「カチャマック」を食べる!

dsc_0011.jpg

うちの旦那さんがず~っと食べたがっていた「カチャマック」。とうもろこしの粉を沸騰したお湯に入れて練り上げた食べ物―――そう聞いていた私はぜんぜん作ってみようという気にはなれませんでした。でもどうしても食べたくなった旦那さんが自分で作ると言って作ってくれたので、私も食べてみました。

練りあがったとうもろこしの粉の間にシレネ(ブルガリアの白いチーズ)を挟んで溶かしバターをかけ、上に『プルシュキ』という、豚の脂身を揚げたものをトッピングして食べます。ちなみにプルシュキはオプショナル。これをトッピングすることによってちょっとご馳走になるようです。

カチャマック自体の味は茹でたパスタのようで、そこにチーズ、バター、豚の脂身の濃厚さと塩味が加わります。プルシュキも豚の脂身を揚げたものと聞いていたので、私がずっと避けていた食べ物です。実際に食べてみると、カリッとしていておいしい!

出来上がった「カチャマック」を、うちの旦那さんは懐かしそうに、そしておいしそうに食べていました。ブルガリア人にはとても人気がある料理(?)のようです。私はと言うと、シレネでなくカッテージチーズで作ったせいもあるかもしれませんが、普通に食べれるけれどすごくおいしい!とまでは思いませんでした。でも、あと数回食べたら大好きになっている予感がする食べ物です。

「カチャマックとプルシュキ」のレシピ(4~5人分)

(качамак с пръжки)

材料:

  • コーンミール 200g
  • シレネ、カッテージチーズ、あるいはフェタチーズ 200~400g
  • 塩 小匙1
  • バター 100g
  • 豚脂身(ばら肉の脂身の多いところ) 300g

作り方:

  1. 大きめの鍋に水1200mlと塩小匙1を入れて沸騰させます。
    *カッテージチーズを使う場合は塩は少し多めに入れてください。
  2. コーンミール全量を一気に加えます。
    dsc_0005.jpg
  3. コーンミールの真ん中にフォークなどで穴を開け、混ぜずにそのまま弱火で20分沸騰させます。
  4. コーンミールを茹でている間にプルシュキを作ります。
    豚肉を一口大に切り、多めの塩を全体に刷り込みます。
  5. フライパンを中火にかけて豚肉を入れ、時々混ぜながら10分ほど火にかけます。
    dsc_0007.jpg
    豚肉の脂が半分ぐらい溶け出して肉がかりっとなったら火を止めます。
  6. コーンミールは20分沸騰させた後鍋を火から下ろし、すりこぎか麺棒で水分がなくなり固めのマッシュポテトのようになるまで、10分ほど練り続けます。
  7. お皿にできあがった6.の半量を入れて平らにし、その上にチーズを載せ、溶かしたバター半量を回しかけ、その上に残りの6.を載せて平らにし、5.の豚肉を載せます。
    その上に残りの溶かしバターをかけて出来上がりです。
    ケーキのようにナイフで切り分けて食べます。

*溶かしバターの代わりにプルシュキを作るときに出る油をかけたり、またはバターとプルシュキの油両方をかけたりするようです。

*伝統的な作り方では、とうもろこしの粉を1時間半煮て、その後40分練るそうです。

email icon このレシピをメール送信する