花嫁さん側主催パーティー

TS3E0905

旦那さんのはとこの結婚式が行われる日の2日前の夕方、今度は花嫁さんの実家の田舎の家でBBQパーティーをすると言われ、いつものブルガリアの田舎の家でやるようなBBQを想像して、ジーンズにTシャツという姿で旦那さんと出かけました。山の上にある家なので夜は寒いから着込んで来てねと言われて車にウィンドブレーカーを積み込み、ソフィアから車で20分の山の中にある村に到着しました。

村に着いてから電話をして正確な場所を教えてもらい、村の中心から川に沿って上って行けば着くと言うので、川沿いのでこぼこ道を車でガクン、ガクンなりながら上っていきました。

上り始めの頃はブルガリアによくある一戸建ての家々が並んでいましたが、上って行くにつれ大きな家が立ち並ぶようになり、とうとう田舎の家というよりどう見ても大邸宅にしか見えない大きな家の前に到着しました。家の中から花嫁さんの弟さんが出てきて、私たちはそこが目指していた田舎の家だとわかりました。

家の門をくぐり、案内されて向かった庭はとても広く、きれいにデコレーションされたテーブルや椅子が並んでいました。田舎の家でのBBQパーティーと聞いていたのに、そこはまるで外国の映画に出てくる屋外での結婚パーティーの会場のようでした。大邸宅と広い庭を見て初めて、花嫁さんの実家がブルガリアでかなりのお金持ちだということに気づいたのでした。

花嫁、花婿さんの家族や親戚がどんどん集まってきました。総勢40名ほどで、大部分の人はシャツにズボンかスカート、またはワンピース姿で、ジーンズを穿いていたのは私たち夫婦2人と花婿さんの海外からの友達ぐらいでした。

この日のために特別に呼んだのであろうプロのコックさんが炭火で肉や野菜を焼き、ウェイター、ウェートレスさんが給仕してくれました。BBQ以外にサラダ、サラミ、チーズなどの盛り合わせ、そしてデザート、飲み物が用意されていました。

TS3E0912 TS3E0911 TS3E0908 TS3E0910

ほとんど知らなかったたくさんの旦那さんの親戚にも会えてとても楽しかったのですが、山の中の夜は想像以上に寒くて、セーターを借りたりウィンドブレーカーを着てがんばったのですが、辺りが暗くなる頃には凍えていました。その上、この頃ブルガリアで流行っていたウィルスのせいでおなかの調子が悪くなり、花婿の付添人であるクム、クマはパーティーの最後まで残っていなければならないにもかかわらず、みんなが帰る頃に一緒に帰らせてもらいました。

今回のBBQパーティーはブルガリアで普通に行われるパーティーではないと思いますが、ブルガリアの新たな一面を見ることができ、とても興味深い体験ができました。実際の結婚式はどんなに素適なものになるのか、ますます楽しみになったのでした。

ブログランキング に参加しています。 一日1回 クリックお願いします!