ブルガリアからのおみやげ

dsc_0009.jpg

ブルガリアから何をおみやげに買って帰ったらいいのか、毎回ブルガリアへ行くたびに迷います。いつもは蜂蜜、サラミなど、食べ物を買って帰ることが多いのですが、今回は特にブルガリアの田舎めぐりをしたときに見つけたものを買って帰りました。

キリムの町「コテル」から小さめのキリム。普通ブルガリアで売られているキリムは赤をベースにしたものなど、カラフルなものが多いのですが、うちの旦那さんが選んだのは白、茶色、薄茶色の地味なキリムでした。羊の毛を染色せずにそのまま使っているのでこのような色になります。コテルのキリム販売所で買いました。販売所が製作者から委託されて販売しているそうです。

そして、鳥の模様の付いた、キリムと同じ生地で作ったカバン。斜め掛けできるようになっていて、秋から冬にかけてカジュアルな服装に合いそうです。これは同じくキリムで有名な「チプロフチ」という村のキリム織りの女の人から買ったものです。

赤いフエルト製の室内履きは、ミシン刺繍が付いていてとてもかわいいです。コテルのキリム博物館の前で売られていました。この後、同じような室内履きを売っているおじさんに出会って「どう?」って言われたけれど、このおじさんのものは黒や紺のフエルト地に線が入っているぐらいの地味なものだったので、「ほかでもう買いました。」と言って買ったものを見せると、「それはトルコのだよ!」って怒られました。近くにトルコ人の村があってそこの人が作ったようです。そう言われても、私はトルコの室内履きの方がかわいくて気に入ったのだからしょうがないです。

その下のウールの手編みの靴下。手編みなのに500円ぐらいだったので買いました。とても暖かそうで、冬に履くのが楽しみです。ソフィアで手編みの靴下はこの倍以上の値段がしたと思います。こちらもコテルのキリム販売所で購入しました。

dsc_0016.jpg

続いてキッチン関係のもの。茶色の蓋付きの入れ物は、カヴァルマを作るときに使うギュヴェチェという小さな土鍋。パザール(市場)で購入。

そしてブルガリアのおろし金。丸いのが特徴です。家の近くの金物屋さんで買いました。

まな板はエタルで買ったもの。ブナの木でできていてとても硬くて丈夫です。同じくエタルで買った、長い棒のようなものは、バニツァを作るときに使う麺棒です。知らなければただの長い棒にしか見えません。バニツァ用の麺棒を持っていなかったので、見つけたついでに買いました。

手彫りの木製スプーンは、パザールの道端でおじさんが売っていて、思わず買ってしまいました。手作り品に弱い私です。

TS3E0938

ブルガリアはローズオイルの産地として有名で、ローズ製品がいろいろ売られています。ローズウォーターはブルガリアへ来ると必ず買って帰ります。化粧水代わりに使っています。日本で買うよりもずっと安いのですが、重いのでたくさん買えないのが残念です。ローズオイルのようにバラの濃厚な香りではなく、もっとやさしい香りがします。

初めて買ってみたローズウォーター入りメイク落としは、バラのやさしい香りがして、メイクを落とすと同時に癒されます。

どちらも薬局で買いました。薬局で買うのが一番安いと思います。他にも、シャンプー、フェイスクリーム、ハンドクリームなどのローズ製品があります。そんなに高くないのでいろいろ試してみると面白いです。

今度ブルガリアへ行くときには、もっと面白いものを見つけて紹介したいと思います。

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!