曾おばあちゃんの味~「米とジャガイモのオーブン焼き」

dsc_0105.jpg

この「米とジャガイモのオーブン焼き」は、料理が上手だったうちの旦那さんの曾おばあちゃんが作ってくれた料理の一つで、うちの旦那さんが突然思い出して食べたくなったので作ってみました。

彼の記憶では、曾おばあちゃん曰く、結婚式に早く到着した招待客をもてなすために作った料理の一つで、お肉などのごちそうは実際の結婚式で出さなければいけないので、安上がりで簡単、そしておいしくておなかいっぱいになる料理としてお客さんに出されたそうです。

米とジャガイモ?それを遠くから来てくれたお客さんに出すの?曾おばあちゃんには申し訳ないけれど、実際に食べるまでは、ただおなかがいっぱいになるだけの料理だと思っていました。

ところが、この料理を作って食べてみると、たいした材料は使っていないのに、おいしい!私はこの料理を付けあわせとして食べましたが、結婚式のお客さんにはメイン料理として出されたそうです。

今は亡き曾おばあちゃんには、私が初めてブルガリアへ行ったときに一度だけ会ったことがありますが、曾おばあちゃんの料理をごちそうになる機会はありませんでした。曾おばあちゃんはうちの旦那さんたちに、「あなたたちが知らない食べ物はいっぱいあるのよ!」と言っていたそうです。そんな曾おばあちゃんに私もいろいろ教えてもらいたかったなあ…

「米とジャガイモのオーブン焼き」のレシピ(4人分)

(сватбарско ядене)

《参考》
1人分のカロリー: 350kcal

材料:

  • ジャガイモ 500g
  • 米 200ml (200g)
  • タマネギ 中1個 (200g)
  • トマト 中1個 (200g)
  • 油 大匙2
  • 塩 小匙1
  • パセリ 少々 (飾り用)

作り方:

  1. ジャガイモは5ミリほどの薄切りにし、茹でておきます。
    *潰れるほど柔らかくなるまで茹でないようにしてください。
  2. 米は洗ってざるに上げておきます。
  3. タマネギはみじん切りにします。トマトは細かく刻んでおきます。
  4. 油をフライパンに入れて中火で熱し、タマネギ、米、トマトを順に入れて炒めます。
  5. 水300mlと塩を加えて混ぜて蓋をし、米が柔らかくなるまで、15分ほど弱火にかけます。
    *時々混ぜながら、途中で焦げそうになったら水を足してください。
  6. 火を止めて、茹でたジャガイモを加えて混ぜます。
  7. 6.を油(分量外)を薄く塗った耐熱容器に移し、180度に予熱したオーブンで20分ほど焼いて出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する

鯖のトマトソース煮

csc_0022.jpg

今回は数少ないブルガリアの魚料理から、鯖を使った料理をご紹介します。

トマトソースは、トマトとペイリーフ(月桂樹の葉)、そして粒黒胡椒を入れただけの簡単なものですが、トマトの酸味とベイリーフの香りが魚くささを抑え、粒黒胡椒は噛んだときにぴりっとして味のアクセントになっています。

ブルガリアでは茹でジャガイモをこの料理の付け合わせとして食べることが多いようです。今回我が家ではパンと一緒に食べましたが、ご飯と食べてもおいしいと思います。

簡単ですのでぜひ作ってみてくださいね。

「鯖のトマトソース煮」のレシピ(2人分)

(скумрия с доматен сос)

《参考》
1人分のカロリー: 500kcal

材料:

  • 鯖 1尾分 (400g)
  • トマト 中1個 (200g) あるいは 缶入りトマト 200g
  • にんにく 1~2片
  • ベイリーフ 1枚
  • 粒黒胡椒 5~10粒
  • 油 大匙1
  • 塩 小匙1/4

作り方:

  1. 鯖は食べやすい大きさに切ります。
  2. にんにくはみじん切りに、トマトは細かく刻んでおきます。
  3. フライパンか鍋に油を引いて中火にかけ、にんにくを炒めます。
  4. トマトを加えて更に炒め、ベイリーフ、粒胡椒、塩を加えて蓋をし、15分ほど弱火で煮ます。
  5. 鯖を加え、煮崩れしやすいので気をつけながら、更に15分弱火で煮たら出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する

コーンミールを使った「コーンブレッド」

dsc_0033.jpg

前回カチャマックを作って残ったコーンミールを使って、ブルガリア風コーンブレッドを作ってみました。

普通コーンブレッドといえば、 ベーキングパウダーで膨らませたちょっと甘いパンのことを指すようですが、今回作ったパンはイーストで膨らませた甘くないパンです。

ほんのりとうもろこしの香りのする食事用パン。スライスしてトースターで焼くとかりっとして普通の白いパンより香ばしい。生地がぎっしり詰まった、いかにもブルガリアらしいパンになりました。

次回はコーンミールの量をもっと増やして作ってみたくなりました。家にコーンミールが残っていたらぜひ作ってみてくださいね。

「コーンブレッド」のレシピ(1個分)

(царевичен хляб)

dsc_0026-1.jpg

《参考》
1個分のカロリー: 1100kcal

材料:

  • 強力粉 250g
  • コーンミール 50g
  • インスタントドライイースト 小匙1/2
  • 塩 小匙1
  • 砂糖 小匙1/2
  • ぬるま湯 150ml

作り方:

  1. すべての材料をボウルに入れて手で混ぜ、一塊になったら台の上に取り出し、15分ほどこねます。
  2. こねた生地をボウルにもどしてカバーをし、生地が倍ぐらいの大きさになるまで、暖かいところで2時間ほど発酵させます。
  3. 発酵した生地を台の上に取り出し、楕円形に成形します。
    成形した生地をベーキングシートを敷いた天板に置いてぬれふきんでカバーし、生地が倍ぐらいの大きさになるまで1時間ほど発酵させます。
  4. 発酵した生地の表面にナイフで切込みを入れ、コーンミール少々を振るいかけます。
  5. 230度に予熱したオーブンで15分、その後200度に温度を下げて15分焼いて出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する

