ブルガリアのクリスマスイヴ料理

クリスマスイヴがやってきました。以前にもお話したように、ブルガリアの伝統的なクリスマスイヴには、肉、魚、卵、乳製品などの動物性のものは一切食べず、植物性のもののみを口にします。

クリスマスイヴにどのように食事するかによって、次の年がどのような1年になるかが決まります。食卓には必ず7品以上の奇数の料理が用意され、更に蜂蜜、クルミ、タマネギ、にんにくを食卓に並べます。これらには魔よけの意味があるそうです。そして現在では難しいのですが、クリスマスイヴの料理には自分たちの畑で収穫した作物が使われます。

食事の際にはすべての料理が食卓に並べられ、家族全員同時に席に着き、食事が終わるまで一家の主人以外は席を立つことができません。食事が終われば家族一同一緒に立ち上がります。これは次の年に小麦がいっせいに伸びてよい小麦を収穫できるように、そして飼っている雌鶏が動いたりせずに卵をしっかり温めて雛がかえるように縁起を担いで行ったことのようです。

クリスマスイヴ用のパンにはイーストを使うことができません。パンは小麦粉、塩、植物性油とベーキングソーダで作ったとてもシンプルなもので、鳥や十字架などで飾り付けをします。パンの中には銀のコインがひとつ入っていて、コインが入った部分を取ることができた人は次の年幸運な1年を過ごすことができます。

そしてクリスマスイヴによく食べられる白いんげん豆を使ったスープ 「ノンオイルのボップチョルバ(白いんげん豆のスープ)」。こちらもとてもシンプルに、白いんげん豆とみじん切りにしたタマネギに塩、セイボリー、ミントで味付けしただけのスープです。自分たちの畑で収穫した豆の味を確かめるのにぴったりの料理かもしれません。

他にクリスマスによく食べられる料理といえば、リーキ(リーク、ポロ葱)の入ったバニツァ(小麦粉、水、油、塩、酢で作った薄い生地を使ったパイ)やサワーキャベツの入ったバニツァ、そしてかぼちゃの入った甘いバニツァ 「ティクヴェニック」があります。普通バニツァを作るときには生地に溶かしバターを塗りますが、クリスマスイヴにはバターの代わりに植物性油を使います。

今回作った野菜料理で特に気に入った一品は「ピーマンのマッシュルームライス詰め」。マッシュルームとタマネギの入ったご飯をピーマンに詰めて蒸し煮にしたもので、野菜だけでもこんなにおいしいものができるのだと実感しました。たくさんの雌鶏が生まれてくるのを願ってたくさんのお米が詰まったこの料理が作られます。同じように、トマトなどの野菜やハーブで味付けしたご飯をサワーキャベツで巻いて蒸し煮にした「サワーキャベツのサルミ」もクリスマスイヴによく食べられる料理です。

「ヴァレノ ジト(茹でた小麦)」という茹でた小麦を使った甘いデザートのようなものもよく食べられます。これを作るのに小麦がいるとうちの旦那さんに言われたときには、どういう小麦が必要なのかがわからず、ブルグル(挽き割り小麦)のことかと思ったのですが、ブルガリア語でこの小麦を『gruhano zhito(グルハノ ジト)』といい、これを直訳するとcracked wheat、つまり砕いた小麦のことだったのです。

日本ではこの小麦が手に入りません。それに近そうな食べ物、ブルグルもトルコやギリシャの食材を扱う通販で買うことができるようですが、今回はちょうど家にあったクスクスを使って作ってみました。

『グルハノ ジト(砕いた小麦)』を使って作る場合は、小麦を一晩水に浸けたり1時間煮たり数時間蒸らしたりと、結構面倒で時間がかかりますが、クスクスを使うとあっという間に出来てしまいました。クスクスを使って作った「ヴァレノ ジト(茹でた小麦)」の味のほうは本物と変わらないようで、小麦とクスクスの粒の大きさが違うこともあってか、食感だけが少し違ったようです。

最初に茹でた小麦を食べると聞いたときはお粥のようなものを想像していたのですが、砂糖、蜂蜜、くるみ、粉砂糖を加えて出来上がったものは、ちょっと和菓子にも似たような面白い味で病みつきになりそうなものでした。クリスマスイヴだけでなく、夏に冷たく冷やしてデザートとしても食べるようです。今回はシナモンで十字架を描いてみました。

