魚の野菜ソース添え

ブルガリアにしばらくいると、肉料理よりも魚料理が食べたくなり、レストランに行くとよく魚料理を注文しました。そのときに食べた料理の一つによく似ているのが、今回ご紹介する「魚の野菜ソース添え」です。

コーンフラワーをまぶしてソテーした魚を、トマトとピーマンを煮込んで作ったソースの上に載せてオーブンで焼くだけの簡単料理です。今回はブルガリアでよく使う海の魚、鯖を使いましたが、白身の魚で作ってもおいしいと思います。

新鮮な魚はお刺身、塩焼きにすればおいしいですが、たまにはこういった魚料理もいいかもしれません。ご飯にも合います。どうぞお試しください。

「魚の野菜ソース添え」のレシピ(2人分)

(скумрия с доматен сос)

《参考》
1人分のカロリー: 410kcal(鯖を使用した場合)

材料:

  • 魚(白身の魚、鯖など) 切り身 2枚 (250~300g)
  • コーンフラワー (なければ片栗粉か小麦粉) 大匙1ぐらい
  • にんにく 1片
  • トマト 小半個 (80g) か 缶入りトマト 80g
  • ピーマン3個 (100g)
  • 白ワイン あるいは 清酒か料理酒 大匙1
  • 油 大匙2
  • 塩 少々
  • 黒胡椒 少々

作り方:

  1. 魚は皮が付いている場合は取り除き、軽く塩を振っておきます。
  2. にんにくはみじん切りに、トマト、ピーマンは細かく刻んでおきます。
  3. フライパンに油を入れて中火で熱し、コーンフラワーをまぶした魚の切り身を両面に焦げ目が付くまで焼き、別の入れ物に取っておきます。
  4. 同じフライパンでにんにくを炒め、更にピーマン、トマトを入れて炒めます。野菜に火が通ったら塩胡椒で味付けし、耐熱容器に移して底に薄く敷きます。その上に魚を載せ、上から白ワイン(酒)をかけ、200度に予熱したオーブンで10~15分ほど焼いて出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する