保存食「トラハナ」って何?

csc_0038

ブルガリアの人にもあまり知られていない食べ物「トラハナ(трахана)」。私はブルガリア料理のレシピ本で見ていて名前は知っていましたが、うちの旦那さんにどんな食べ物か聞いてもよく知らないと言われていました。でもブルガリア南部、プロヴディヴ出身の旦那さんの友人の一番好きな食べ物がその「トラハナ」と聞いて食べてみたくなった私たち夫婦は、自分たちで作ってみることにしました。

以前に紹介したことがあるブルガリアのパスタ「ユフカ」にちょっと似ていて、小麦粉ベースの生地を乾燥させて使用する保存食ですが、「トラハナ」は野菜のペーストを混ぜ込んだり発酵させてから乾燥させるところが「ユフカ」と違います。食べ方は水と一緒に煮てバターやシレネ(ブルガリアの白いチーズ)と混ぜて食べたり、スープに入れたり、お肉と一緒に料理したりするようです。

何せうちの旦那さんも見たことも食べたこともない食べ物ですから、今回出来上がったものが本物の「トラハナ」かどうかちょっと疑問が残ります。作った後に今回作った「トラハナ」の話をプロヴディヴ出身の友達に話したら、「そんな感じの食べ物だよ。」と言われたそうですが。

csc_0037 (乾燥トラハナ)

私たちが使用したレシピは、1930年代のブルガリア料理のレシピ本に載っていたものです。「乾燥トラハナ」の作り方を簡単に説明すると、

  1. トマト、ジャガイモ、人参、タマネギ、赤ピーマンを少量の水で柔らかくなるまで煮て、それを茹で汁ごと潰してピューレ状にします。
  2. 1.のピューレと同量の小麦粉と、塩少々、イースト少々を加えてよく捏ねて少し固めの生地を作り、丸めて2〜3倍の大きさになるまでゆっくり発酵させます。
  3. 2.の生地を薄く伸ばして、2日ほど乾燥させます。
  4. 3.でできたものをおろし金などで細かくして出来上がりです。

他のレシピでは、生地を発酵させた後におろし金でおろしてそれから乾燥させたり、混ぜ込む野菜はズッキーニだったり、地方や人によって作り方は少し異なるようです。

出来上がった「トラハナ」を、今回はシンプルに水で煮込んでバターと塩で味付けして食べてみました。野菜の味はほのかにするかなという程度ですが、その代わりにバターの味と香りがしっかりします。味としてはおいしいけれど、柔らかくなったパンを食べているようでちょっと変なかんじです。でもうちの旦那さんは、さすがはブルガリア人、食べたことがなかったこの食べ物を結構気に入ったようです。私は次回はお肉と一緒に食べてみたいです。

「トラナハ」についてちょっと調べてみると、思った通り、トルコやギリシャでも食べられているようです。やっぱりトルコからブルガリアに伝わったのでしょうか。

もしいつかブルガリアで「トラハナ」に出会ったら、どんなものなのか、ちゃんと報告したいと思います。