その他、「オシャフ」というドライフルーツを柔らかく煮て、砂糖や蜂蜜で甘く味付けしたフルーツポンチのドライフルーツ版のようなものもクリスマスイヴによく食べるようです。

今年はブルガリアの伝統的クリスマスイヴの食事をしようと張り切っていた我が家ですが、朝からコーヒーに牛乳を入れて飲んでしまうわ、作ろうと思っていた料理の品数は時間が間に合わずに数品減ってしまうわで、来年一年がどんな年になるのかすでに目に見えてしまったかのようでした。

(クリスマスイヴ料理のレシピは後日公開します!!!)

ちょっとクリスマス気分?「リース型パン」

全くクリスマスの気配のない我が家。少しはクリスマスっぽくなるかとリース型のパンを焼いてみました。

以前ご紹介した少し甘めのパン「胡麻のゲブレック」をリース型に成形しただけですが、いつもの形よりもおいしそうに見えるので気に入りました。もう少し大きめに作ったらもっとリースっぽくなったかもしれません。

ところで、ブルガリアもキリスト教を主な宗教としているのでクリスマスをお祝いします。宗教的には、12月1日~19日はお肉は食べれないが、魚は食べることができ、12月20日~24日はお肉も魚も食べれず、植物性のものだけを食べることができます。そして25日のクリスマスにやっとお肉を食べることができるそうです。

現在ではこれをしっかり守っている人は少ないようですが、曾おばあさんがいた頃のうちの旦那さんの実家では、12月24日は植物性のものだけを口にし、25日にいつもよりたくさんのお肉を食べることができたそうです。

植物性のものだけでおいしい料理はできるのか?と不安に思いながら、今年はブルガリアのクリスマス料理に挑戦してみようと思っています。

シレネ(白いチーズ)作りに挑戦!

「マニアックやなあ~。」
先日、友達に会ったときにそう言われました。その友達は時々私のブログを覗いてくれているのですが、私のブログに対するコメントがこの言葉でした。

その時どうしてマニアックと思ったのか友達には聞かなかったのですが、シレネ(ブルガリアの白いチーズ)を作りながら、もしかしてこういうものを作るからマニアックって言われるのかと思いました。

ブルガリアでは安くておいしいシレネが簡単に手に入りますが、日本ではフェタチーズで代用できるけれどかなり割高です。どこででも売っている訳ではないし…。そこで今年の夏ブルガリアへ行ったとき、『シレネ用の酵母』というものをスーパーで見つけて買って来たので、それを使って初めてのシレネ(сирене)作りに挑戦しました。

ネットで作り方を調べましたが、さすがにブルガリアのレシピはあまり細かいことが書かれていません。今回一応チーズらしきものを作ることができましたが、思った以上に大変でした。

作り方を簡単に説明すると、

  1. 牛乳1リットルを37度に加熱する。
  2. シレネ用の酵母を2~3滴とヨーグルト大匙2~3を入れて混ぜる。
  3. 牛乳の温度を37度に保ちながら3時間置いておく。
  4. ゼリー状になったらナイフで縦、横に切る。
  5. 牛乳の温度を37度に保ちながら更に2~4時間置いておく。
  6. 牛乳が分離したら布袋に入れて吊るして2時間水を切る。
  7. 3時間ほどまな板などに挟んで更に水分を出す。
  8. 入れ物に入れて表面にたくさんの塩をまぶして36時間置いておく。
  9. 表面の塩を取り除いて出来上がり。

豆腐を手作りされたことがある方は気づかれたと思いますが、チーズと豆腐の作り方って本当によく似ています。ブルガリア人が豆腐をチーズの一種のように売っているのも納得できます。でも食べ方や味はぜんぜん違いますよね…

出来上がったチーズをうちの旦那さんに味見してもらうと、ちゃんとシレネの味がしているとのことでした。こんなに作るのが大変だったのに、出来上がったチーズの量は200g弱。労力を考えたら買ったほうが安いのかもしれません。でも作り方や道具を工夫すればもっと楽に作ることができるかもしれないし、まだまだ改良の余地ありと思っています。うまく出来たらちゃんとレシピとして紹介したいと思います。(作ってくれる人はいないと思いますが…)

