ケーキのシロップ漬け「レヴァネ」

csc_0x07

初めてブルガリアへ行ったときのこと。パン屋さんへ行くと何種類かのケーキが売られていました。しばらく甘いものを食べていなかった私はすごくケーキが食べたくなって、その中でスポンジのような、カステラのようなケーキが一番おいしそうに見えたので、ブルガリアで初めて食べるケーキはこれにしよう!と、食べるのを楽しみに買って帰りました。

家へ帰ってから買ってきたケーキをよく見ると、シロップでスポンジはびしょびしょ。買ったときにはシロップ漬けのケーキとは気づきませんでした。あっさりしたケーキを想像していたので、がっかりしながら食べてみると、甘いし思っていたようなケーキじゃないし、半分以上を残してしまいました。

その後ずっと避けていたシロップ漬けのケーキですが、昔のブルガリア料理のレシピ本にこのケーキのレシピがのっていて、もしかしたら今食べたらおいしいかも…と期待して作ってみました。

泡立てた卵にセモリナ粉(грис)を加え、シロップで甘みを加えるだけのレシピですが、材料のセモリナの分量のところで、普通ならカップいくらとか、何グラムとか、大匙いくつとかと書いてありそうなのですが、卵の殻半分を何カップという計量になっていました。

私はそのセモリナの計量方法を素直に信じることができなかったのですが、とりあえず割った後の卵の殻に水を入れてそれをスプーンに移して、だいたい大匙1ぐらいかなと、卵の殻半分=大匙1と解釈して作ってみました。

できあがった「レヴァネ」は、店で売られているものほどシロップでびしゃびしゃになったものでなく、卵の味がしっかりしたふんわりスポンジに、程よくシロップがしみ込んだ、しっとりカステラ風ケーキになりました。

現在ブルガリアの家庭で作られる「レヴァネ」は、セモリナ粉だけでなく普通の小麦粉も加えたり、あるいは普通の小麦粉だけで作られているものが多いようです。またスポンジ生地を膨らませるのに、ベーキングソーダを使うものが多いようです。

トルコやギリシャにも同じようなケーキがあるようです。シロップ漬けお菓子なのでアラブから伝わったお菓子なのかもしれません。

とてもシンプルでおいしいケーキです。ぜひお試しください!

「レヴァネ」のレシピ(直径18センチ丸形1台分)
(реване)

材料:

  • 卵 5個
  • セモリナ粉 大匙5
  • 砂糖 200〜250g
  • 水 250〜300ml
  • レモン汁 大匙1

作り方:

  1. 卵は白身と黄身に分けておきます。
  2. 型(シロップをかけるので少し高さのあるもの)にバターを塗って軽く粉をふっておきます。
  3. ボウルに卵の白身を入れて角が立つぐらいまで泡立て、セモリナ粉を少しずつ加えながら混ぜます。更に卵の黄身、レモン汁を順に加えて混ぜます。
  4. 型に3.を流し入れ、170度に予熱したオーブンで20〜30分ほど焼きます。串を刺して串に生地がくっつかなければOKです。
    スポンジ生地は型に入れたまま、お好みの大きさ、形に切り込みを入れておきます。
  5. シロップを作ります。鍋に砂糖と水を入れて沸騰するまで中火で、その後弱火にして20分ほど煮詰めます。少しどろっとしたら火を止め、冷めたスポンジ生地の上からまんべんなくかけます。
    冷めてシロップがスポンジにしみ込んだら出来上がりです。

*暑い時には冷たく冷やして食べるととてもおいしいです。

*今回使用した型は18センチ丸形ですが、もう少し小さい型や四角い型でもいいです。(レヴァネは普通四角く切ります。)でもスポンジが厚いとシロップが中までしっかりしみ込みにくいです。

*私は200gの砂糖に250mlの水でシロップを作りました。本場のものより甘さ、シロップの量は控えめです。お好みで砂糖、水の量を調整してください。

*昔のレシピでの名前は何故か「レヴァネ」でなく、“レヴィネ”となっていました。

email icon このレシピをメール送信する