ソフィアの町 歩いて一周

oap_0709.jpg

この巨大な建物は、National Palace of Culture (国立文化宮殿)、通称「エンデカ」。共産時代にブルガリア建国1300年を記念して建てられました。ここではコンサートや催し物が行われます。周りは公園になっていて、ベンチに座っておしゃべりする人やスケートボードを楽しむ若者たちが見られます。

oap_0705.jpg

ソフィアで一番人気があり、買い物客でにぎわう「ヴィトシャ通り」。以前は車も通っていましたが、今は歩行者、自転車、そしてトラムカー(路面電車)のみが通行可能です。

oap_0704.jpg

ヴィトシャ通りにはたくさんのカフェがあり、自動車が通らなくなってから、お店がかなり道路の部分まで突き出て来ています。たくさんの人がお茶、お酒を飲みながらおしゃべりを楽しんでいます。

oap_0702.jpg

ヴィトシャ通りから脇に入った道の様子。

oap_0701.jpg oap_0700.jpg

ソフィア裁判所。

pap_0694.jpg

国立ソフィア大学の神学課の建物。赤い模様の部分はタイルでできていて、派手ではないけれども上品な美しさを感じます。

pap_0690.jpg

聖ネデリャ教会。

pap_0687.jpg

これは、ソフィアで一番古い建物でローマ時代の遺跡。そしてその遺跡の上に建てられた聖ゲオルギ教会。四方をシェラトン(ホテル)と大統領府の建物に囲まれています。

pap_0817.jpg pap_0821.jpg pap_0815.jpg

大統領府の衛兵。

pap_0816.jpg

ちょうど衛兵の交代の時間で、離れたところから写真を撮っているつもりでしたが、気が付くと目の前に衛兵が向かって来ていて、慌てました!慌てて逃げる私たちを見て、衛兵の人たちは笑ってはいけないはずなのに笑っていました。

pap_0808.jpg

以前の共産党本部。立派な建物ですね。今はブルガリアの国会議員の事務所になっています。屋根の上にブルガリアの国旗が掲げてありますが、共産時代にはガラスでできた赤い星が飾られていて、夜には点灯されたそうです。

pap_0799.jpg

こちらは、現在は国立民族博物館と美術館になっていますが、元は国王が住む宮殿でした。共産主義国となってから、宮殿を目立たなくするためにわざと隣に巨大な共産党本部を建てたということです。

pap_0784.jpg

ブルガリアホテル。ブルガリア人建築家2人の設計によって1937年に建てられたモダニズムの代表的建物です。それを取り壊して新しい建物を建てる計画があったそうですが、ブロガーと建築家たちの反対によって、今のところ取り壊さないことになっているようです。

pap_0787.jpg

聖ニコライロシア教会。

pap_0780.jpg

アレキサンダーネフスキ教会。写真ではわかりませんが、屋根の部分が昼間は太陽に照らされて、きらきら金色に輝いてとてもきれいです。

pap_0778.jpg

Holy Synod、ブルガリア正教の全教会を管理するところらしいです。

pap_0771.jpg

ブルガリア科学アカデミー。

pap_0776.jpg

ブルガリアの国会。

pap_0764.jpg

公園とそこから見えるアレキサンダーネフスキ教会。

pap_0768.jpg

国立ソフィア大学。すごく立派な建物です。

pap_0763.jpg pap_0753.jpg pap_0766.jpg pap_0761.jpg pap_0759.jpg

ブルガリア国立図書館。ブルガリアで使われているキリル文字。その文字を発明したギリシャ人兄弟の彫像が前に立っています。

pap_0757.jpg

図書館の向かいにある美術アカデミー。この建物も取り壊される話が持ち上がっているようです。

pap_0756.jpg

地下道にあった本屋さん。本がびっしり詰まっています。

pap_0750.jpg

露土戦争後、自治公国となったブルガリアへ派遣されて初代ブルガリア公となったアレキサンダー・バッテンベルグのお墓。

pap_0749.jpg

セキュリティーのおじさんが、コーヒー代と引き換えに中を見せてくれるというので、思わず2レバ(180円)払ってしまいました。

pap_0746.jpg pap_0732.jpg

よく行くレストラン、Mahaloto。夕飯はここのテラス席でいただきました。

pap_0737.jpg

そこで注文した料理を少し紹介します。これは鶏肉とマッシュルームのクリームソース。多分、みじん切りのタマネギと鶏肉、マッシュルームを炒めて生クリーム、塩コショウで味付けしたもの。この組み合わせはとてもおいしいです。

pap_0736.jpg

そしてトラウト(ニジマス)のフライ。クルミがフライによく合っています。魚が食べたくなったときこれをよく注文します。そのままだと油っぽいので注文するときによく油を切ってとお願いします。

pap_0739.jpg

食事をしていると必ず登場する猫たち。この日はまじめな顔をしたこの一匹だけでした。レストランの人たちも一応猫を追っ払おうとしますが、顔は笑っていて本気ではないのがよくわかります。

pap_0729.jpg

そして、夜のソフィアの町。所々ライトアップされて、昼間とはまた違って静かで幻想的です。実はここからソフィア2周目。

pap_0723.jpg pap_0725.jpg pap_0722.jpg pap_0721.jpg pap_0718.jpg pap_0716.jpg pap_0712.jpg

ソフィアはそれほど大きくないので歩いて一周できます。今回は主にソフィアの有名な建築物を紹介しました。

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!