ところで、今回チーズを作るときに牛乳の温度を保つのに土鍋を使いました。土鍋は一度温まると本当になかなか温度が下がらないようです。最初に牛乳の温度を37度にしたかったのに、あっという間に50度以上になってしまい、40度以下に温度を下げるのに蓋を開けたまま30分ほど待つことになりました。土鍋はやはり保温性が高いです。

ゼリー状になるはずの牛乳は少しどろっとなっただけ、その後分離はしたけれど、分離したものはもっと粗くならないといけないのにすごく細かい。だから水を切るのに倍ぐらいの時間がかかりました。買ってきたチーズ用酵母は液体の物で、パッケージをよく見ると有効期限は今年の7月まで。そして冷蔵庫に保存しないといけないのに、日本まで持って来るまでの間冷蔵保存はできませんでした。酵母(?)はかなり弱っていたと思います。

布袋がなかったのでざるの上に水に強いキッチンペーパーを敷いたものを使用しました。水切りヨーグルトを作るのにこの方法は有効ですが、今回のチーズ作りには不向きなようです。キッチンペーパーを破かないようにチーズを取り除くのは大変でした。

これだけやって大成功だったらよかったのですが、まあまあという出来なのがすごく残念でした。今度いつ作るかわかりませんが、次回作るときにはもっと手軽な方法を見つけたいです。

それにしても、ブルガリアのスーパーでこのシレネ用の酵母が売っているということは、家でチーズを作っている人が結構いるということでしょうか?おいしい絞りたての牛乳があれば自分で作りたくなるのかもしれませんね。

ブルガリアの結婚式

wed_032.jpg

(実際の結婚式の日からだいぶ経っていますが、)いよいようちの旦那さんのはとこの結婚式の日がやって来ました。

式は夕方からでしたが、お昼を食べてしばらくすると、新郎、そして新郎のご両親とお兄さんが、車で私たちの家まで迎えに来てくれました。

結婚式で私は着物を着ることになっていたので、朝から美容院へ行ったり、その後はすばやく昼ごはんを済ませて着物に着替えたりと大忙しでした。しかも、ほとんど着物を着たことがないので、日本で1時間ほど母から着物の着方やたたみ方を教えてもらい、それを写真に収め、当日は旦那さんに手伝ってもらって、写真を見て思い出しながら、どうにか着物を着ることができました。

新郎家族と一緒に向かったのは新婦の家です。新郎の付添人、クム(うちの旦那さん)、クマ(私)は、新郎が新婦の家へ行き、新婦の家族から新婦を奪って来るのを手伝います。新婦の家の呼び鈴を鳴らすと、新婦の弟が出てきましたが、ドアを閉めてしまいました。姉が欲しければそれに見合ったお金を払わないと中には入れないと言われ、新郎は弟さんが持ってきた新婦の靴にお金を少しずつ詰めていきます。そうしながら、クムと一緒にドアを開けて中に入ろうとします。押し問答の末、やっとドアを開けてもらえて中に入ることができました。

家に入れてもらうと、新婦やその家族が部屋で迎えてくれました。クマである私は新婦にブーケを手渡しました。それから今度は新婦が新郎、クム、クマ、新郎の家族、自分の家族に小さなブーケを付けてくれました。その後はみんなお茶を飲んだり食べ物をつまんだりして、結婚式までの時間を過ごしました。

教会での結婚式の時間になり、教会に到着すると、すでにたくさんの人たちが新郎、新婦を待ち構えていました。結婚式の参列者たちが教会に入った後、教会の中からコーラスが聞こえ始め、それを合図に牧師さん2人、それに続き新郎新婦、そして私たち夫婦、新婦の姪甥の順に教会に入りました。

wed_042.jpg (教会の祭壇前のテーブルに置かれたもの。 左:結婚式の後教会の入り口から外に向かって撒かれるお金(コイン)、飴、お米を包んだものが入ったバスケットとお皿、中央:ワインの入ったグラス、(多分)聖書、そして式で新郎、新婦がかぶる冠、右:新郎のお母さん手作りのパン、蜂蜜、十字架)

