トロヤンの僧院

atrga_0004.jpg

先週、ほとんど行ったことのないブルガリア中部をいろいろ見て回ろうと、ソフィアを車で出発しました。

ブルガリアの田舎の風景を堪能したかったので、あえて高速道路を使わずに普通の道を走ることにしました。

atrga_0007.jpg atrga_0010.jpg atrga_0011.jpg

一人の女性が羊とヤギを連れているところに遭遇しました。最近では男の人が外に働きに出ているので、女の人が羊やヤギの世話をすることが多いようです。

atrga_0012.jpg

羊たちがどうどうと道を歩くので、車の方がよけて通らなければなりませんでした。

しばらくすると、トロヤンという町に到着しました。ここは焼き物とラキヤというお酒で有名な町ですが、「トロヤンの僧院」という看板が見えたので、僧院に寄ってみることにしました。

atrga_0015.jpg atrga_0016.jpg

日本ではお寺へ行けばお線香を上げますが、こちらではろうそくを捧げます。写真の右側に見えるようにろうそくを立てるところがあって、上段には生きている人のためにろうそくを捧げ、下段には死んだ人のためにろうそくを捧げます。私もろうそく2本を買って、上段、下段にろうそくを捧げました。

atrga_0017.jpg

この僧院に住みついている猫。

atrga_0021.jpg

僧院の壁や天井に描かれていたフレスコ画。聖書の中のお話や聖人が描かれています。

atrga_0022.jpg atrga_0025.jpg

建物に入る入り口のすぐ横の壁には鎌を振る死神が描かれていました。悪いことをすれば死神に連れて行かれるから悪いことをしないようにと人々に教えているのでしょうか。

atrga_0026.jpg atrga_0028.jpg

この壁に描かれたライオンはブルガリアの強さ、象はその穏やかさを表現しているそうです。

atrga_0029.jpg atrga_0032.jpg

こじんまりした感じの僧院でしたが、たくさんの人が訪れお祈りしていて、とても神聖な場所に感じられました。

ここからまた田舎道が続きます。

atrga_0037.jpg

田舎ではよく馬車が農作業に利用されています。車がすごいスピードを出して通る道でも馬車はのんびりと通っていきます。

atrga_0040.jpg

ひまわり畑は一面が黄色に輝きとてもきれいでした。ひまわりの種はブルガリアでよく料理用として使われるひまわり油の原料になります。

atrga_0073.jpg

七面鳥が道に放し飼いにされていました。

atrga_0075.jpg

この後、ガブロヴォという町を目指します。

⇐ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!