甘~いけど食べたい 「バクラヴァ」

bak_06.jpg

初めてブルガリアを訪れたときのこと。ソフィアの町を歩いていて、私がちょっと疲れて、何か甘いお菓子が食べたいと言うと、うちの旦那さんが自分も食べたいおいしいお菓子があると言って買ってきてくれたのが、この「バクラヴァ(バクラバ)」というパイのようなお菓子と、「ボザ」という茶色いどろっとした飲み物でした。それまでブルガリアで食べた料理はすべておいしかったので、お菓子もすごくおいしいだろうなあと期待していました。

バクラヴァを一口食べたとたん、「あま~~!」 口直しに慌ててボザを飲むと、また、「あま~~!」 その上このボザ、どろっとしていて気持ち悪い~。それ以来、ずっとバクラヴァもボザも口にすることはありませんでした。

バクラヴァは何層ものフィロ(すごく薄いパイ生地)を重ねたものに、くるみなどのナッツを挟んでシロップを染み込ませた甘いお菓子で、ボザは炒った小麦に水と砂糖を加えて発酵させた甘い飲み物です。

今年ブルガリアを訪れたとき、たまたまバクラヴァのお店が目に入りました。このお店ではいろんな種類のバクラヴァが売られていたのですが、シロップ少なめのアンカラバクラヴァというバクラヴァがあって、この時、私の頭の中に、うちの旦那さんがトルコでバクラヴァを食べたときに言った、「このバクラヴァはブルガリアのよりおいしい」という一言がよみがえりました。前に食べたときはおいしいとは思わなかったけれど、アンカラのバクラヴァはおいしいかもしれない(かなりトルコびいきです。)と思い、買って食べてみることにしました。

今回買ったバクラヴァはコーヒーと一緒に頂きました。すると、甘いけれど、バクラヴァの上の方はそんなにシロップがかかっていなくて程よい甘さですごくおいしい!(でもやっぱり普通のお菓子より甘いかも。)そしていつの間にかバクラヴァの大ファンになっていました。初めてバクラヴァを食べたときはボザという甘い飲み物と一緒だったから余計に甘く感じて、ただ甘いだけの食べ物になってしまっていたようです。

日本に帰ってからもバクラヴァが食べたくなって、とうとう自分で作ってしまいました。市販のフィロを使って作ったので簡単に出来ました。

嫌いなものも、時が経てば好きになってしまうことがよくあります。このまま行くと、来年ぐらい、ボザが大好物になっているかも知れません。

「バクラヴァ」のレシピ(25cm×25cm)
(баклава)

《参考》

全量のカロリー: 3900kcal

材料:

  • 市販のフィロ 375g入り 1パック (詳しくは簡単バニツァを参照してください。)
  • バター 100g
  • くるみ、ピスタチオ、アーモンドなどのナッツ 125g
  • シナモンパウダー 小匙1
  • 砂糖 260g

作り方:

  1. くるみ(その他ナッツ)は細かく刻むか、フードプロセサーで粒が少し残るぐらいに細かくし、シナモンパウダーと混ぜ合わせておきます。
  2. バターは溶かしておきます。
  3. 耐熱容器か少し高さのある天板を用意し、底に刷毛で溶かしバターを塗っておきます。
    *耐熱容器(天板)は25cm×25cmぐらいの大きさ(フィロを半分に折ってちょうど入る大きさ)が作りやすいです。
    *ちょうどいい大きさの容器がなければ、フィロを容器に合わせて切って使ってください。
  4. 台の上にフィロを広げ、半分の大きさ(容器の大きさ)に切り、一枚ずつ、フィロの上面に溶かしたバターを刷毛で薄く塗り、バターを塗った面を上にして容器に敷きます。これをフィロの1/3パック分を繰り返し行います。
  5. ナッツとシナモンを合わせたものの半量をその上に載せて全面に伸ばします。
  6. その後また4.のようにバターを塗ったフィロを敷いていきます。これもフィロ1/3パック分行います。
  7. その上に残りのナッツとシナモンを合わせたものを載せて全面に伸ばします。
  8. その上に残りのフィロでまた4.のようにバターを塗ったフィロを敷いていきます
  9. 8.を5cmぐらいのひし形か四角になるように、フィロの端から端まで縦、横5cm間隔に包丁で底までしっかり切ります。
    ひし形にする場合は容器に対して斜め方向に切ります。
  10. 9.を180度に予熱したオーブンで30~40分ぐらい焼きます。
  11. フィロが焼きあがったらシロップを作ります。鍋に砂糖と260mlの水を入れて中火にかけ、沸騰したら弱火~中火で20~30分ぐらい煮詰めます。ちょっとドロッとするぐらいになったら火を止めます。
  12. 冷めたフィロに11.の熱いシロップを上から全面に均等になるようにかけて、常温で数時間~1日置いて、シロップが染み込んだら出来上がりです。

*ナッツの量はお好みで増やしてもいいと思います。

*フィロを敷いていく時に、フィロが少々しわくちゃになったり千切れたりしても、焼きあがったらわからなくなるので気にしなくていいです。

*私はシロップにどっぷり浸かった甘すぎるバクラヴァが好きではないのでシロップは少なめです。もっとシロップを増やしたい場合は、砂糖と水が1対1になるように量を増やしてシロップを作ってください。

email icon このレシピをメール送信する