コーラスが終わると、牧師さんが話を始めますが、それもコーラスの延長のように歌うように話をします。話し終わるとまたコーラスが始まり、そしてまた牧師さんの歌のようなお話となり、結婚の儀式というよりも歌を聴きに来たようで、とても素適で聞き入ってしまいました。

新郎、新婦の指輪の交換が行われ、それに続いて今度は冠の交換をしました。冠をかぶることによって一時的に結婚のこのときだけ新郎、新婦は王と王妃になれるそうです。

wed_061.jpg

この後牧師さんの後に付いて、新郎新婦、私たち夫婦、新婦の甥姪が、祭壇の前に置かれたテーブルの周りを3週回ります。そうして教会の中での儀式は終了しました。

結婚式の参列者たちが先に教会の建物の外に出て、私たちはまた牧師さん、新郎新婦の後ろに続いて教会の建物の入り口に向かいました。外に向かって立ち、クム(私)がバスケットに入ったコインの包みを新郎新婦の頭の上を越えるように、外にいるみんなをめがけて撒き散らします。この包みを拾った人も幸運を得ることができるので、たくさんの人たちが一生懸命拾いに来ました。

そして教会のテーブルにおいてあったグラスワインを新郎、新婦が飲み干して、教会での結婚式が無事に終わりました。

それから披露宴の行われるホテルに移動して、まずホテルのお庭で記念撮影が行われました。夜7時になるとみんな宴会場に移動して披露宴が始まりました。

TS3E0926

披露宴のテーブルの並べ方は日本のホテルでの披露宴のものと似ていました。一番前に新郎新婦の席があり、そのすぐ隣が私たちクム、クマの席です。宴会場の真中はステージのようになっていて、ケーキを切り分けたり踊ったりする場所になりました。

そのステージで、新郎のお母さんが、自分が焼いたパンを新郎新婦に食べさせてあげます。一口目は塩を付けて、もう一口目は蜂蜜が付いたものです。結婚すればつらいことがあるけれど、その後には楽しいことがあるということを教えてくれます。

wed_121.jpg

また、新郎と新婦が背中合わせに立ち、頭の上に伸ばした2人の両手に、新郎のお母さんが焼いたもう一つのパンをクムが渡します。それを新郎、新婦が自分の方へ引っ張ってちぎり取ります。パンをたくさんちぎり取った方が家庭の実権を握ると言われています。

wed_124.jpg

それが終わると今度は、新郎新婦がケーキを切り分け、まず新婦がクムにケーキを食べさせてあげて、そして新郎がクマにケーキを食べされてくれます。そのお返しに、クム、クマが新郎新婦にケーキを食べさせてあげます。その後新婦が披露宴に来ている独身の男性に食べさせてあげます。このケーキを食べたら結婚できると言われているからです。

wed_133.jpg wed_139.jpg

そして、みんなが楽しみにしている「ホロ」と呼ばれるダンスを踊りました。ホロはブルガリアのフォークダンスで、みんなで手をつないで踊ります。ホロの先頭でみんなをリードするのはクムですが、うちの旦那さんはホロが踊れません。でも何とかみんなを引っ張って踊っていました。横に踊れる人が来るとその人の真似をして踊ればいいのですが、私の右も左も踊れない人だったので、ただ手をつないで引っ張られてくるくる回っているだけになってしまいました。でも一生懸命一番近くにいたホロの上手な女の人のステップを真似て何度か踊っているうちに、一番簡単なステップをマスターすることが出来ました。踊れるようになると本当に楽しくなりました。

wed_118.jpg

踊るのはホロだけではありません。60年代、70年代のなつかしの曲がかかると、年配の男の人、女の人たちが出てきて本当に楽しそうに踊ります。ブルガリア人がこんなに踊り好きとは知りませんでした。

TS3E0931

ホロが終わると、やっとゆっくり食事をいただいたり、他の来賓の方たちと話をしたり、少しリラックスして楽しむことができました。披露宴では食事やホロがあるので洋服に着替えていたのですが、教会での結婚式で着物を着ていたおかげで、披露宴ではたくさんの人から声をかけてもらうことができました。こんなにたくさんの人が着物に興味を持ってくれるとは思っていませんでした。

