ブルガリアのドーナツ?「メキツィ」

bak_06.jpg

子供の頃、母がおやつによくドーナツを作ってくれました。お店で売っているドーナツはそんなに好きではないのですが、イーストで発酵させた生地を棒状にしてねじった母手作りのドーナツは、砂糖をいっぱいまぶして食べるととてもおいしい。最近では年に1回ほど自分で作るぐらいですが、実家へ帰るとよく父が食べたいと言い出し、私もそれに賛同して、母がじゃあといって作ってくれます。父一人が食べたいと言っても、父と母2人で食べきれないので2人の時にはめったに作らないようです。

ブルガリアでは朝食に「メキツィ」と呼ばれる、イーストで発酵させた生地を薄い円形に成形して油で揚げる、ドーナツのようなものを食べます。熱いうちに、たっぷりの粉砂糖をかけていただきます。他に、生地の中にシレネ(ブルガリアの白いチーズ)を包んで揚げたものもあります。

油で揚げると聞くと、油っぽくてしつこくなるのではないかと思われそうですが、生地にヨーグルトが入っているせいか油っぽくならず、薄いのに柔らかくふわっとした生地になります。粉砂糖をかけてもべたっとしません。

生地は冷蔵庫で1週間ほど保存できるので、私は3日間連続でおやつに作って食べましたが、写真を見て今日もまた食べたくなってしまいました。揚げたてがおいしいので残った生地は冷蔵庫で保存して、食べるたびに揚げるのがお勧めです。

成形も意外に簡単に出来ます。油で揚げるのが面倒くさいなんて思わないで、一度作ってみてくださいね。

「メキツィ」のレシピ(直径15センチのもの18枚分)
(мекици)

《参考》
1枚のカロリー: 160kcal (吸油率15%で計算)
粉砂糖 小匙1のカロリー: 8kcal

材料:

  • 強力粉 500g
  • 塩 小匙1/2
  • インスタントドライイースト 大匙1
  • 牛乳 100ml
  • プレーンヨーグルト 250g

作り方:

  1. 牛乳、ヨーグルトは常温に戻しておきます。
  2. ボウルに強力粉、塩、イースト、牛乳、ヨーグルトを入れてよく混ぜ、一塊になったら台の上に取り出して、生地の表面がつるつるになるまでよく捏ねます。(15分~20分ぐらい)
  3. ボウルにラップか清潔なビニールヘアキャップでカバーし、30分発酵させます。(冬は暖かい場所で発酵させ、夏は暑いと発酵が早く進むので涼しいところに置くなど注意してください。)
  4. 発酵が終わった生地を18等分にして丸め、その上に濡れ布きんをかぶせておきます。
  5. フライパンに油(200mlぐらい)を入れて中火にかけ、油が十分熱くなったら、丸めた生地を両手に持ち、真中から外側に伸ばして、真中が薄く、外側が少し厚めの直径15センチほどの大きさにします。(きれいな丸にならなくても構いません。)
    bak_02.jpg
  6. 伸ばした生地を油で揚げます。生地の端の方が薄茶色に色づいたら裏返します。
    bak_03.jpg
  7. 両面きれいなきつね色になったら、ペーパータオルを敷いたお皿に上げて油を切ります。熱いうちに粉砂糖を振りかけて出来上がりです。

*生地を冷蔵保存する場合は、生地を30分発酵させてからビニール袋に入れて冷蔵庫に入れます。揚げる数時間前に冷蔵庫から出して常温に戻して使用します。(冷たいままだと成形しにくいです。)
冷凍保存もできると思います。冷蔵の時と同じようにビニール袋に入れてから冷凍庫に入れ、作りたい前の日に冷蔵庫に移して常温に戻して使用します。

