牛肉のビール煮込み

csc_0010.jpg

最近簡単にできる料理ばかり作っていますが、今回も材料が少なくて、切って炒めて煮込むだけの料理です。

牛肉とみじん切りにしたタマネギをビールで煮込んでいきます。隠し味(?)にマスタードを入れ、ちょっと大人の味がする料理です。

白いご飯にもぴったり!とっても簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。

「牛肉のビール煮込み」のレシピ(3~4人分)

(телешко с бира)

《参考》
全量のカロリー: 1450kcal(オーストラリア産牛ロース肉使用)

材料:

  • 牛肉 400~450g
  • タマネギ 中1個 (200g)
  • 小麦粉 大匙1
  • ビール 200ml
  • マスタード (粒入りでもOK) 大匙1
  • 塩 小匙1/2
  • 黒胡椒 少々
  • 油 大匙3
  • パセリ 少々(飾り用)

作り方:

  1. 牛肉は一口大に切り、小麦粉をまぶしておきます。
  2. タマネギはみじん切りにします。
  3. 鍋に油を入れて中火にかけ、牛肉、タマネギを順に入れて炒めます。
  4. タマネギに火が通ったら、ビール、水1/3カップ、マスタード、塩、胡椒を入れて軽く混ぜて蓋をし、時々混ぜながら40分~1時間ほど弱火で煮込みます。
    お肉が柔らかくなったら出来上がりです。
email icon このレシピをメール送信する

豚肉と白ネギのギュヴェッチ

dsc_0057.jpg

引越し後、まだまだ片付かない我が家ですが、久々にブルガリア料理を作りました。 難しかったり面倒な料理であれば作らなかったのですが、材料も少なく、切って土鍋(ギュヴェッチ、ギュベッチ)に入れてオーブンで焼くだけだったので、ほかの用事をしながら、ちゃんとした(?)晩御飯が完成しました!

豚肉と白ネギ(ブルガリアではリーキ〔=リーク、ポロネギ〕を使用)とトマトを、150度という低温で2時間ほどゆっくりとオーブンで焼くので、お肉は柔らかく、そして白ネギの甘みたっぷりの、とてもおいしい料理ができあがります。

たくさん野菜の入ったギュヴェッチもおいしいのですが、野菜の皮を剥いたり切ったりするのがちょっと面倒だったりします。このギュヴェッチだと、少ない材料を切って土鍋に入れて焼くだけなのでとっても簡単です。

牛肉で作ってもいいので、絶対に一度作ってみてくださいね。

「豚肉と白ネギのギュヴェッチ」(3~4人分)

(гювеч от праз)

dsc_0054.jpg

《参考》
全量のカロリー: 2100kcal(豚ばら肉使用の場合)

材料:

  • 豚肉 あるいは 牛肉 (脂身のおおいもの) 500g
  • 白ネギ あるいは リーキ 2~3本 (250~350g)
  • トマト 1個 (200g) あるいは 缶入りトマト 200g
  • パプリカパウダー 小匙1
  • 塩 小匙1/2
  • 黒胡椒 少々

作り方:

  1. 豚肉(あるいは牛肉)は一口大に切ります。
  2. 白ネギ(あるいはリーキ)は3センチぐらいに切ります。
  3. トマトは細かく刻んでおきます。
  4. 土鍋(オーブンで使用できる土鍋がなければ耐熱容器)に肉、白ネギ、トマト、パプリカパウダー、塩、黒胡椒を入れて混ぜ、蓋(なければアルミホイル)をして、オーブンで予熱なし150度で約2時間焼いてできあがりです。
    最後の20分は蓋をはずして少し焼き目をつけてください。
email icon このレシピをメール送信する

鶏肉と米のオーブン焼き

dsc_0035.jpg

しばらく更新していませんでしたが、更新を楽しみに見に来てくださっていた方、ごめんなさい。

実はおととい引越しをして、この1週間ほど引越しの準備に追われ、パソコンに向かう時間もほとんどないという生活を送っていました。家の中はまだ全然片付いていないのですが、ちょっと落ち着いたので、そんな中で作った簡単ブルガリア料理を紹介したいと思います。

本当は鶏一羽を使って作る料理ですが、家庭で簡単にできるように、今回は鶏もも肉を使って作りました。

鶏肉を茹でてブイヨンをつくり、そのブイヨンでお米を炊いた料理です。お米がブイヨンをしっかり吸い取り、とってもおいしいです。鶏肉は一度茹でてからオーブンで焼くのですが、皮がぱりっと焼けて中はしっとり柔らかくなります。ぜひ一度作ってみてくださいね。

「鶏肉と米のオーブン焼き」のレシピ(2人分)

(пиле с ориз)

dsc_0034.jpg

材料:

  • 鶏もも肉 2枚 (500g)(骨付きもも肉でもいいと思います。)
  • 米 1/2カップ (約100g)
  • バター 大匙2ぐらい
  • セイボリー 少々
  • 黒胡椒 少々

作り方:

