ブルガリアの結婚式

wed_032.jpg

(実際の結婚式の日からだいぶ経っていますが、)いよいようちの旦那さんのはとこの結婚式の日がやって来ました。

式は夕方からでしたが、お昼を食べてしばらくすると、新郎、そして新郎のご両親とお兄さんが、車で私たちの家まで迎えに来てくれました。

結婚式で私は着物を着ることになっていたので、朝から美容院へ行ったり、その後はすばやく昼ごはんを済ませて着物に着替えたりと大忙しでした。しかも、ほとんど着物を着たことがないので、日本で1時間ほど母から着物の着方やたたみ方を教えてもらい、それを写真に収め、当日は旦那さんに手伝ってもらって、写真を見て思い出しながら、どうにか着物を着ることができました。

新郎家族と一緒に向かったのは新婦の家です。新郎の付添人、クム(うちの旦那さん)、クマ(私)は、新郎が新婦の家へ行き、新婦の家族から新婦を奪って来るのを手伝います。新婦の家の呼び鈴を鳴らすと、新婦の弟が出てきましたが、ドアを閉めてしまいました。姉が欲しければそれに見合ったお金を払わないと中には入れないと言われ、新郎は弟さんが持ってきた新婦の靴にお金を少しずつ詰めていきます。そうしながら、クムと一緒にドアを開けて中に入ろうとします。押し問答の末、やっとドアを開けてもらえて中に入ることができました。

家に入れてもらうと、新婦やその家族が部屋で迎えてくれました。クマである私は新婦にブーケを手渡しました。それから今度は新婦が新郎、クム、クマ、新郎の家族、自分の家族に小さなブーケを付けてくれました。その後はみんなお茶を飲んだり食べ物をつまんだりして、結婚式までの時間を過ごしました。

教会での結婚式の時間になり、教会に到着すると、すでにたくさんの人たちが新郎、新婦を待ち構えていました。結婚式の参列者たちが教会に入った後、教会の中からコーラスが聞こえ始め、それを合図に牧師さん2人、それに続き新郎新婦、そして私たち夫婦、新婦の姪甥の順に教会に入りました。

wed_042.jpg (教会の祭壇前のテーブルに置かれたもの。 左:結婚式の後教会の入り口から外に向かって撒かれるお金(コイン)、飴、お米を包んだものが入ったバスケットとお皿、中央:ワインの入ったグラス、(多分)聖書、そして式で新郎、新婦がかぶる冠、右:新郎のお母さん手作りのパン、蜂蜜、十字架)

コーラスが終わると、牧師さんが話を始めますが、それもコーラスの延長のように歌うように話をします。話し終わるとまたコーラスが始まり、そしてまた牧師さんの歌のようなお話となり、結婚の儀式というよりも歌を聴きに来たようで、とても素適で聞き入ってしまいました。

新郎、新婦の指輪の交換が行われ、それに続いて今度は冠の交換をしました。冠をかぶることによって一時的に結婚のこのときだけ新郎、新婦は王と王妃になれるそうです。

wed_061.jpg

この後牧師さんの後に付いて、新郎新婦、私たち夫婦、新婦の甥姪が、祭壇の前に置かれたテーブルの周りを3週回ります。そうして教会の中での儀式は終了しました。

結婚式の参列者たちが先に教会の建物の外に出て、私たちはまた牧師さん、新郎新婦の後ろに続いて教会の建物の入り口に向かいました。外に向かって立ち、クム(私)がバスケットに入ったコインの包みを新郎新婦の頭の上を越えるように、外にいるみんなをめがけて撒き散らします。この包みを拾った人も幸運を得ることができるので、たくさんの人たちが一生懸命拾いに来ました。

