ズッキーニのビュレック

dsc_0008.jpg

ブルガリアへ来てからほとんどブルガリア料理を作っていませんでしたが、少し前に買ったズッキーニを早く食べた方がいいと思って、家にある材料でできるものを考えたら、この「ズッキーニのビュレック」になりました。

以前紹介したことのある「チュシュキ ビュレック」はピーマンにシレネ(ブルガリアの白いチーズ)を詰めて作りましたが、今回はズッキーニをスライスしたものにシレネを挟んで作ります。

ブルガリアのズッキーニは日本で普通売っているズッキーニよりもかなり大きく、1本400gにもなります。

シレネを使う料理を作るとき、我が家ではよくカッテージチーズで代用していましたが、こちらへ来てシレネを使って作ると、やはりシレネを使って作った方が断然おいしいです。できればカッテージチーズではなく、シレネかフェタチーズを使って作ることをお勧めします。

~ ブログランキングに参加中。クリックしてもらえたら励みになります。 ⇒

「ズッキーニのビュレック」のレシピ
(тиквички бюрек)

材料:

  • ズッキーニ できれば大きめのもの 400g
  • シレネ、フェタ、あるいは カッテージチーズ 70~100g
  • 卵 1~2個
  • パセリ 少々(なくてもOK)
  • 小麦粉 大匙2~3ぐらい

作り方:

  1. ズッキーニは8ミリぐらいの厚さにスライスします。
  2. フライパンに油を多めに入れて中火で熱し、ズッキーニを並べて両面を少し焦げ目が付くぐらいまで焼いて、ペーパータオルを敷いたお皿に取っておきます。
  3. ボウルにチーズを入れて、シレネ、フェタの場合はよく潰して、カッテージチーズの場合は塩少々を加えて、そこに溶き卵半個分ぐらいと細かく刻んだパセリを加えてよく混ぜ合わせます。チーズと溶き卵がちょうど混ざるぐらいに、チーズの種類によって卵の量を調整します。(卵が多すぎると柔らかすぎて挟みにくいです。)
  4. ズッキーニ2枚の間に3.のチーズを挟みます。あまりたくさんチーズを入れて挟むとチーズがはみ出してしまうので注意してください。
  5. フライパンに多めの油を入れて中火から強火で熱し、4.のチーズを挟んだズッキーニに小麦粉を全面にまぶし、余分な粉を落として溶き卵にくぐらせ、フライパンに並べて両面を焼きます。
    きつね色に焦げ目が付いたら出来上がりです。

*5.のフライパンで焼くときに、溶き卵にくぐらせずに小麦粉だけ付けて焼いてもおいしいです。私の場合、卵が足りなくなったら小麦粉だけまぶして焼いてしまいます。