*ブルガリアのお店で売られているメキツィはもっと大きいサイズだそうです。

mekici.jpg  これがメキツィを売っているお店。メインに売っているのはバニツァ(チーズパ イ)で、メキツィは朝8時半頃には完売してしまうそうです。旦那さんの友達がわざわざ写真を撮りに行ってくれたのですが、10時に行ったときにはもうメキツィ は売り切れだったのでメキツィの写真はなし。(photo by Sergio)

email icon このレシピをメール送信する

甘~いけど食べたい 「バクラヴァ」

bak_06.jpg

初めてブルガリアを訪れたときのこと。ソフィアの町を歩いていて、私がちょっと疲れて、何か甘いお菓子が食べたいと言うと、うちの旦那さんが自分も食べたいおいしいお菓子があると言って買ってきてくれたのが、この「バクラヴァ(バクラバ)」というパイのようなお菓子と、「ボザ」という茶色いどろっとした飲み物でした。それまでブルガリアで食べた料理はすべておいしかったので、お菓子もすごくおいしいだろうなあと期待していました。

バクラヴァを一口食べたとたん、「あま~~!」 口直しに慌ててボザを飲むと、また、「あま~~!」 その上このボザ、どろっとしていて気持ち悪い~。それ以来、ずっとバクラヴァもボザも口にすることはありませんでした。

バクラヴァは何層ものフィロ(すごく薄いパイ生地)を重ねたものに、くるみなどのナッツを挟んでシロップを染み込ませた甘いお菓子で、ボザは炒った小麦に水と砂糖を加えて発酵させた甘い飲み物です。

今年ブルガリアを訪れたとき、たまたまバクラヴァのお店が目に入りました。このお店ではいろんな種類のバクラヴァが売られていたのですが、シロップ少なめのアンカラバクラヴァというバクラヴァがあって、この時、私の頭の中に、うちの旦那さんがトルコでバクラヴァを食べたときに言った、「このバクラヴァはブルガリアのよりおいしい」という一言がよみがえりました。前に食べたときはおいしいとは思わなかったけれど、アンカラのバクラヴァはおいしいかもしれない(かなりトルコびいきです。)と思い、買って食べてみることにしました。

今回買ったバクラヴァはコーヒーと一緒に頂きました。すると、甘いけれど、バクラヴァの上の方はそんなにシロップがかかっていなくて程よい甘さですごくおいしい!(でもやっぱり普通のお菓子より甘いかも。)そしていつの間にかバクラヴァの大ファンになっていました。初めてバクラヴァを食べたときはボザという甘い飲み物と一緒だったから余計に甘く感じて、ただ甘いだけの食べ物になってしまっていたようです。

日本に帰ってからもバクラヴァが食べたくなって、とうとう自分で作ってしまいました。市販のフィロを使って作ったので簡単に出来ました。

嫌いなものも、時が経てば好きになってしまうことがよくあります。このまま行くと、来年ぐらい、ボザが大好物になっているかも知れません。

「バクラヴァ」のレシピ(25cm×25cm)
(баклава)

《参考》

全量のカロリー: 3900kcal

材料:

  • 市販のフィロ 375g入り 1パック (詳しくは簡単バニツァを参照してください。)
  • バター 100g
  • くるみ、ピスタチオ、アーモンドなどのナッツ 125g
  • シナモンパウダー 小匙1
  • 砂糖 260g

作り方:

