挽肉ロール「ルロ ステファニー」

DSC_0020n.jpg

ブルガリアの挽肉ロール、「ルロ ステファニー」。『ルロ』はロールという意味ですが、どうして『ステファニー』なのかはうちの旦那さんも知らないそうです。

こういう巻いたりする料理は作るのが面倒くさそうですが、実際に作ってみると、ハンバーグのように一つ一つ丸める必要がなく、オーブンで焼いている間に他の用事が出来るので結構便利です。特に今回はフードプロセッサーで野菜を切ったので、更に簡単になりました。

ブルガリア料理ではパセリなどのハーブをよく使いますが、我が家では、イタリアンパセリ、オレガノ、ディル、タイム、ミントを自家栽培しています。パセリ、ディルは生のまま、オレガノ、タイム、ミントは乾燥させて使います。特に手入れをしているわけではないのに、今はパセリがすごくよく育っていて、使っても使ってもどんどん生えてきます。使いたいときにすぐに使えるのでとても便利です。今回もそのパセリを使いました。

このロールにはピクルスも入っていますが、味は酸っぱくなりません。私はピクルスがあまり好きではないのですが、オーブンで焼いている時に、ピクルスの香りがほんのり漂って来て食欲をそそられます。

ぜひ一度作ってみてくださいね。

「ルロ ステファニー」のレシピ(4~5人分)

(руло Стефани)

DSC_0006h.jpg

《参考》
全量のカロリー: 1600kcal

材料:

  • 豚か牛挽肉 500g
  • タマネギ 中1個 (200g)
  • 卵 4個
  • パン粉 30g か パン 1/2枚ぐらい
  • パセリ 3~4枝ぐらい
  • 塩 小匙1/2~2/3
  • 黒胡椒 少々
  • セイボリー、オレガノなどのハーブ 少々
  • ピクルス 6本ぐらい (100g)
  • にんじん 小1本 (120g)

作り方:

  1. 卵3個はゆで卵にして皮をむいておきます。
  2. 卵を茹でている間に、タマネギ、パセリは包丁かフードプロセッサーでみじん切りにします。
    フードプロセッサーを使う場合はタマネギとパセリを一緒に入れてみじん切りにします。
  3. にんじん、ピクルスも包丁かフードプロセッサーでみじん切りにします。
  4. ボウルに挽肉、塩、胡椒、タマネギ、パセリ、卵1個、パン粉(あるいはちょっと水で湿らせたパン)を入れてよく手で混ぜます。
  5. 台の上にアルミホイルを敷いて、その上に4.の肉を25センチぐらいの正方形になるように伸ばします。
  6. その上に、にんじんを一面に広げ、その上にピクルスを広げます。ゆで卵を手前側の端に一列に並べます。
    (にんじん、ピクルスはタマネギなどと一緒に挽肉に混ぜてしまってもいいです。)
  7. ゆで卵のある方からアルミホイルを利用して巻き寿司を作るように巻いていき、巻き終わったらアルミホイルの上から肉を押さえて形を整えます。
  8. 天板か耐熱容器にベーキングシートを敷き、その上にアルミホイルをしたままの挽肉のロールをとじ目を下にして置き、水200mlを入れます。
  9. 180度に余熱したオーブンで45~50分ぐらい焼き、その後アルミホイルを外して更に10~15分ほど時々肉汁をかけながら焼きます。表面に少し焦げ目が付いたら出来上がりです。
    (なかなか焦げ目がつかないときはオーブンの温度を上げてください。)

*挽肉ロールを焼くときに一緒にジャガイモ、タマネギを入れて焼くと付け合せも一緒に出来上がります。

*挽肉を巻くのが面倒、難しそうという方は、油を塗ったパウンドケーキ型に挽肉半分を敷き、その後にんじん、ピクルスを敷き、その上に卵を並べ、そして残りの挽肉を敷いて焼くといいと思います。

*にんじん、ピクルスのほか、グリーンピース、マッシュルームなど入れてもおいしいです。

email icon このレシピをメール送信する