TS3E0923 (一番上:ショプスカサラダ、左:スネジャンカ、右:ロシアンサラダ、真中:キョポオル、下:オリーブ、焼きズッキーニ)

TS3E0933 (上:チキンのクリームソース掛け、下:ポテトの重ね焼き)

この後、新郎新婦はみんなのテーブルを回ってお祝いの品やお金を集めていました。宴は夜中の12時まで続き、くたくたになって、この日のクム、クマの役目が終了したのでした。

家に帰ってから、結婚式で牧師さんが教会で何を言っていたのかをうちの旦那さんに聞いたのですが、やっぱりブルガリアの教会で結婚式を挙げなくてよかったと思いました。なぜなら、神様の前で、新婦は新郎の奴隷となることを誓わなければならなかったからです。

いくら儀式でも、夫の奴隷にはなりたくありません!

wed_036.jpg wed_053.jpg wed_112.jpg

(ブルガリアのかわいい女の子たち。小さな女の子はどちらも天使ちゃんと呼ばれてました。素適なドレスを着こなしているお人形さんのような女の子はまだ14歳です。)

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!

花嫁さん側主催パーティー

TS3E0905

旦那さんのはとこの結婚式が行われる日の2日前の夕方、今度は花嫁さんの実家の田舎の家でBBQパーティーをすると言われ、いつものブルガリアの田舎の家でやるようなBBQを想像して、ジーンズにTシャツという姿で旦那さんと出かけました。山の上にある家なので夜は寒いから着込んで来てねと言われて車にウィンドブレーカーを積み込み、ソフィアから車で20分の山の中にある村に到着しました。

村に着いてから電話をして正確な場所を教えてもらい、村の中心から川に沿って上って行けば着くと言うので、川沿いのでこぼこ道を車でガクン、ガクンなりながら上っていきました。

上り始めの頃はブルガリアによくある一戸建ての家々が並んでいましたが、上って行くにつれ大きな家が立ち並ぶようになり、とうとう田舎の家というよりどう見ても大邸宅にしか見えない大きな家の前に到着しました。家の中から花嫁さんの弟さんが出てきて、私たちはそこが目指していた田舎の家だとわかりました。

家の門をくぐり、案内されて向かった庭はとても広く、きれいにデコレーションされたテーブルや椅子が並んでいました。田舎の家でのBBQパーティーと聞いていたのに、そこはまるで外国の映画に出てくる屋外での結婚パーティーの会場のようでした。大邸宅と広い庭を見て初めて、花嫁さんの実家がブルガリアでかなりのお金持ちだということに気づいたのでした。

花嫁、花婿さんの家族や親戚がどんどん集まってきました。総勢40名ほどで、大部分の人はシャツにズボンかスカート、またはワンピース姿で、ジーンズを穿いていたのは私たち夫婦2人と花婿さんの海外からの友達ぐらいでした。

この日のために特別に呼んだのであろうプロのコックさんが炭火で肉や野菜を焼き、ウェイター、ウェートレスさんが給仕してくれました。BBQ以外にサラダ、サラミ、チーズなどの盛り合わせ、そしてデザート、飲み物が用意されていました。

TS3E0912 TS3E0911 TS3E0908 TS3E0910

ほとんど知らなかったたくさんの旦那さんの親戚にも会えてとても楽しかったのですが、山の中の夜は想像以上に寒くて、セーターを借りたりウィンドブレーカーを着てがんばったのですが、辺りが暗くなる頃には凍えていました。その上、この頃ブルガリアで流行っていたウィルスのせいでおなかの調子が悪くなり、花婿の付添人であるクム、クマはパーティーの最後まで残っていなければならないにもかかわらず、みんなが帰る頃に一緒に帰らせてもらいました。

今回のBBQパーティーはブルガリアで普通に行われるパーティーではないと思いますが、ブルガリアの新たな一面を見ることができ、とても興味深い体験ができました。実際の結婚式はどんなに素適なものになるのか、ますます楽しみになったのでした。

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!