「カチャマック」を食べる!

dsc_0011.jpg

うちの旦那さんがず~っと食べたがっていた「カチャマック」。とうもろこしの粉を沸騰したお湯に入れて練り上げた食べ物―――そう聞いていた私はぜんぜん作ってみようという気にはなれませんでした。でもどうしても食べたくなった旦那さんが自分で作ると言って作ってくれたので、私も食べてみました。

練りあがったとうもろこしの粉の間にシレネ(ブルガリアの白いチーズ)を挟んで溶かしバターをかけ、上に『プルシュキ』という、豚の脂身を揚げたものをトッピングして食べます。ちなみにプルシュキはオプショナル。これをトッピングすることによってちょっとご馳走になるようです。

カチャマック自体の味は茹でたパスタのようで、そこにチーズ、バター、豚の脂身の濃厚さと塩味が加わります。プルシュキも豚の脂身を揚げたものと聞いていたので、私がずっと避けていた食べ物です。実際に食べてみると、カリッとしていておいしい!

出来上がった「カチャマック」を、うちの旦那さんは懐かしそうに、そしておいしそうに食べていました。ブルガリア人にはとても人気がある料理(?)のようです。私はと言うと、シレネでなくカッテージチーズで作ったせいもあるかもしれませんが、普通に食べれるけれどすごくおいしい!とまでは思いませんでした。でも、あと数回食べたら大好きになっている予感がする食べ物です。

「カチャマックとプルシュキ」のレシピ(4~5人分)

(качамак с пръжки)

材料:

  • コーンミール 200g
  • シレネ、カッテージチーズ、あるいはフェタチーズ 200~400g
  • 塩 小匙1
  • バター 100g
  • 豚脂身(ばら肉の脂身の多いところ) 300g

作り方:

  1. 大きめの鍋に水1200mlと塩小匙1を入れて沸騰させます。
    *カッテージチーズを使う場合は塩は少し多めに入れてください。
  2. コーンミール全量を一気に加えます。
    dsc_0005.jpg
  3. コーンミールの真ん中にフォークなどで穴を開け、混ぜずにそのまま弱火で20分沸騰させます。
  4. コーンミールを茹でている間にプルシュキを作ります。
    豚肉を一口大に切り、多めの塩を全体に刷り込みます。
  5. フライパンを中火にかけて豚肉を入れ、時々混ぜながら10分ほど火にかけます。
    dsc_0007.jpg
    豚肉の脂が半分ぐらい溶け出して肉がかりっとなったら火を止めます。
  6. コーンミールは20分沸騰させた後鍋を火から下ろし、すりこぎか麺棒で水分がなくなり固めのマッシュポテトのようになるまで、10分ほど練り続けます。
  7. お皿にできあがった6.の半量を入れて平らにし、その上にチーズを載せ、溶かしたバター半量を回しかけ、その上に残りの6.を載せて平らにし、5.の豚肉を載せます。
    その上に残りの溶かしバターをかけて出来上がりです。
    ケーキのようにナイフで切り分けて食べます。

*溶かしバターの代わりにプルシュキを作るときに出る油をかけたり、またはバターとプルシュキの油両方をかけたりするようです。

*伝統的な作り方では、とうもろこしの粉を1時間半煮て、その後40分練るそうです。

email icon このレシピをメール送信する

サラミにそっくり?!「スイートサラミ」

csc_0016.jpg

以前から「スイートサラミ」というお菓子があることは知っていたのですが、『サラミ』という名前から、ちょっと塩味の効いた、匂いそうなお菓子だと勝手に想像してしまい、あまり作る気になりませんでした。でもビスケットを使った簡単お菓子と聞いて作ってみることにしました。

砕いたビスケットにココアやクルミを混ぜてサラミの形にし、冷蔵庫で冷やして固めたもので、火を使わずに簡単に作れる上とてもおいしかったので、今後我が家のティータイムにちょくちょく登場しそうです。

皆さんもぜひ作ってみてくださいね!

「スイートサラミ」のレシピ(25センチぐらいの長さのもの2本分)

(сладък салам)

《参考》
全量のカロリー: 3000kcal

材料:

  • ビスケット(マリービスケットなど) 250g
  • バター 100g
  • 砂糖 1カップ (100g)
  • 卵 2個
  • ココアパウダー 大匙3
  • クルミ 200g
  • レーズン 大匙3 (お好みで)
  • ラム酒 大匙1 (お好みで)

作り方:

  1. バターは室温にもどしておきます。
    (電子レンジで30秒ほどチンすると柔らかくなります。)
  2. ビスケットとクルミは、ビニール袋に入れて手か麺棒で叩いて砕きます。
  3. 大きめのボウルにバターと砂糖を入れて木べらでよくかき混ぜ、クリーム状にします。
  4. 3.に卵を一つずつ加えてよく混ぜ、ココアパウダー、ビスケット、クルミ、レーズン、ラム酒を加えてよく混ぜます。
  5. クッキングペーパーかラップの上に4.の生地を載せ、直径4~5センチほどの棒状にし、クッキングペーパー(またはラップ)でしっかり巻いて端を閉じます。
  6. 冷蔵庫で冷やして固まったら出来上がりです。

*ココアパウダーの量を増やしたり、クルミ以外のナッツを加えたり、レモンやオレンジの皮を加えたり、お好みでアレンジしてください。

email icon このレシピをメール送信する