独身最後のパーティー

TS3E0904

先日、うちの旦那さんのはとこの結婚式で花婿の付添人(クム、クマ)を務めるという話をしましたが、結婚式の前に、花婿さんは男性だけで、花嫁さんは女性だけで、独身最後を楽しむためのパーティーを開くということで、クム、クマもこれらのパーティーに参加しなければなりませんでした。

こういったパーティーは、バチェラーパーティー(Bachelor Party)といって、アメリカの映画やTV番組でよく見かけますが、ブルガリアでもその影響を受けてこういったパーティーを開く人もいるようです。

うちの旦那さんと花婿さん、その友達、兄弟たちはどこかレストランで食事をしてその後バーに飲みに行くと言っていました。どんなバーかは知りませんが、帰りはかなり遅くなるということでした。

私たち女性のパーティーは花嫁さんの家で、花嫁さんの友人、親戚、お母さん、お姉さん、その娘さんも参加してのアットホームなパーティーでした。

海外で何かイベントがあるときに困るのが着ていく服装です。今回もこういった状況でどういった服装で行けばいいのかよくわかりませんでした。

ブルガリアでは銀行など金融関係や外資の大きな会社でないと、仕事の時でもスーツを着用することは少ないようで、夏には男の人はTシャツ、半ズボンにサンダルと言った「只今リゾート中」のような格好で仕事をしている人が多いです。そういったこともあって、ブルガリアではどういう状況でどういう服装をすればいいのか、本当にわかりません。悩んだ結果、無難に、正装でもなく、カジュアル過ぎず、という中途半端な格好で行きました。

花嫁さんは普段はカジュアルな服装をしていますが、この日のパーティーでは素適な黒の上下のパンツスタイルにジャケットを着ていました。他の人たちは、普段着より少し着飾っている感じの服装で、私と似たような服装でした。

パーティーは7時開始でしたが、7時半を過ぎてもまだみんな揃いませんでした。花嫁さんが、「ブルガリアではみんな時間通りには来ないのよ。たいてい1時間ぐらい遅れてくるの。」と言うので、私が、「じゃあみんなに6時からって言えばよかったね。」と言うと、「6時からって言っておいたんだけどね。」と花嫁さん。食事は8時頃にやっと始まりました。

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!

写真はその時に用意された食事です。サラミ、チーズの盛り合わせ、サルミ、ビーツとにんじんのサラダ、パン、ゆで卵、そして写真にはありませんが、デザートにチーズケーキでした。サラダは花嫁さんのお母さんが作ったもの、ゆで卵は放し飼いの鶏の卵で作ったもの、チーズケーキは知り合いのおばさんの手作りだそうです。立食パーティーのようなメニューですが、ブルガリアで誰かの家に呼ばれるとこういった料理にメインの肉料理が付くということが多いです。

今回はパーティーの簡単な報告だけとなりましたが、花嫁さんのお母さんが作ってくれたサラダがとてもおいしかったので、別の機会にその作り方を紹介したいと思います。