  1. 米は洗ってざるに上げておきます。
  2. 鍋に鶏肉と水500mlほどと塩少々を入れて、時々灰汁を取りながら30分ほど茹でます。
    茹で汁300mlは後で使うので捨てずに取っておきます。
  3. フライパンにバター大匙1ほどを入れて中火にかけ、米を軽く炒めます。
  4. 鶏肉の茹で汁300ml、塩小匙1/3、黒胡椒、セイボリーを加えて混ぜ、米がほとんどの水分を吸ってしまうまで弱火で煮ます。
  5. バターを塗った耐熱容器に4.を移し入れ、その上に茹でた鶏肉を載せます。
  6. 鶏肉に軽く塩胡椒をし、セイボリーを振り掛け、鶏肉と米の上に小さくちぎったバターを散らして、200度に予熱したオーブンで20分焼いて出来上がりです。

*私はこのブイヨンで炊いたご飯が好きなのでお米の量を2倍にして作りました。茹で汁ももちろんレシピの倍の量を使います。

*オーブンで焼いている間にサラダなどを作れば時間の節約になります。

email icon このレシピをメール送信する

鶏肉とキャベツの煮込み

dsc_0008h.jpg

今日はとっても簡単においしくできる「鶏肉とキャベツの煮込み」をご紹介します。

鶏肉と細かく刻んだキャベツを煮込み、トマトと塩で味付けしただけのシンプルなものです。

家にある野菜ですぐにできる料理ですので、ぜひお試しくださいね。

「鶏肉とキャベツの煮込み」のレシピ(4人分)

(пиле с прясно зеле)

《参考》
1人分のカロリー: 400kcal(鶏もも肉皮付き使用)

材料:

  • 鶏もも肉、骨付き肉など 500g
  • キャベツ 小1玉 (800g)
  • トマト 大1個 (250g) あるいは 缶入りトマト 200g
  • パプリカパウダー 小匙1/2
  • 油 大匙3

作り方:

  1. キャベツは包丁かフードプロセッサーで細かく刻み、塩大匙1/2を加えて手でよく揉んでおきます。
  2. 鶏肉は一口大に切り、トマトは細かく刻んでおきます。
  3. 大きめの鍋を用意し、油を入れて中火にかけ、鶏肉を軽く炒めます。弱火にして蓋をし、時々混ぜながら10分ほど煮込みます。
    全体に火が通ったら塩少々で味付けし、鍋から取り出しておきます。
  4. 3.の鍋をそのまま中火にかけ、残った油でキャベツを軽く炒め、蓋をして10分ほど煮込みます。
  5. 更にトマト、パプリカパウダー、取っておいた鶏肉を鍋に加え、時々混ぜながら30分ほど煮込みます。
    水気がほとんどなくなったら出来上がりです。味見をして塩が足りなかったら加えてください。

*30分煮込む代わりに、200度のオーブンで30分ほど水気がなくなるまで焼いてもおいしいです。
表面だけが焦げるのを防ぐために一回ほど混ぜてください。

email icon このレシピをメール送信する

オーブンで作る「田舎風フライドポテト」

dsc_0044.jpg

ブルガリアで『田舎風』と付く料理は、見た目をあまり気にせず、簡単においしく作れる料理が多いです。「田舎風フライドポテト」は、フライドポテトといっても油で揚げたりせず、たっぷりのバターをフライパンに溶かし、そこでスクランブルエッグを作るように混ぜながら焼きます。そして今回はもっと簡単に作るためにオーブンで焼きました。

茹でたジャガイモとチーズと卵を混ぜてオーブンで焼くだけですが、とてもおいしくて、付け合せにもぴったりです。余ってしまった茹でジャガイモやベークドポテトを使って作ってもいいと思います。

どうぞお試しくださいね。

「田舎風フライドポテト」のレシピ(5~6人分)

(картофи по селски)

dsc_0053.jpg

《参考》
全量のカロリー: 1250kcal(カテージチーズ200g、卵3個使用する場合)

材料:

  • ジャガイモ 中6~7個 (750g)
  • カッテージチーズ 200~300g あるいは シレネ(ブルガリアの白いチーズ)かフェタチーズ 200~250g
  • 卵 3~5個 (お好みで数量を変えてください。)
  • 塩 (カッテージチーズ使用の場合のみ) 小匙1
  • 黒胡椒 少々
  • バター 大匙3

作り方:

  1. ジャガイモは水から柔らかくなるまで茹でて、ポテトマッシャーか泡だて器で少し粒を残すぐらいに潰しておきます。
  2. 潰したジャガイモに、チーズ、卵、塩(カッテージチーズ使用の場合のみ)、黒胡椒を加えてよく混ぜ合わせます。
  3. 耐熱容器に大匙2のバターを溶かして流しいれ、その上にジャガイモ、チーズ、卵をあわせたものを入れて平らにし、その上に残りのバターを小さくちぎったものを散らします。
    *バターを溶かしてから耐熱容器に入れる代わりに、オーブンを予熱するときに耐熱容器にバターを入れて、バターを焦がさないように注意してオーブンで溶かしてもいいです。
  4. 200度に予熱したオーブンで30分ほど焼きます。焼き色が付いたら出来上がりです。

*今回はカッテージチーズ200gで作りましたが、卵は3個で十分おいしかったです。
シレネやフェタチーズを使う場合は卵を多めに(4、5個)入れたほうがいいかもしれません。

email icon このレシピをメール送信する