  1. くるみ(その他ナッツ)は細かく刻むか、フードプロセサーで粒が少し残るぐらいに細かくし、シナモンパウダーと混ぜ合わせておきます。
  2. バターは溶かしておきます。
  3. 耐熱容器か少し高さのある天板を用意し、底に刷毛で溶かしバターを塗っておきます。
    *耐熱容器(天板)は25cm×25cmぐらいの大きさ(フィロを半分に折ってちょうど入る大きさ)が作りやすいです。
    *ちょうどいい大きさの容器がなければ、フィロを容器に合わせて切って使ってください。
  4. 台の上にフィロを広げ、半分の大きさ(容器の大きさ)に切り、一枚ずつ、フィロの上面に溶かしたバターを刷毛で薄く塗り、バターを塗った面を上にして容器に敷きます。これをフィロの1/3パック分を繰り返し行います。
  5. ナッツとシナモンを合わせたものの半量をその上に載せて全面に伸ばします。
  6. その後また4.のようにバターを塗ったフィロを敷いていきます。これもフィロ1/3パック分行います。
  7. その上に残りのナッツとシナモンを合わせたものを載せて全面に伸ばします。
  8. その上に残りのフィロでまた4.のようにバターを塗ったフィロを敷いていきます
  9. 8.を5cmぐらいのひし形か四角になるように、フィロの端から端まで縦、横5cm間隔に包丁で底までしっかり切ります。
    ひし形にする場合は容器に対して斜め方向に切ります。
  10. 9.を180度に予熱したオーブンで30~40分ぐらい焼きます。
  11. フィロが焼きあがったらシロップを作ります。鍋に砂糖と260mlの水を入れて中火にかけ、沸騰したら弱火~中火で20~30分ぐらい煮詰めます。ちょっとドロッとするぐらいになったら火を止めます。
  12. 冷めたフィロに11.の熱いシロップを上から全面に均等になるようにかけて、常温で数時間~1日置いて、シロップが染み込んだら出来上がりです。

*ナッツの量はお好みで増やしてもいいと思います。

*フィロを敷いていく時に、フィロが少々しわくちゃになったり千切れたりしても、焼きあがったらわからなくなるので気にしなくていいです。

*私はシロップにどっぷり浸かった甘すぎるバクラヴァが好きではないのでシロップは少なめです。もっとシロップを増やしたい場合は、砂糖と水が1対1になるように量を増やしてシロップを作ってください。

email icon このレシピをメール送信する

かぼちゃのパイ「ティクヴェニック」

「ティクヴェニック(ティクベニック)」は、かぼちゃの入った甘いパイのようなバニツァです。

ずっと作ってみたいと思っていたのですが、今回旦那さんのお母さんが作ってくれました。本当は薄いフィロで作るのですが、お母さんは市販の冷凍パイシートを使った方がおいしいと言って、パイシートを薄く伸ばして作ってくれました。

パイシートを伸ばして作るとどうなるのか、もっとふわっとした感じの生地に焼き上がるのかと思っていたら、市販の薄いフィロで作るよりも手作りフィロに近い出来栄えで、パリッとした、ちょっと薄いクッキーのような生地のバニツァになりました。

旦那さんのお母さんは、私のためにスプーンで計りながら作ってくれたのですが、スプーンに山盛り入れて計ったり、砂糖は直接砂糖の入れ物からどばっと入れたりして、私はそれを目で追いかけてメモを取り、なんとかレシピにしました。私の母もいつも目分量で味見をしながら料理をしていますが、ある時母から料理を教えてもらったときに、スプーンで計ってくれたのはいいのですが、小さなスプーンを出してきて、「1、2、3、4、…」と数えだし、「小さじ14。」と言われた時にはちょと信じられませんでした…。

パイ生地の中に入れるのは、かぼちゃ、砂糖、クルミだけですが、とてもおいしいパイになりました。ぜひ作ってみてくださいね。

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!

「ティクヴェニック」のレシピ(直径25cm)
(тиквеник)

《参考》
全量のカロリー: 3150kcal(砂糖150g、クルミ100gの場合)

材料:

  • 材料:冷凍パイシート 20cm×20cm 2枚 (300g)
  • かぼちゃ (squashでもOK) (皮を剥いて種を取り除いたもの)300g
  • バター 50g
  • 砂糖 100〜150gぐらい
  • バニラシュガー(バニラの香りがついた砂糖)1袋(大匙1ぐらい)(なくてもOK)
  • クルミ 80〜100g
  • 薄力粉

作り方:

