食感で、それはまさに私の思い出のクッキーと同じです。

アメリカのレシピでちょっと困るのは、何でも重さではなくカップで表示されていることです。しかも1カップの大きさは日本で使われているものよりちょっと大きく、約240ml。バターの量までカップでいくらとなっています。バターなんかカップに入れるのは大変じゃないかと思ってしまいます。重さの単位もグラムでなくオンス。そこで今回ご紹介する「チョコレートチップクッキー」のレシピでは、カップは日本のカップに、バターはカップでなく重さに直し、重さはオンスからグラムに直しました。

アメリカの甘いクッキーはどんな味なのか、一度作って味見してみてくださいね。

「チョコレートチップクッキー」のレシピ(24枚分)

《参考》
1枚分のカロリー: 160kcal

材料:

  • バター 160g
  • ブラウンシュガー 1カップ (150g)
  • 卵 1個
  • 小麦粉 2と1/2カップ (225g)
  • ベーキングパウダー 小匙1/2
  • ベーキングソーダ(重曹) 小匙1/2
  • セミスウィートチョコレートチップ 170g
  • バニラ 少々 (お好みで)
  • 塩 一つまみ(無塩バターを使用する場合のみ)

作り方:

  1. バターは常温に戻しておきます。
  2. ボウルにバター、砂糖を入れ、木べらかハンドブレンダーまたはハンドミキサーで混ぜてクリーム状になったら、卵、バニラ(お好みで)を加えて更によく混ぜ合わせます。
  3. 小麦粉、ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、塩(無塩バター使用の場合のみ)を加えてスプーンでよく混ぜ合わせます。
  4. チョコレートチップを加えて混ぜます。
  5. クッキングシートを敷いた天板に、大匙山盛り1の生地を3センチほど離して並べます。
  6. 190度に余熱したオーブンで10分ほど焼きます。少し茶色く色づいたら出来上がりです。少し冷めてからクッキーを天板から剥がしてください。

*砂糖の量はオリジナルのレシピの2/3のにしました。それだけ減らしても十分甘いと思います。チョコレートの甘さにもよるかもしれませんが、後10%減らしても大丈夫そうです。

*後日、もう一度このクッキーをブラウンシュガー120gにして、チョコレートはロッテのガーナチョコで作ってみましたが、甘さも十分でおいしくできました。

*オリジナルのレシピではブラウンシュガーだけでなく普通の砂糖も入っていて、割合は半々でした。今回使用したブラウンシュガーは、アメリカのものに比べたら精製度が高いせいか、そんなに茶色くなかったので、独特のコクが足りないかもしれないと思い、砂糖は全量ブラウンシュガーにしました。

email icon このレシピをメール送信する