ブドウの葉と挽き肉のサルミ

csc_0025

今年の春、実家の庭にブドウの苗を植えてもらったので、葉が収穫できたらご飯をブドウの葉で巻いて作ったサルミ(ブドウの葉のサルミ)を思いっきり食べたいと思っていました。

そして2週間程前に、母が15枚のブドウの葉を送ってきてくれました。本当はもっと欲しかったけれど、それ以上葉を取ってしまえば枯れてしまうかもということで、今年は15枚しか収穫できませんでした。

bud001

この時期なので葉は少し固くなっていたけれど、とてもきれいな緑色をしていました。最初は大好きなご飯を包んだサルミを作ろうと思っていましたが、何か新しいブドウの葉を使ったレシピに挑戦したいと思い、今回はお米入り挽き肉のサルミを作ってみました。

肉の入っていないご飯だけのサルミに比べると、肉を使ったサルミは少しこってりした感じがしましたが、ヨーグルトと一緒に食べるととても食べやすくておいしい!今回作ったものは肉が多めのものですが、肉の量を減らしてお米の量を増やして作ったサルミもまたとてもおいしいです。

ブドウの葉が15枚しかなかったので、残ってしまった具はキャベツに包んだり、それも面倒になってピーマンに詰めたりもしました。こちらもおいしかったです。

ブドウの葉が手に入ったらぜひ作ってみてくださいね。

「ブドウの葉と挽き肉のサルミ」のレシピ(ブドウの葉20枚分ぐらい)
(лозови сарми с мляно месо)

材料:

  • ブドウの葉(できれば若い葉)20枚ぐらい
  • 牛挽き肉か牛豚合挽き肉 350g
  • バター 大匙2
  • 青ネギ 3〜4本
  • 米 50g (カップ1/4ぐらい)
  • パセリ 1枝
  • ミント 1枝
  • パプリカパウダー 小匙2
  • 塩 小匙1/2ぐらい
  • 黒胡椒 少々
  • プレーンヨーグルト 適量

作り方:

  1. ブドウの葉は洗っておきます。
  2. 米は洗ってざるで水を切っておきます。
  3. 青ネギはみじん切りに、パセリ、ミントは茎を取り除いて細かく刻んでおきます。
  4. 鍋にたっぷりの水を入れて塩少々を加えて火にかけ、沸騰したらブドウの葉を入れて2分ほど茹で、水気を切っておきます。(何回かに分けて茹でてもいいです。)
  5. フライパンにバター大匙1を入れて中火にかけ、青ネギと少量の水を加えて炒めます。そこにパプリカパウダーも加えて炒めます。
  6. 更に肉、米、胡椒、パセリ、ミント、塩、ひたひたになるぐらいの水を加え、時々混ぜながら弱火で煮て、水分がなくなったら火を止めます。
  7. 鍋を用意し、底に茹でたブドウの葉(破れたり小さいもので分量外)を敷き詰めます。(なければ敷かなくていいです。)
  8. その上にブドウの葉でご飯を包んだものを並べていきます。
    包み方は、ブドウの葉の真中に大匙1ほどのご飯を載せ、まず葉の上、下を少し重なるように折り、その後90度右に回して下からご飯を包むようにくるくる巻きます。
    巻き終わったら、巻き終わりが下になるように、鍋の底に隙間なく並べます。これを繰り返します。
  9. 8.の鍋に、ひたひたより少し多めの水とバター少々(分量外)を加え、平らなお皿で落し蓋をします。そして鍋の蓋もして中火にかけ、沸騰したら弱火で15分ほど煮ます。その後鍋の蓋を外して数分加熱し、水分がなくなれば出来上がりです。
    盛り付けは、サルミの上にヨーグルトをかけ、その上に、溶かしバターとパプリカパウダーを合わせたもの(小さな鍋かフライパンを弱火にかけてバター大匙1を溶かし、そこにパプリカパウダー少々を加えて混ぜ合わせる)をかけます。
email icon このレシピをメール送信する