イラクサのスープ

dsc_0021.jpg

うちの旦那さんのお母さんがただ今我が家に滞在しています。そのお義母さんがわざわざオランダからイラクサ(ブルガリア語ではコプリヴァ коприва)を持って来てくれました。今回はそのイラクサを使ったスープを紹介します。

初めて食べたイラクサですが、ブルガリアでは道端に生えていて触れるとチクッと痛みが走る雑草のような植物です。食べてみると、特に苦味もなく、癖もなく、さっぱりしておいしかったです。

なぜこのような草を食べるのか?イラクサの効能を調べてみると、アレルギー性鼻炎の緩和や花粉症にもよいとのことでした。

日本でイラクサをどうやって手に入れることができるのかわかりませんが、このスープはほうれん草などで作ってもおいしいと思います。よろしければお試しください。

「イラクサのスープ」のレシピ(2~3人分)

(копривена чорба)

dsc_0001.jpg (茹でる前のイラクサ)

材料:

  • イラクサ 1/2束
  • にんにく 2片
  • タマネギ 1/4個 (50g)
  • 油 大匙2
  • 米 大匙2
  • トマトピューレ 大匙1 あるいは トマトか缶入りトマト 50gぐらい
  • パプリカパウダー 小匙1
  • プレーンヨーグルト 大匙2
  • 卵の白身 1個分

作り方:

  1. 鍋に水とイラクサを入れて中火にかけ、沸騰したら弱火~中火で5分茹でます。茹でた後茹で汁と葉に分け、葉はフードプロセッサーなどでピューレ状にしておきます。
    *茹で汁のうち、400mlほどは捨てずに取っておきます。
  2. にんにくはおろしておきます。
  3. タマネギはみじん切りにします。
  4. ヨーグルトと卵の白身は一緒にして混ぜておきます。
  5. イラクサのピューレ状になったもの、茹で汁400ml、にんにく、タマネギ、油、米、トマトピューレ、パプリカパウダーを鍋に入れて中火にかけ、沸騰したら弱火にして15分ほど煮ます。
  6. ヨーグルトと卵の白身を混ぜたものをスープの入った鍋に加え、更に5分ほど煮て、塩で味を調えたら出来上がりです。

email icon このレシピをメール送信する