  1. 冷凍パイシートは解凍して1枚を4等分にしておきます。
  2. かぼちゃはおろし金ですりおろしてバニラシュガーを混ぜておきます。(かぼちゃをおろすのは結構大変でした。やったことはありませんが、フードプロセサーでできるかもしれません。)
  3. クルミは包丁かフードプロセサーで細かく刻んでおきます。
  4. バターは溶かしておきます。
  5. 台の上に薄力粉を多めに振り、その上でパイシートを麺棒で3〜4倍くらいの大きさになるまで伸ばします。
    (少々穴が開いたり破れても大丈夫です。)
  6. きれいな紙の上に伸ばしたパイシートを置き、パイシートの表面に溶かしたバターを刷毛で薄く塗ります。
  7. 小さなボウルにすりおろしたかぼちゃ大匙2と、砂糖大匙2、クルミ大匙1を入れて混ぜ、それを6.のパイシートの端に伸ばして、かぼちゃを載せた方の端からパイ生地を巻いて棒状にします。(端から手で少し巻いて、その後紙を両手で持ち上げながらクルッと巻くと簡単にきれいに巻くことができます。)
  8. 直径25cm円形の耐熱容器にバターを塗り、7.を渦巻き状になるように並べていきます。
  9. すべてのパイシートを巻いて並べ終わったら、パイの上面に刷毛で残りのバターを塗って、200度に予熱したオーブンで20〜30分焼きます。きれいなきつね色に焼ければ出来上がりです。

*バニラシュガーでなくシナモンを入れてもおいしいです。

*シレネ(白いチーズ)のバニツァも市販の薄いフィロで作るよりもこの冷凍パイシートで作った方がおいしいかもしれません。

ヨーグルトたっぷり!「ヨーグルトクリームケーキ」

うちの旦那さんが子供の頃、忙しいお母さんがよく作ってくれたケーキがこの「ヨーグルトクリームケーキ」だそうです。市販のスポンジケーキを使うのでとても簡単に作れます。旦那さんが自分で作ることもよくあったそうですが、どれだけ子供であった彼のお好みで作られたか考えるとちょっと恐ろしいです。

クリームは水切りしたヨーグルトに粉砂糖を混ぜるだけのもので、スポンジケーキにクリームを塗って果物を飾ります。特に暑い季節に冷たく冷やして食べるとおいしいケーキです。

本当はイチゴで作りたかったのですが、もうイチゴは売っていませんでした。しょうがないので目に付いたプラムを買って作ってみました。もっときれいに飾りつけができればよかったけれど、手軽さが売りのケーキということでお許しください。

~ ブログランキングに参加中。クリックしてもらえたら励みになります。 ⇒

「ヨーグルトクリームケーキ」のレシピ (直径15センチ丸型一台分)
(торта с плодове и кисело мляко)

材料:

  • プレーンヨーグルト(500g入り) 1.5パック
  • 粉砂糖 大匙6 (60~70g)
  • 市販のスポンジケーキ 直径15センチのもの 1台
  • イチゴ、缶詰の果物などお好きな果物 適量 (プラムなら4個ぐらい)
  • 水 大匙2
  • 砂糖 大匙1
  • ブランデー、ラム酒などのお酒 小匙1 (入れなくてもOK)

作り方:

  1. ヨーグルトはざるにキッチンペーパーを敷いたものに入れて下をボールで受け、一晩水切りをします。
  2. 小さな鍋に水、砂糖を入れて火にかけ、砂糖が溶けたら火から下ろし、冷めたらお酒を入れて混ぜます。
  3. 水切りしたヨーグルトに粉砂糖を入れてよく混ぜ合わせてヨーグルトクリームにします。味見をしてもっと甘くしたければ粉砂糖を足してください。
  4. 果物は、半量ぐらいをケーキの飾りつけ用に切ります。
    残りは8ミリぐらいの角切りにしてヨーグルトクリームの1/3と混ぜ合わせます。(これがケーキの真中に挟むクリームになります。)
  5. スポンジケーキは市販のものであればすでに2枚になっていると思いますが、なっていなければ真中で切って2枚にします。
  6. スポンジケーキの1枚をお皿に載せて、表面に2.のシロップを刷毛でたっぷり塗り、その上に果物とヨーグルトクリームを合わせたものを塗り、そして切り口にシロップを塗ったもう一枚のスポンジケーキを上に載せ軽く押さえます。
  7. ケーキの表面にまたシロップを塗り、ヨーグルトクリームを全体に塗って果物を飾ります。冷蔵庫で冷たく冷やして出来上がりです。

