イースト不使用!チーズとヨーグルトのパン

DSC_0014.jpg

ブルガリアの朝食には、これまでに紹介したバニツァチーズと卵のトーストメキツイなどがありますが、他に固くなったパンをスライスして、溶き卵に浸して油かバターを引いたフライパンで焼いただけのブルガリア風フレンチトースト、「パルジェニ フィリイキ」(пържени филийки)というものもあります。これは蜂蜜や粉砂糖をかけて頂きます。

DSC_0012.jpg (パルジェニ フィリイキ)

そして今回ご紹介するカッテージチーズとヨーグルトが入ったパン。ブルガリア語で「マルゼリヴィ トプチェタ」(мързеливи топчета)と言い、意味は『怠け者のボール』。こちらも朝食にぴったりです。

パンといってもイーストではなくベーキングソーダで生地を膨らませるので、材料を混ぜ合わせてボール型にしてオーブンで焼くだけ。すごく簡単に作れるので『怠け者のボール』と呼ばれているようです。

しっとりふわっとした生地にほんのりチーズの味がして食べやすいです。ぜひ焼きたてを食べてみてくださいね。

「チーズとヨーグルトのパン」のレシピ(直径5センチ丸型16個分)
(мързеливи топчета)

《参考》
1個分のカロリー: 110kcal

材料:

  • 薄力粉か強力粉 3カップ(330g)
  • ベーキングソーダ (重曹) 小匙1
  • プレーンヨーグルト 1カップ(210g)
  • 卵 1個
  • カッテージチーズ 200g
  • バター 小匙4ぐらい

作り方:

  1. 薄力粉(強力粉)は振るっておきます。
  2. ヨーグルトとベーキングパウダーは一緒にして混ぜておきます。
  3. ボウルに薄力粉(強力粉)、ヨーグルトとベーキングソーダ(重曹)、卵を入れてスプーンで軽く混ぜ、まとまってきたら手で混ぜます。
    *ベトベトしすぎる場合は粉を足してください。
  4. 3.のボウルにカッテージチーズを入れて手で混ぜ合わせます。
  5. 生地を16等分にして簡単に丸め、クッキングシートを敷いた天板に並べます。
  6. 丸めた生地の上にバター(小匙1/4ぐらいずつ)を載せ、170度に予熱したオーブンで30分ほど焼いて出来上がりです。

email icon このレシピをメール送信する