男の料理?「カルナチェ」

CSC_0034.JPG

「カルナチェ」はブルガリアの細長の生ソーセージ。くるくる巻いた状態でスーパーのお肉売り場などで売られています。ちょっと塩辛いのですが、それがパンや白いご飯に、そして、私は飲まないけれど、もちろんお酒にもよく合います。ブルガリアではよく買って食べていましたが、道具さえあれば簡単に作ることができそうだったので、作ってみることになりました。

お肉は豚肉の塊を買ってミンサーでミンチにし、スパイスなどを加えて羊腸に詰めます。こういう仕事は私でなく、うちの旦那さんが担当。結構大変そうな作業ですが、うちの旦那さん、おいしいもののためだったらぜんぜん苦ではないようです。進んで作ってくれました。ブルガリアではソーセージなどは男の人が作ることが多いようです。

出来上がったソーセージは、スパイスが効いていてとってもおいしい!今回はフライパンで焼きましたが、炭火で焼いたらもっとおいしくなりそうなので、バーベキューの時に焼いてみるのもいいと思います。実は今回羊腸が足りなくなって、お肉の一部は腸に詰めずにソーセージの形にして焼きました。羊腸に詰めなくても、そのままケバプチェのように、ソーセージの形にして焼いても十分おいしいです。ぜひお試しください。

「カルナチェ」のレシピ(1キロ分)

(карначета)

材料:

  • 豚肉の塊、あるいは挽肉 (赤身と脂身が半々ぐらいの肉) 1kg
  • 塩 16g
  • 黒胡椒 2~3g
  • セイボリー(チュブリツァ) 2~3g
  • にんにく 2~3片
  • 干し赤ピーマンを細かく砕いたもの 30g あるいは パプリカパウダー 15g
  • タマネギ 中半個 (100g)
  • 羊腸の塩漬け 中サイズ 4メートル (東急ハンズなどで購入できます。)

作り方

  1. 羊腸は1時間ほど水に漬けて塩抜きをしておきます。
  2. 包丁かフードプロセッサーでタマネギを細かいみじん切りにします。
  3. にんにくはおろしておきます。
  4. タマネギ、にんにく、塩、黒胡椒、セイボリー、砕いた干し赤ピーマンをすりこぎなどでよく混ぜてペースト状にします。
  5. 塊肉から作る場合は肉を3~4センチほどの角切りにし、挽肉を使用する場合はそのままで、4.のペーストとよく混ぜ合わせてビニール袋に入れ、一晩冷蔵庫で寝かせます。
  6. ミートミンサー(穴の大きさが5~6ミリのものがベストですが、なければほかの大きさでもOK)でミンチ状にします。
    *ミートミンサーはハンドルを手で回して塊肉をミンチ状にする道具で、東急ハンズなどでソーセージ作りキット付きで売っています。
  7. 羊腸にミンチ状にした肉を詰めます。一本の長さは40~50センチにし、端はねじって結びます。
  8. カルナチェに爪楊枝で数箇所に小さな穴をあけ、よく温めたグリルかフライパンで5~7分焼いて出来上がりです。

*生のまま冷蔵庫で2~3日保存可能です。

*今回はミートミンサーとそれに付いてくる手作りソーセージキットを使用して腸詰にしました。

*羊腸、ミートミンサー、手作りソーセージキットの詳しい使い方は製品の説明書を参照ください。

email icon このレシピをメール送信する