*ヨーグルトクリームは生クリームほど硬くないので溶けやすいです。冷蔵庫でよく冷やしてから塗ったほうがきれいにできます。

*缶詰の果物を使う場合、シロップは缶詰のシロップを使うと便利です。

カスタードクリームのビスケットケーキ

dsc_0012.jpg

ブルガリアのビスケットケーキはクリームがカスタードクリームです。カスタードクリーム好きの私は、簡単に作れておいしいこのビスケットケーキが大好きです。

でもこのケーキ、日本ではなかなか作れませんでした。というのは、うちの旦那さん、マリービスケットのパッケージを見て、「こんな包装だらけのものは買わない。何で日本のお菓子はこんなに無駄な包装したものばかりなのか!」と言って、うちではマリービスケットを買うことができません。一生懸命ほかの包装があまりされていないものがないかと探してみたけど見つからず、私は半分やけくそでビスケットまで手作りしてしまいました。

ビスケットを作るのは大変かと思ったけど、ホットケーキミックスを使って作ったので、思ったより簡単で時間もかかりませんでした。でもビスケットを買ったほうがもっと気軽にこのケーキ作れるのになあ。。。。。。

ちなみに、ブルガリアのビスケットは四角くて、簡易包装されています。

(ビスケットも自分で作ってみたいという方は、ビスケットケーキのレシピの後にホットケーキミックスで作る手作りビスケットの作り方をのせているのでそれを見て作ってみてください。)

~ ブログランキングに参加中。クリックしてもらえたら励みになります。 ⇒

「カスタードクリームのビスケットケーキ」のレシピ(8×8×18cm1本分)
(бисквитена торта)

材料:

  • マリービスケット 24枚ぐらい
  • 牛乳 400cc
  • 卵 2個
  • 砂糖 大匙6
  • コーンスターチ 大匙2
  • 小麦粉 大匙1
  • バニラ(エッセンス、オイル、パウダー)

作り方:

  1. コーンスターチと小麦粉は一緒にふるっておきます。
  2. 鍋に牛乳を入れて火にかけて沸騰させます。
  3. 沸騰するまでの間に、ボウルに卵、砂糖を入れてよく混ぜ、更にコーンスターチと小麦粉を入れてよく混ぜ合わせます。
  4. 牛乳が沸騰したら、3.のボウルに半量の牛乳を加えて混ぜあわせて鍋に戻します。
  5. 中火で混ぜながら、クリーム状になってぷくっとしだしたらすぐに火からおろしてバニラを加えてよく混ぜます。クリームが温かいうちにビスケットにクリームを塗っていきます。
  6. 8×8×18cmぐらいのパウンドケーキ型を用意し、内側全体にラップを敷きます。
  7. パウンドケーキ型の一番下にビスケットを底を埋めるように並べます。形があわないところはビスケットを適当な形にちぎって並べます。
  8. その上に、5.のクリームを敷きます。
  9. その上の段からは、ビスケットの両面を牛乳に軽く浸したものを同じように並べていき、その上にクリームを敷きます。これを繰り返します。クリームは少し残しておいて後でケーキの横の部分をきれいに塗ったりします。
  10. ケーキが冷めてから冷蔵庫で冷たく冷やします。型からラップごと取り出してラップを取り除き、残りのクリームできれいに形を整えて出来上がりです。

**********

手作りビスケットの作り方:

  1. ボウルにホットケーキミックス 200g、バター 大匙2、牛乳 50mlぐらいを入れて混ぜます。
  2. 生地をラップに包んで30分ほど冷蔵庫で寝かせます。
  3. 7cm×7cmぐらいの直方体にして、包丁で2ミリぐらいの厚さに切って、クッキングシートを敷いた天板に並べていきます。
  4. お好みでフォークなどで生地に穴を開けて、180度に予熱したオーブンで15分焼いて出来上がりです。