鶏肉とキノコのシチュー

mant_01.jpg

うちの旦那さんが子供の頃、キノコは買うものではなく、森に採りに行くものだったそうです。おじいちゃんはキノコ狩りの名人で、うちの旦那さんもよく一緒にキノコ狩りに行ったそうです。もちろんパザール(市場)でマッシュルームは売っていたけれど、みんな野生のキノコの方がおいしいことを知っているので、キノコを採りに行ったらお互いに近所におすそ分けしたそうです。私たちも友達からおすそ分けのキノコをもらったことがあり、私はそのときに初めて野生のキノコを食べたのですが、こんなにおいしいものなのかと感動しました。

今年の夏にブルガリアに行ったとき、一回ぐらいキノコ狩りに行こうと思っていたのですが行かずじまいでした。日本へ帰る前に、乾燥のマナタルキ(日本名:ヤマドリタケあるいはポルチーニ)がパザールで売られていたことを思い出し、フレッシュのマナタルキは食べれなかったけれど、せめて乾燥のマナタルキを食べようと買い求めました。

今回ご紹介する「鶏肉とキノコのシチュー」は、鶏肉とマッシュルームなどのキノコを白ワインで煮込んだものです。今回は乾燥マナタルキを使って作ってみました。(キノコの種類によってはアルコールとの相性が悪いものもあるので注意してください。)

ブルガリアのシチューを作ると、こんな少ない材料でよくこんなにコクがでるなあといつも思います。鶏肉とキノコを30分ほど煮るだけでできる簡単シチュー、作ってみませんか?付け合わせのバターライスと一緒にお試しくださいね。

「鶏肉とキノコのシチュー」のレシピ(3~4人分)

(пиле с гъби)

《参考》
全量のカロリー: 1250kcal

材料:

  • 鶏胸肉かもも肉(皮なし) 2枚 (500g)
  • タマネギ 中半個 (100g)
  • 油 大匙3~4
  • マッシュルーム 1パック (150g) あるいは乾燥マナタルキ(乾燥ポルチーニ)25g
  • 白ワイン あるいは 清酒 50ml
  • 塩 小匙1/3
  • 黒胡椒 少々
  • バター 大匙1

作り方:

  1. 鶏肉は一口大に切ります。
  2. タマネギはみじん切りにします。マッシュルームはスライスにします。乾燥マナタルキ(ポルチーニ)を使う場合は15分ほど水につけて柔らかくし、ざるに上げておきます。
  3. フライパンに油を引いて中火で熱し、タマネギ、鶏肉、マッシュルームを順に入れて炒めます。
  4. 白ワイン、塩、胡椒を加え、軽く混ぜて、蓋をして、弱火で水分がほとんど無くなるまで(約30分)煮込みます。
    *底を焦がさないようにたまにかき混ぜてください。
  5. 最後にバターを入れてよく混ぜたら出来上がりです。

*白ワインの代わりにお酒を使っても作れますが、料理酒は塩が入っているので、味付けの塩は少し減らした方がいいかもしれません。

「バターライス」のレシピ(3~4人分)

《参考》
全量のカロリー: 1240kcal

材料:

  • 米 1と1/2カップ (270g)
  • バター 大匙3
  • 塩 少々

作り方:

  1. 米は洗ってざるで水を切っておきます。
  2. フライパンを弱火で熱してバターを溶かし、米を入れてよく炒めます。
  3. 水380mlと塩を加え、蓋をして、水分が無くなるまで煮たら出来上がりです。(約20分)
    あるいは、水、塩を加えて混ぜてから炊飯器に移しかえて、炊飯器でお米を炊くように炊きます。
email icon このレシピをメール送信する