ストランジャ風カヴァルマ

dsc_0075

カヴァルマとは、肉とトマト、玉ネギなどの野菜とワインを一緒に煮込んだ料理のことを言います。ブルガリアのレストランでカヴァルマという料理を注文すると、小さな土鍋、ギュヴェチェに入って料理が出てきます。

カヴァルマと言えば、必ずギュヴェチェに入れてオーブンで煮込んだ料理だと思い込んでいたのですが、今回紹介する「ストランジャ風カヴァルマ」は、ブルガリア南東部にあるストランジャ(山脈)地方で食べられているカヴァルマで、フライパンだけで手軽に作ることができます。

(以前紹介したギュヴェチェに入ったカヴァルマ

見た目は焼いた豚肉の上に野菜ソースがのっているだけの料理ですが、食べてみると、ソースが豚肉の味とうまくマッチしてすごくおいしいです。大したものは入っていないに、何がこんなに豚肉を引き立てるのか、マッシュルーム?それともトマト??食べている間ずっと考えていたのですが、結局分からずじまいでした。

とっても簡単にできるのでぜひ作ってみてくださいね。

「ストランジャ風カヴァルマ」(4〜5人分)
(каварма по странджански)

材料:

  • 豚厚切り肉 4〜5枚(700g)
  • 玉ネギ 小1個(150g)
  • マッシュルーム 200g
  • トマト 小1個(150g)
  • 赤唐辛子 3〜4本(辛いのが苦手ならこれより少なめにしてください。)
  • 赤ワイン 50ml
  • ラードあるいは油 大匙1〜2
  • パセリ 3〜4枝ぐらい
  • 塩 小匙1/3〜1/2ぐらい
  • 黒胡椒 少々

作り方:

  1. 豚肉は肉たたきなどでたたいて塩(分量外)、胡椒をしておきます。
  2. 玉ねぎ、マッシュルームはみじん切りに、トマト、パセリは細かく刻んでおきます。
  3. 赤唐辛子は種を取り除き、細かく刻んでおきます。
  4. フライパンを中火で熱し、豚肉を表裏焦げ目がつくまで焼き、その後蓋をして弱火で5〜6分ほど中に火が通るまで焼いてお皿に取り出しておきます。
    (油を引かないとくっつきそうな時は油を引いてください。)
  5. 同じフライパンにラードあるいは油を入れて中火にかけ、玉ネギ、マッシュルーム、トマト、唐辛子、パセリを順に入れて炒めます。
  6. 更に赤ワイン、塩、胡椒を加え、水気がほとんどなくなるまで弱火で煮込みます。
  7. 焼いた豚肉を細切りにし、その上に6.をのせたら出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する