ブルガリアのパスタ?「ユフカ」

csc_0036.jpg

ブルガリアにはパスタのようなものはないと思っていたのですが、実は「ユフ」(юфка、アクセントは一番後ろのにかかる)と言って、小麦粉と卵で捏ね上げた生地を薄く延ばして天日で乾燥させ、オーブンで軽く焼いて作るパスタのようなものがあります。

以前市場で小さな袋に詰められたユフカが売られているのを見たことがありますが、気づくことなく通り過ぎてしまうぐらいひっそりと売られていました。最近のブルガリアではこのユフカをほとんど見かけることがなくなったようです。うちの旦那さんがユフカを食べたのは10歳か11歳の頃に曾おばあちゃんに作ってもらったのが最後だそうです。今回ブルガリア人の友達にユフカを作ったと言ったら、みんな懐かしがって食べたいと言ったそうです。それぐらい食べなくなってしまったもののようです。

曾おばあちゃんはいつも7月頃にユフカを作りました。それより前や後の時期には野菜や果物で保存食を作らなくてはいけなかったので、比較的時間がある7月頃に作ったようです。

7月の天気のよいある日、朝早くから曾おばあちゃんがどこからか大きなシーツを取り出してきます。それを合図に、台所に小麦粉を飛び散らしながら、曾おばあちゃんはまずはバニツァ作りを始めます。

バニツァの生地もユフカのように小麦粉と水などを合わせた生地を麺棒で薄く延ばして作ります。これだけでも一仕事だと思うのですが、バニツァを作り終わってからさらにユフカ作りを始めます。

曾おばあちゃんが延ばし終わったユフカの生地を、外まで持って行ってシーツの上に並べたり、天日干ししている間に鳥などにユフカを食べられないように見張ったりするのが、子供の頃の旦那さんの役目でした。

乾燥させた後のユフカは、保存しやすい大きさにするために手でバリバリと壊します。子供だったうちの旦那さんにとって、それがユフカ作りの一番の楽しみだったそうで、今回作ったときもバリバリやって楽しんでいました。

そうして出来上がったユフカを、曾おばあちゃんはすぐには食べさせてくれず、10月頃になってやっと食べさせてくれたそうです。ユフカは保存食なので、ほかに食べるものがいろいろある間は、ユフカを食べなかったのかもしれません。

昔は大変だったユフカ作りですが、今回は生地を麺棒で薄く延ばすのではなく、パスタを延ばしたり切ったりするときに使用するパスタマシンを使って作ってみました。パスタマシンを使うととても簡単に作ることができます。

さて、乾燥させたユフカはどうやって食べるのでしょう?
それは次回紹介させていただきますね。

「ユフカ」のレシピ(出来上がり量 170gぐらい)

(юфка)

材料:

  • 中力粉 170g あるいは 強力粉 100g+薄力粉 70g
  • 卵 1個 (70g)
  • 塩 小匙1/3
  • 牛乳 10g (卵と牛乳を合わせて80gになるように牛乳の量を調整してください。)

作り方:

  1. ボウルに小麦粉、卵、塩、牛乳を入れてよく混ぜ合わせ、一塊になったらテーブルの上に取り出し、生地の表面がつるつるになるまで捏ねます。
    (出来上がる生地は少し固めです。)
  2. 生地をラップなどでカバーし、30分冷蔵庫で休ませます。
  3. パスタマシンを使う場合:
    パスタマシンに合わせて生地を適当に切り分け、平たい楕円形の生地を作って軽く粉を付けてからパスタマシンに生地を通します。
    今回は生地を2等分にし、7ミリの厚さで2回、その後4ミリで2回、そして1ミリで2回パスタマシンに通しました。途中で生地が大きくなりすぎたらナイフで半分に切ったりして調整します。
    生地は後で小さく壊して使うのでどんな大きさになっても問題ありません。
    麺棒で延ばす場合:
    生地を2~3等分にして1ミリほどの厚さになるように延ばします。くっつくようなら生地に軽く粉をかけてください。小さい生地のほうが延ばしやすければ4等分とかにしても大丈夫です。
  4. ベランダや庭でテーブルクロス(ビニールでできたものでもOK)などを敷いた上に3.の生地を重ならないように並べ、3時間ほど天日干しにします。生地がパリっとなったら今度は天板に重ならないように並べ、180~200度ぐらいのオーブンで5~10分ほどちょっと焦げ目が付くぐらいまで焼いて出来上がりです。
    csc_0033.jpg  天日干し後のユフカ

*生地は最後にオーブンで軽く焼きますが、すぐに食べるのなら天日干しにするだけでいいかもしれません。

*今回作ったユフカの量はかなり少ないです。保存食用に作るならこの何倍か作らないとだめですね。

email icon このレシピをメール送信する