キュフテのヨーグルトソース焼き

dsc_0017n1.jpg

久しぶりにブルガリアのハンバーグ、キュフテを作りました。

キュフテの作り方は日本のハンバーグとほとんど同じです。違うところは、タマネギは炒めずにそのままお肉と混ぜてしまうところと、大きさは日本のものより小さめであることぐらいです。食べるときにはケチャップは付けずにそのままいただきます。

今回作ったキュフテには、パセリのみじん切りと、パン粉の代わりに冷やご飯を入れました。タマネギをたっぷり入れたかったので、日本式に炒めてからお肉と混ぜました。

通常はこれをフライパンで焼けば出来上がりですが、ちょっとバリエーションを加えるために、ヨーグルトのソースと一緒にオーブンで焼きました。

キュフテとしてそのまま食べてももちろんおいしいですが、ヨーグルトソースと一緒に焼くと、少し酸味のあるヨーグルトソースがキュフテをあっさり食べやすいものに変えてくれます。

ちょっといつもと違うハンバーグ、「キュフテのヨーグルトソース焼き」をぜひお試しくださいね。

「キュフテのヨーグルトソース焼き」のレシピ(5人分)

《参考》
1人分のカロリー: 400kcal(豚挽肉使用)

(кюфтета на фурна в сос от кисело мляко)

材料:

  • 豚か牛挽肉 500g
  • タマネギ 大1個 (270g)
  • 冷やご飯 茶碗2/3杯 (100g)
  • パセリ 6枝ぐらい (お好みで)
  • 卵 3個
  • プレーンヨーグルト 400g
  • にんにく 2片
  • 黒胡椒

作り方:

  1. タマネギはみじん切りにして、油を引いたフライパンであめ色になるまで炒め、冷ましておきます。
  2. パセリは葉の部分をみじん切りにしておきます。
  3. ヨーグルトと卵2個と摩り下ろしたにんにくを小さなボウルに入れてよく混ぜ合わせ、塩少々、胡椒少々で味付けしておきます。
  4. ボウルに肉、タマネギ、冷やご飯、みじん切りにしたパセリ、卵1個、塩小匙1ぐらい、胡椒少々を加えてよく練って混ぜ合わせます。
    *冷やご飯はよくほぐしてから入れてください。
  5. 4.を10等分にし、丸めて小さめのハンバーグの形にします。
  6. フライパンに油を引いて中火で熱し、5.を入れて表と裏焦げ目が付くぐらいまで(片面30秒ぐらいずつ)焼きます。その後弱火にして蓋をし、5分ほど焼きます。
  7. 耐熱容器にキュフテを並べ、上からヨーグルトソースを回しかけ、250度に余熱したオーブンで15~20分ほど焼きます。少し焦げ目が付いたら出来上がりです。

*冷やご飯でなくパン粉やパンを使って作ってもいいです。

email icon このレシピをメール送信する