カヴァルマ

1dsc_0004.jpg

「カヴァルマ(カバルマ)」は、専用の小さな土鍋に肉と野菜を入れてオーブンで焼いた料理です。地域や家庭によって入っているものは少しずつ違うようですが、今回ご紹介するレシピは一番一般的でシンプルなものです。

私の実家に家族が集まり、私の姉が何かブルガリア料理を食べたいと言うので、この「カヴァルマ」と、以前紹介したことのあるフランスパン風パンを作ることにしました。問題なのは私の父。変わった料理や外国の料理は苦手です。父が「カヴァルマ」を食べてくれるかどうかちょっと心配しましたが、鶏が嫌いな父のために豚肉で作ることにしました。

父は少し味見をする程度かなとあまり期待していなかったのですが、おいしいと言っておかわりもしてくれました。やはり料理を作ったときはみんなの反応がとても気になります。みんながおいしいと言ってくれて一安心しました。

家族みんな料理を食べ終わった頃、父が母に、「じゃあお茶漬けとお漬物。」と言いました。どんな料理を食べても必ず最後はしっかりお茶漬けと漬物で〆る私の父です。

⇐ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!

「カヴァルマ」のレシピ(4人分)
(каварма)

《参考》
一人分のカロリー(卵3個使用): 470kcal(豚肩ロース使用)、320kcal(皮なし鶏もも肉使用)

材料:

  • 豚肉か鶏肉 500g
  • タマネギ 中1個 (200g)
  • トマト 大1個 (250g)か缶入りトマト 250g
  • ピーマン 2個 (80g)
  • バターか油 大匙3
  • 黒胡椒 少々
  • 塩 小匙1〜2
  • 白ワインかお酒 大匙2
  • 卵 2~3個
  • パセリ (飾り用)

作り方:

  1. 肉は一口大に切ります。鶏肉の場合、皮はお好みであってもなくてもいいです。
    タマネギは薄くスライスします。トマトは細かく刻んでおきます。
    ピーマンは半分に切って千切りにします。
  2. フライパンにバター(油)大匙1を入れて中火で熱し、肉を入れて表面に少し焦げ目が付くぐらいまで焼き、焼けたら耐熱容器(直径20センチぐらいでできれば蓋付きのもの)に移しておきます。
  3. 同じフライパンにバター(油)大匙2を入れて中火で熱し、タマネギを炒め、タマネギが透き通ってきたらピーマンを入れて炒めます。
  4. そこにトマト(缶入りトマト)を加え、塩、胡椒を入れて2分ほど混ぜながら弱火で煮込みます。
  5. 2.の肉の入った耐熱容器に4.と白ワイン(お酒)を加えよく混ぜます。
  6. 耐熱容器に蓋があれば蓋をして、なければアルミホイルでカバーをして、180度に予熱したオーブンで20〜30分焼きます。蓋をはずして卵を割って落とし、蓋なしで5分ほど焼きます。
  7. オーブンの火を止め、蓋をして5分ほどオーブンの中に入れておきます。卵の白身が白く固まったら、パセリで飾って出来上がりです。

*ブルガリアではギュヴェチェと呼ばれる直径15センチほどの一人用の小さな蓋付きの土鍋で作ります。

*普通卵を混ぜてから食べます。