鶏肉とジャガイモのブイヨン煮込み

ブルガリアでは、鶏肉料理と言えば鶏1羽を使って料理をすることが多いようで、ちょっと古い料理本を見ると、鶏1羽を使ったレシピが非常に多いことに気がつきます。最近では日本と同じようにお肉は部位ごとに分けて売られていますが、十数年前までは1羽を買ってきて丸ごとあるいは自分で切り分けて料理に使うことが多かったようです。

「鶏肉とジャガイモのブイヨン煮込み」も本来は鶏1羽を使ってブイヨンを作り、そのブイヨンとお肉で作るのですが、今回は簡単に鶏もも肉を使って作ったブイヨン風スープと、そのスープを取ったお肉を使って作りました。

鶏もも肉だけでもスープにしっかり鶏の味が溶け出し、とてもおいしく出来上がりました。簡単ですのでぜひ作ってみてくださいね。

「鶏肉とジャガイモのブイヨン煮込み」のレシピ(4人分)

(пиле с картофи)

《参考》
1人分のカロリー: 550kcal

材料:

  • 鶏もも肉(皮付き) 2枚 (600g)
  • タマネギ 中1個 (200g)
  • トマト 中1個(200g) あるいは 缶入りトマト 200g
  • ジャガイモ 中3~4個 (400g)
  • 黒胡椒 少々
  • パセリ 少々(飾り用)
  • 油 大匙5

作り方:

  1. まずブイヨン風スープを作ります。
    鶏もも肉は皮付きのまま一口大に切り、800mlの水と一緒に鍋に入れ、水が沸騰するまでは中火で、沸騰した後は弱火にして30分ほど茹でます。
    この茹で汁がブイヨン風スープになります。
    鶏の皮を食べない場合は茹でた後少し冷めてから皮を取り除いておきます。
  2. 鶏肉を茹でている間に、ジャガイモは5ミリほどの薄切りにし、タマネギ、トマトはみじん切りにします。
  3. フライパンに油を入れて弱火~中火で熱し、ジャガイモを柔らかくなるまで(串を刺してすっと通るぐらいまで)表と裏を焼き、焼けたら別の入れ物に取っておきます。
  4. 同じフライパンと油を使ってタマネギと50mlほどの水を加えて中火で炒め、更にトマトを加えて炒めます。
  5. ジャガイモを戻し入れ、茹でた鶏肉、1.の茹で汁、塩小匙1を入れて軽く混ぜ、その後は混ぜたりせずにそのまま10分弱火で煮込みます。味見をして塩が足りなければ足します。
  6. お皿に盛り付け、黒胡椒、パセリを振りかけて出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する