そして教会のテーブルにおいてあったグラスワインを新郎、新婦が飲み干して、教会での結婚式が無事に終わりました。

それから披露宴の行われるホテルに移動して、まずホテルのお庭で記念撮影が行われました。夜7時になるとみんな宴会場に移動して披露宴が始まりました。

TS3E0926

披露宴のテーブルの並べ方は日本のホテルでの披露宴のものと似ていました。一番前に新郎新婦の席があり、そのすぐ隣が私たちクム、クマの席です。宴会場の真中はステージのようになっていて、ケーキを切り分けたり踊ったりする場所になりました。

そのステージで、新郎のお母さんが、自分が焼いたパンを新郎新婦に食べさせてあげます。一口目は塩を付けて、もう一口目は蜂蜜が付いたものです。結婚すればつらいことがあるけれど、その後には楽しいことがあるということを教えてくれます。

wed_121.jpg

また、新郎と新婦が背中合わせに立ち、頭の上に伸ばした2人の両手に、新郎のお母さんが焼いたもう一つのパンをクムが渡します。それを新郎、新婦が自分の方へ引っ張ってちぎり取ります。パンをたくさんちぎり取った方が家庭の実権を握ると言われています。

wed_124.jpg

それが終わると今度は、新郎新婦がケーキを切り分け、まず新婦がクムにケーキを食べさせてあげて、そして新郎がクマにケーキを食べされてくれます。そのお返しに、クム、クマが新郎新婦にケーキを食べさせてあげます。その後新婦が披露宴に来ている独身の男性に食べさせてあげます。このケーキを食べたら結婚できると言われているからです。

wed_133.jpg wed_139.jpg

そして、みんなが楽しみにしている「ホロ」と呼ばれるダンスを踊りました。ホロはブルガリアのフォークダンスで、みんなで手をつないで踊ります。ホロの先頭でみんなをリードするのはクムですが、うちの旦那さんはホロが踊れません。でも何とかみんなを引っ張って踊っていました。横に踊れる人が来るとその人の真似をして踊ればいいのですが、私の右も左も踊れない人だったので、ただ手をつないで引っ張られてくるくる回っているだけになってしまいました。でも一生懸命一番近くにいたホロの上手な女の人のステップを真似て何度か踊っているうちに、一番簡単なステップをマスターすることが出来ました。踊れるようになると本当に楽しくなりました。

wed_118.jpg

踊るのはホロだけではありません。60年代、70年代のなつかしの曲がかかると、年配の男の人、女の人たちが出てきて本当に楽しそうに踊ります。ブルガリア人がこんなに踊り好きとは知りませんでした。

TS3E0931

ホロが終わると、やっとゆっくり食事をいただいたり、他の来賓の方たちと話をしたり、少しリラックスして楽しむことができました。披露宴では食事やホロがあるので洋服に着替えていたのですが、教会での結婚式で着物を着ていたおかげで、披露宴ではたくさんの人から声をかけてもらうことができました。こんなにたくさんの人が着物に興味を持ってくれるとは思っていませんでした。

TS3E0923 (一番上:ショプスカサラダ、左:スネジャンカ、右:ロシアンサラダ、真中:キョポオル、下:オリーブ、焼きズッキーニ)

TS3E0933 (上:チキンのクリームソース掛け、下:ポテトの重ね焼き)

この後、新郎新婦はみんなのテーブルを回ってお祝いの品やお金を集めていました。宴は夜中の12時まで続き、くたくたになって、この日のクム、クマの役目が終了したのでした。

家に帰ってから、結婚式で牧師さんが教会で何を言っていたのかをうちの旦那さんに聞いたのですが、やっぱりブルガリアの教会で結婚式を挙げなくてよかったと思いました。なぜなら、神様の前で、新婦は新郎の奴隷となることを誓わなければならなかったからです。

いくら儀式でも、夫の奴隷にはなりたくありません!

wed_036.jpg wed_053.jpg wed_112.jpg

(ブルガリアのかわいい女の子たち。小さな女の子はどちらも天使ちゃんと呼ばれてました。素適なドレスを着こなしているお人形さんのような女の子はまだ14歳です。)

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!